スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

葵祭り

2016年05月19日

千里中央店

京都三大祭りのひとつ、下賀茂神社と上賀茂神社の例祭で

5月15日葵祭がおこなわれました。



この季節になると、お祭りが多く

子供の頃、母は鯖寿司とハモの押し寿司を

良く作ってくれました。

今と違い、魚から… さばき、処理し、味付け加工し

寿司米を炊き、押し型にいれ、竹の皮で包む

手間と時間の掛る物でした。

あの怖い顔をしたハモが美味しい食べ物になる

母の手際の良さが魔法の様に見え、ワクワクしながら

出来上がるのを、楽しみに待ったものです

姉の好物は鯖寿司、私はハモの押し寿司



立て砂と盛り砂→神様が舞い降りる依代



中学生の頃、母と姉と三人で葵祭りに出かける予定でした。

12才上の姉の手作りのワンピースを着て

鏡台の前で、身づくろいをしていると、鏡台の引き出しに

母と姉が使用している、眉を整えるカミソリを見つけました

見よう見まねで使用

初めてなもので、力加減がわからず…

片方の眉を半分落としてしまいました。

「あ!」 「あ〜あ」 ため息 「どうしよう」

母と姉は「どうしたん その顔」と笑います

「かいてあげるから」 と姉に眉を足してもらったのですが

気に入らない私は「もう〜いかへん」と

ワンピースを脱ぎ捨て、ふてくされ…

母と姉は上賀茂神社に、出かけてしまいました。

意地をはった後悔、おいてけぼりの寂しさ

脱ぎ捨てたワンピースを横目に、

ハモの押し寿司をむさぼった、ほろ苦い思い出



またまた、おいてけぼりにされた亡き二人を偲んで

今は、夫が鯖寿司、私がハモの押し寿司を戴いています

   「カンパ〜イ」






  《ハヤミ》

 






カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新記事