スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

【必見】メガネの正しいお手入れ!【実践】

2016年10月31日

南千里店

秋も日に日に深まり、寒暖の差が激しくなってきました。
ランニングにはとても良い季節で暑くもなく寒くもなく、走っていると心地良いです。

いつも、ランニング時にはLINDBERGのリムフレームを掛けているのですが、さすがにランニングを終えて帰宅するとレンズは砂ホコリが付着、フレームのテンプル(つる)の部分や鼻パット部分は汗が大量についています。

でもこれ、レンズはちょっとぐらい拭いても平気・・・と思って乾拭きは・・・NGです!!


最近、他店で購入されて型直し等でメガネを持ち込まれるお客様の大半が、聞くと「購入店で貰ったメガネクロスでレンズを直接拭いている」とおっしゃいます。
そして、メガネを洗ったことがない方がほとんどです。

これから、紅葉シーズンでお出かけされる機会も多くなることと思います。
今一度、メガネの正しいお手入れ方法を伝授致します!


1.必ず最初に、メガネを丸ごと水洗いして下さい。

レンズ表面に付着した細かな砂埃を洗い流します。

2.メガネ丸ごと中性洗剤(食器洗剤)で撫で洗いします。

レンズ表面だけではなく、鼻パットやテンプルの先のセル部分も皮脂が付着しています。しっかり汚れを落として下さい。指先に少量の中性洗剤をつけて撫で洗いでもOKです。

しかし、面倒でも中性洗剤以外で洗うのはNGです。

酸やアルカリ成分が入ったハンドソープや固形石鹸は、レンズのコートを傷めます。

3.洗った後はしっかりすすいで、水分をティッシュペーパーで押し拭きします。

その際、フレームの丁番部分などについている水滴もしっかり拭きとって下さい。

4.そして最後にメガネ購入店で貰ったり購入されたメガネクロスでレンズ表面を軽く拭いてあげて下さい。


メガネの正しいお手入れは、この行程を経て初めて完成されるのです!

多分、レンズの汚れが気になったらついつい「ちょっとだけなら」と直接メガネグロスや服の端!などで拭かれる方が多いと思います。
就寝前、お出かけ前、3分で出来るお手入れの時間を、大切なパートナーであるメガネに是非使ってあげて下さい。

あ、そうそう、メガネクロスもちゃんと洗濯してくださいね^^
ぬるま湯で少量の洗剤でもみ洗いした後、しっかりすすいで陰干しです!


《タカダ》

アイバンク法要

2016年10月30日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをお読みいただきありがとうございます。

皆様、“アイバンク”ってご存知でしょうか?


世の中には、角膜移植により視力を回復できる患者さんが
多くおられます。
この方々が光を取り戻すためには透明な角膜が必要です。

IPS細胞が研究されても現在の技術では
未だ創りだすには至っていません。

アイバンクでは、亡くなった方から目を提供いただいて
移植を待つ患者さんへ送る仕事をされています。

その“目”を提供することを“献眼”と言っています。
毎年10月、1年間に献目いただいた故人様を慰霊する法要を
四天王寺でおこなっています。
今回、初めて参列してきました。



天王寺区にある四天王寺東門。
いつも前を車で通りながら入るのは初めてです。



全国的?によく見る看板になってしまいました。
“ポケモン”禁止。境内でスマホ片手にナガラ歩きしいているのも
おかしな光景です。
(小生も写真を撮りながらあるいていましたが…)



中央には池があり、おびただしい数の亀が
気持ちよさそうにしています。



イシガメ、外来種、すっぽんまで…



天気も良く、早く着いたので脱線しまくりです。
さすがにアジア人旅行客は少ない。



やっと本殿に到着。
かなり立派な建物にビックリ。



式典の様子は写真撮影NGでしたが雅楽と読経による
厳かな式でした。

献目者の家族、移植を受けられた側と双方のご挨拶をお聞きして
ますますこの事業の大切さを痛感してまいりました。


今、私たちにできること…

ぜひアイバンクに登録して下さい。

下記↓より詳しいホームページに移行します。

大阪アイバンク

どうぞ、よろしくお願いいたします。



《なかお》

メガネ屋という仕事。

2016年10月29日

千里中央店

こんにちは。



メガネ屋という仕事をしていて時々思うことがあります。

僕たちの日々の仕事は

一体誰を幸せにしてるのだろう…って。



あたりまえの事ですが、僕たちは目の前のお客さまに心を込めてメガネをお作りします。

そして、そのメガネをお客さまが毎日のくらしの中でお使いになられます。



よく見える。

目が楽になった。

仕事でとても便利だ。

授業中も黒板が見やすい。

友達からの評判がとてもいい。

若くなったんじゃないと言われる。

とってもオシャレで気に入っている。

これを掛けてると自分らしくいれるんだ。



…実に様々な反応を頂戴します。
(時にお叱りを受けることもありますが…反省)


とてもありがたいことです。



メガネを掛けた人が幸せな気持ちになる。

そうすると、家族や友達などその周りの人も少し幸せな気持ちになる。

だって、自分の身近な人が幸せだったら、やっぱり嬉しくなりますよね?


そんなハッピーの連鎖反応があるとするならば。。。



もしかするとメガネ屋という仕事は
メガネをお買い上げいただいたお客さまはもちろん
その方の家族や友達などお会いした事のない方も含めて
たくさんの人々の幸せに影響を与えている仕事なのかもしれないなって。


そして事実、お客さまの喜びが僕たちの喜びであり、このメガネ屋という仕事を誇らしく思える瞬間でもあります。






4年以上前にNHKの確か『仕事ハッケン伝』という番組で出会って、その時からずっと大切にしている言葉を最後にご紹介したいと思います。



すべての仕事がお客様につながってる。
目の前のひとつひとつを丁寧に、キッチリと。
心を込めて、想いを込めて。一期一会。




僕自身これが単なるお題目とならないように気を引き締めて。






《ウエノ》

結婚記念日

2016年10月28日

南千里店



今月は〇〇回目の結婚記念日・・・(忘れる程回数重ねました)  (笑)


そこで、岸和田市岸城町にある 『 五風荘 』へ行ってみました!!








テレビ・ドラマのようにダイヤの指輪をプレゼントする力もなし、

海外旅行に連れていける余裕もなし・・・

毎年、せめてどこかで美味しいものをと頑張ってます。

梅田辺りの夜景の見える高級レストランは肩がこるし、

食べ慣れてないから、結局何食べたか分からへん???







そこで以前に行って感じの良かった和食を食べに岸和田へ・・

岸和田城のすぐ隣・・・自慢の庭苑と共に四季折々の

会席料理が楽しめるお店です。




「五風荘」(ごふうそう) は、近代和風建築と回遊式日本庭園。

岸和田城の二の郭の「新御茶屋」、「薬草園」の跡地に

旧寺田財閥当主で後に岸和田市長を務めた寺田利吉氏の

別邸として、昭和4年から10年間をかけて造成され、

その後所有者が色々代わり、現在は「がんこフードサービスKK」が

レストランとして活用しながら運営しているそうです。




「がんこフードサービス」は、関西と東京にこのような

由緒あるお屋敷や別邸、昔の庄屋屋敷などを買い取り

レストランとして営業しているお店(お屋敷がんこ)が9軒あり、

関東を除く関西7軒は網羅しましたよ。











「京都・高瀬川二条苑」・「和歌山・六三園」・「平野郷屋敷」

「三田の里」・「宝塚苑」・「岸和田五風荘」・「池田石橋苑」



和食が好きな私たち2人は暇を見つけては訪れています!!



広々とした空間で、お庭を見ながらゆったりと食事!!

会話が弾みます・・・・

10数年ぶりに”松茸の土瓶蒸し”などをいただき大満足 (笑顔)

  



食後のコーヒーを味わう頃は、お腹パンパン・・(下品でゴメン)




少しだけ庭を散策して、隣の「岸和田城」へ・・・・・



ここの天守閣とお堀と石垣とのバランスは以前から大好きで、

お城の廻りをぐるっと一周!!なかなかの景色です!!

青空と天守閣と・・iphoneでなかなか良い写真撮れたでしょう!!







それから少し足を伸ばして、昔の面影を残す街並みへ・・・



この通りは 『紀州街道』・・・

大阪・高麗橋から、住吉・堺・岸和田城下を通り、和歌山へ・・・




ここは、”だんじり”も通るそうですよ。




いろいろ楽しんで、思い出に残る「結婚記念日」になりました(大笑)


     《タケナカ》


千里中央界隈

2016年10月27日

千里中央店

1970年大阪万博の頃千里中央が発展して来ました

千里ニュータウンとして、賑やかに過ごしてきたものの

50年近くなると、シルバータウンになり

低層集合住宅も、取り壊し高層住宅に様変わり

千里中央の東側は、50階のタワーマンションが建ち






西側の元読売文化センター跡にはSENRITOが建ち、そのうしろに

ここにも50階のタワーマンションが、今工事中





東側にあるセルシーも耐震基準に問題がありという事で

建て替わるとのうわさ

そんな中、セルシー1階にあるインテリアートから

閉店のお知らせが届きました。永年愛用していたお店なのでショックです



今は、閉店セール中なのでとても賑わっていますが…




インテリアートの裏側にあるステージ

ここに出ると売れるという「ジンクス」がある場所

沢山のアーチスト達が駆け抜けたステージもなくなるのでしょうか?

 



イベントがあると、朝早くから並ぶ人達
 





「人が変われば 街も変わる」 といわれますが

どう変わっていくのでしょうか?





  《ハヤミ》

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新記事