スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

「劇的!!」

2016年01月31日

千里中央店

皆様こんにちは。

今日も昨日に続き、寒さが和らぎお出掛けしやすい天気になりましたね〜(*^_^*)


いや〜しかしサッカー日本代表U-23、毎回すごい劇的勝利ですね!!

準々決勝のイラン戦は延長戦で3得点し勝利!!
準決勝のイラク戦が後半ロスタイムに決勝点!!

そして昨日の決勝の韓国戦は先に2失点してからのまさかの逆転劇!!!
先に失点した瞬間、はっきり言ってもう負けたと思ってました。。。





今回のU-23日本代表はアジアで勝てない世代と言われていたそうですが、前評判を覆した見事な活躍ぶりですよね−(^○^)


チームが一丸となって粘り強く、勝利を目指して戦い抜く、素人の勝手な感想ながら、そんな姿勢が見て取れた素晴らしい五輪予選の戦いだったと思います。


U-23の皆さん五輪出場、そしてアジアのてっぺん、おめでとうございます!!!




※昨日、ウエノさんもアップしてましたが、個人的に好きな写真なので、もう一度。
五輪出場を決めたイラク戦後の集合写真、手倉森監督はっちゃけすぎッス(笑)





《マスヤマ》





リンドバーグトランクショー、千里中央店では明日までです!!

今日の1本。

2016年01月30日

千里中央店

こんにちは。


今日はあいにくの曇り空。
みなさんいかがお過ごしでしょうか。

千里中央店ではそんなお天気もなんのその、『LINDBERGリンドバーグ』トランクショーを好評開催中でございます。

残すところ今日も含めてあと3日。
200本を一同にご覧いただけるこの機会をお見逃しなく(^o^)



さて。

これから僕のブログ回にて大切に育てていこうと目論んでおりますフレーム紹介のコーナー、題しまして『今日の1本!!WOO エーノー!!』(笑)。

記念すべき第1回目のフレームは…

『LINDBERG』rimシリーズより「jules」


LINDBERG jules PU9/PU9/PU9 47 55,500yen +tax


今回のトランクショーサンプルの中で、僕が個人的にいいなと思ったモデル。
当店で『LINDBERG』をお取扱いさせていただいて、もうじき5年になりますが、どうして今まで出会わなかったのだろう?(リンドバーグはモデル数が多いというのもある)
寂しい思いをさせてゴメンね…そんな感じ(笑)。
サイズ感、フォルム、その佇まい、リンドバーグrimのいいとこが全部でてるモデル。

レンズサイズ47と強度の方にも最適。
また天地幅深めで遠近両用にも十分対応。



先日初めてメガネを掛けるというお客様に気に入っていただきご購入いただきました。




それから。

ただいまモノレール千里中央駅の改札入ってすぐの展示スペース「モノギャラリー」で、当店のお客様の『ペン画、着彩ペン画』の作品が12点展示されております。



今回は「太陽の塔」にこだわり前後左右さまざまな角度から描写されています。
それぞれにまったく印象の異なる「太陽の塔」の魅力が伝わってきます。



作者の清家さんは来年75歳になられるそうですが、全くそうは見えません(笑)。
バイタリティーに溢れていてとても若々しい。
正直僕負けてます(笑)。



モノレール千里中央駅をご利用の方は、ぜひ立ち止まってご覧になってみてください。
2月3日(水)午後2時までの展示となりますのでご注意ください。



最後に。

今日サッカーU-23日本代表が韓国との決勝戦。
前の試合でイラクに勝ってリオ五輪出場は決めていますが、因縁の相手、宿敵韓国に勝利してアジアチャンピオンとしての帰国を願うばかりです。
今晩12時キックオフ…少し遅い時間ですがしっかり応援したいと思います。






《ウエノ》

ケラトメーター導入

2016年01月29日

南千里店

南千里店で今回導入した機器のうち、
一見他店と変わらないものがあります。



オートレフ・ケラトメーターと言って、
度数や乱視がわかるだけでなく
角膜の屈折や曲率などを測定する医療機器です。

よくメガネ屋の店頭で見る機器は角膜屈折測定ができないタイプで
ケラトメーターを導入しているメガネ店はほんの数%だと思われます。
では、どうしてレアな機器を導入したのか…



オートレフ・ケラトメーターで検査を行うと、自動的にその人の目が
遠視か近視か乱視か、また、程度はどのくらいなのか、
屈折力はどれくらいで、角膜の形や曲率はどのようになっているのか
ということを調べることができます。

この内、遠視・近視・乱視の度合いや屈折力を測定する機能が
レフラクトメーター(屈折計)に当たり、一般のメガネ店に普及しているタイプです。
当店で導入したのは角膜の曲率などを測定する機能が付いたタイプで
角膜計(ケラトメーター)と呼びます。

乱視は主に目玉の表側にあるレンズ“角膜”と内側にある“水晶体”が原因です。


メガネの度数を検査する前に、このオートレフ・ケラトメーターで
おおよその目安を計測し、参考値にします。



ただし、オートレフ・ケラトメーターのデータのみで
メガネの度数を決定することはできません。
それはこのオートレフデータが不正確だからです。
緊張などによる度数変化までは器械には分かりません。

しかし、ケラトメーターは目の表面である角膜を測定するので
誤差はオートレフデータよりも正確性が高いのです。



実際には人間の目は複雑で特に遠視や乱視、両眼視検査は
熟練を要します。
用途や年齢、前の度数との差、慣れの具合によって
オススメする度数も変わります。


そこはベテランスタッフが在籍する当店にお任せ下さい!!

信頼性の高い参考データ × 経験豊富なベテランの腕


があれば尚いっそお客様に納得していただけるご提案ができるかと
自負しております。

まずは南千里店にて設置していますので乱視にお悩みの方は
ご相談ください。


最新視力測定機器導入!

2016年01月28日

南千里店

南千里店に新しい視力測定機器が導入されました!

眼科、眼鏡店向け機器の世界有数のメーカー『ニデック』社の検眼システムAOS-5100です。



より高度で詳細な視力測定が可能となり、これまでより一層お客様のお声を的確に度数に反映することができるようになります^^


そして、より視認性が高まったLCDディスプレイを搭載したデジタル指標も加わって、快適に検査が行えるようになりました。

お客様に、よりご満足いただけるメガネをお使いいただくため、メガネのセンリは進歩していきます!

是非、ご来店をお待ちしております。

《タカダ》

「中盤です!!」

2016年01月27日

千里中央店

皆様こんにちは。


今日から寒さがいったん和らぐみたいですね〜
ここ数日間は本当に寒かったですね(>_<)

もう最低気温が氷点下続きというのは勘弁して頂きたいものです(ToT)


さて、現在千里中央店で開催中の“リンドバーグトランクショー”も中盤に差し掛かりました!


本日は前回に続いてリンドバーグの個人的にオススメなモデルをご紹介いたします。







n.o.w.
6533 Col.C14/U13 \58,500+TAX

ウェリントン系のクラシックなレンズの形ながら、リンドバーグの手にかかると、ミニマルデザインでとても洗練された上質な印象になります。






n.o.w.
6531 Col.C10/PU9 \56,500+TAX


太めの“まるめがね”はインパクト絶大です!!
そのインパクトだけで選びました(笑)






n.o.w.
6513 Col.C01/30 \48,000+TAX


クリアーカラーのフロントが特徴的です。
見慣れていない方からすると、フロントのクリアーカラーは新鮮に映るんじゃないでしょうか?


リンドバーグはテンプルの長さや、カラー、フレームのサイズ(モデルによる)などがカスタマイズ可能です(^○^)


ご興味のある方はこの機会にぜひ店頭にてお試し下さい!
皆様のご来店を心からお待ちしております。







《マスヤマ》

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新記事