スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

「optical」

2016年11月16日

千里中央店

皆様こんにちは。


メガネ雑誌の“optical”(オプティカル)のISSUE.#03が発売されておりましたので、さっそく購入しました。


今回はいつ発売されていたのか全然気づかず、1カ月以上経過してからの購入となりました(>_<)




表紙は俳優の松田翔太さんとinstagramの女王・渡辺直美さんというインパクト大な組み合わせです。


今号のテーマは“かっこよく働くのさ。”

色々な業種、ジャンルの方々のスナップやコラムが載っていたり、携帯でのめがね・サングラスのおしゃれな撮影方法など、今回も従来のメガネ雑誌とはちょっと違う構成で、業界人(メガネの)やメガネマニアの方向けではなく、一般の方々にも読みやすいように作られているように感じました。


そんなopticalの今号の中にこんな文章がありました。



業種・職種によって仕事中のファッションに制限があるのはしょうがない。


わかっちゃいるけど仕事中もかっこよくありたい。


いや通勤中だけでもいい。せめて休日だけでも!


そんな時に、お気に入りのめがねやサングラスは、


ぼくらの“かっこよくありたい欲”を満たしてくれるように思います。


何気ない日々をエンジョイするための少しの遊び心……


それは若者だけの専売特許ではなく、


ファッションというジャンルだけに必要な感性でもありません。


かっこいい若者たちにいい意味で影響される大人たちの姿も魅力的ですし、


分厚いレンズのガチのめがねだって、かっこよく見える瞬間があります。


かっこよく、日々をクリエイトしてさえいれば。




自分の個性を自覚し、日々を自分らしく生きてさえいれば、


たとえ、ファッション的な意味合いの薄い、度数の強い、視力矯正器具としてのめがねであっても、かっこよく見える瞬間はある。


近年はめがねのデザインとファッションとのリンクが当たり前になっていますが、それにあまりとらわれず、自分自身のライフスタイルに合うデザイン、機能で、無理なくミスマッチでないめがね。


そんなめがねをかけることが、その人をかっこよくみせるのかなと思いました。


お客様の“かっこよくありたい欲”を満たせるめがねのご提案の為、日々精進でございます<(_ _)>







《マスヤマ》

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新記事