スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

クラゲのお話し

2016年08月07日

南千里店

クラゲのお話し

【 ミズクラゲ 】

クラゲ、漢字で書くと ( 海月または水母 )
個人的には海月がしっくりくる感じがします。
このイメージにぴったりなのがミズクラゲです。
子供の頃このミズクラゲを使い、雪合戦をして遊びました。


腰の辺りまで海に入り、ミズクラゲの上部を手のひらにのせ
相手の顔以外、主に背中に向け投げつけます
海では、ケガはないので楽しかったです
中には、皮膚の弱いこだけ赤く腫れてました
子供の頃なので平気で残酷な事をしてました。

【 アンドンクラゲ 】

盆を過ぎると、クラゲが増えて泳げなくなる。
山口では、『 イダ 』がでてきて刺されると痛いので泳げません。
この『 イダ 』がアンドンクラゲです。
傘の直径は約3センチ位で、20センチ位の触手を4本伸ばしこの触手に触ると結構痛いのです。

出典:blogimg.goo.ne.jp
体が透明で海水に透けて非常に見にくいが、注意して見ればわかります、どうしても泳ぎたい時には朝の満潮時に子供達を数人集め、朝の透明な海を見て『 イダ 』を確認してこの辺りにいないと思える場所に、子供達が次々に足からドボンドボンと海に入り、入ったらバシャバシャと海面を叩き徐々に場所を広げその中で泳ぎます。
海の中をよく見ると、『 いだ 』を見つける事ができます。
見つけた『 いだ 』の傘部分を指でつまみ遠くへ投げ捨てます。

クラゲも騒々しい場所は避けるようです。
ただ毎回のように何人かは足を刺されました。
それでも、夏休み最後の水泳を楽しみました。

《フジイ》

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新記事