スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

柔らかい心。

2016年04月02日

千里中央店

こんにちは。



NHKの朝ドラ「あさが来た」が、今日の放送をもって最終回となりました。



これまで半年間全156話一話もかかさず見てきました。(朝ドラをしっかり見たのは小学生の頃見てた『おしん』以来です)

…といっても実は本日放送分の最終話はまだ見ておりません。


いつも録画をしておいて、家族で一緒に見るのがここ最近の楽しみのひとつとなっていましたから。

今日も帰宅後チェックするのが今から楽しみ。
しかし一方で今日で最後なんだと思うと寂しくもある訳で…

ええオッサンがあさロスになってしまいそうな予感(笑)。




「あさが来た」は京都の豪商の次女あさが大阪で、炭鉱、銀行、生命保険などの事業を起こし、日本で初めての女子大学を設立に尽力する姿などを描いている。あさのモデルは“明治の女傑”と言われた実業家・広岡浅子。





このドラマ、ものがたりの舞台が大阪ということで、上方言葉が全編を通して耳に入ってきます。


せやなぁ。

そうだすなぁ。

ほんまだすなぁ。

へい。

おおきに。



聞いていてとても心地いい。


なんでそう感じるんだろうか
自分なりに分析してみると…



まず間がとてもいいんです。

そして相手の言葉をしっかり受け止めている。



会話で大事なのはテンポであり間だと思う。
間があることでお互いにちゃんと考える時間ができるから。

そして、人間誰もがみんな自分の存在を尊重して欲しいと思っています。
だから、お互いに話しをちゃんと聞いてますよという姿勢を伝えることが大切かと。


上方の言葉の中には、相手のことを思いやる「柔らかい心」が詰まってるような気がしてなりません。




今日は帰って「あさが来た」最終回。
明日からは3日間お休みをいただき日曜日月曜日と飛騨高山へ旅行です…天気はあいにくのようですが(日頃の行いT^T)



《ウエノ》


カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事