スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

蹴上インクライン・宇治橋上流の桜

2017年04月21日

南千里店




今年の桜、第2弾は定番の京都。

京都と云っても、すごい数の名所あり・・・


まだ行っていない所を探すために情報収集。

本当に京都は多いですね。多すぎますよぉ〜〜








『蹴上インクラインの桜』、ここに行ってみよう・・レッツ・ゴー

京都市東山区蹴上にあり、すぐ近くには「南禅寺」があるということは

知っていて、そのうち1度は行きたいねぇ〜と思っていた場所!!



朝早く行かなきゃ人出が・・・と思っていたけど、やっぱり

出発が遅れ、到着したら人・人・人・・・いっぱいでした。






ここは駐車場はないので、すぐ近くの「南禅寺」の駐車場を利用。

しかし・・な・な・なんと・・《15分:400円》の看板!!

便利のいい場所だったので高いということでしょうが???

それにしても、30分では”桜見物”は無理やでぇ〜〜

探せば、少し遠くても安い駐車場はあるんでしょうが???

そんなことは無理。我慢して駐車しました。









出鼻を挫かれたんですが、桜に罪はなし・・・

名所と言われてテレビで紹介される位やから・・見事でした!!

足元が線路と砂利なので歩きにくかったですが、

線路に降り注ぐような薄ピンク色の花びらの、清楚な感じに圧倒されて

文句も言わずに歩き通しましたよ。
 




「蹴上インクライン」・・・って何?? と思われる方ご説明しますね。



《大辞林 第三版》によりますと

傾斜面にレールを敷き、船舶・荷物などを台車に乗せて引き上げる設備。






琵琶湖疏水の大津から宇治川に至る20.2キロの舟運ルートの途中、

落差の大きい場所は舟が運行できないので、台車に船を載せて

上下させる方法で、水路落差のある2ヶ所に敷設した傾斜鉄道。

蹴上インクラインは延長581.8メートルで世界最長。

1890年代(明治23年〜)に完成。

1940年前後(昭和15年前後)に休止されました。蹴上のみ形態保存。




昔はこんな感じだったんだって!!






なぁ〜んて事で、時間もたっぷりあったので次は・・宇治へ・・

「宇治橋上流の桜」・・ここも有名ですが、未だ未探訪。

高速を利用しないで、地の道で50分位かかりました。



10円玉でおなじみの「平等院」

ここの駐車場は、同じ京都でもごく普通の利用料金でした  (笑)








宇治川に架かる「宇治橋」・・・川はなかなかの水量と川幅。

「宇治橋」は「瀬田唐橋」「山崎橋」と共に《日本三古橋》の一つ。





橋の袂には「紫式部」の銅像・・源氏物語で有名ですよね。





「橋姫」で始まり「夢浮橋」で終わる宇治十帖を象徴するかのようです。

宇治神社鳥居前(朝霧橋東詰)には宇治十帖モニュメントがあり、

「源氏物語」第51帖《浮舟》にて、匂宮が浮舟を小舟に乗せ

宇治川の対岸へと連れ出すモチーフとされています。





なんて書くと、いかにも「源氏物語」を読破したような感じですが、

ぜぇ〜ん・ぜん、読んだことないです。(お恥ずかしい限りです。)

全部、像の隣に書いてあった説明文の受け売りです〜〜〜







橋からの桜の眺めは少し遠方になるので、よく見えない (苦笑)

川べりをブラブラと宇治公園へ向かって散策するも、

この日は風が強くて寒い寒い・・・たまらず早足になります。






想像していたより桜の迫力は無く、あちこちに点在して

咲いているようなイメージでした。





もっと上流へ行かないとダメなのかなぁ〜と思って

「天ヶ瀬ダム」まで行ってみたのですが、

ここもダムの高さと水量は感じましたが

桜はヤッパリ少ないように思ったけどなぁ〜〜〜〜〜

これで名所なのかなぁ???






それよりも、天ヶ瀬ダムには45年くらい前に来た記憶があり、

ここで妻を撮した写真があり、そっちの記憶のほうが鮮明でした。

当然のことながら、写真の二人は”若かった”なぁ〜〜〜




第2弾の花見ドライブはこれにて終了!!

寒かったけど「蹴上インクライン」・「宇治橋上流」と

京都の桜の名所を探訪できて、満足な1日でした!!!



          《タケナカ》





カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新記事