スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

お好みのソースは・・・?

2015年08月31日

南千里店

ここ数日雨の影響で湿気が非常に多く、ジメジメした毎日となっております。
ホントは就寝時に窓を開けたいのですが、湿気のために断念して、未だにエアコンのお世話になっております。
暫く雨が続きそうな大阪です。


日本の食文化の中で、ソースを使用する機会は結構多いと思います。
特に揚げ物や粉物には必ずと言っていいほど何らかのソースを使用しますが、ソースは色々なメーカーが独自色を出して販売しております。
ソースは食べ物の種類によって色々と変えることと思いますが、それ以外でも日本の地域別でも使用されるソースが違ってきます。

下記の勢力図を御覧下さい。東はブルドック、西はオタフク&イカリ,中部はコーミと綺麗に分かれております。



また、使用するソースの種類の割合として、東は中濃、西はウスターという統計が出ています。
そして西では更にお好み焼きソースなる特製ソースをご家庭で使用されることが多いようです。
ただ、家庭の冷蔵庫に入っているソースの種類では東の方が多いらしく、西と東の性格の差も現れるのでしょうか・・・。

そういえば、以前東京から大阪に越してこられたお客様で、大阪のスーパーには中濃ソースが置いていないと嘆いておられました。使い慣れた調味料は一朝一夕で変えることは出来ないですよねえ。

かくいう私は、自分で使うソースは1種類。
周りでは誰も使っていないイカリ中濃ソース!

数年前まではカゴメとんかつソースオンリーでしたが、中濃の使いやすさに惚れてからはソースは中濃一筋です。
そして、普通のスーパーでは売っていないという悲しき定めのこのソースですが、購入場所は確保しておりますので自分は安心です^^

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

本日がサマーセールのラストデーです。
沢山のお客様のご来店、誠にありがとうございました。
そして、中央、南店でのプレミアム商品券ご利用ありがとうございます。
商品券はまだ使用期間がございますので、うっかり使用忘れをしないようにお気を付け下さいね。

《タカダ》

「姫センGO!GO!」

2015年08月30日

千里中央店

皆様こんにちは。


先日、姫路セントラルパークへ初めて行ってきました〜(^○^)


姫セン初体験だったので子供たちは出発前からテンションMAX(>_<)


途中トイレ休憩をはさみながら…



1時間40分ほどで姫センへ到着!!

まずはドライブスルーサファリからGO!


名前の通り車に乗ったまま動物を見ていくのですが、これが中々楽しい!!



百獣の王



タイガー



サファリっぽい感じの生き物と鹿。。。



鹿とその他の群れ



ダチョウによる走行妨害(笑)










しまうま



名前がわかりません(苦笑)


ドライブスルーサファリ自体の区間は短いのですが、それでも子供たちは十分満喫できたようです。


さあ次は車から降りてウォーキングサファリです!!

その模様は次回にて<(_ _)>













《マスヤマ》

緑青緑。

2015年08月29日

千里中央店

こんにちは。

もうすぐ8月も終わり…ホント早い。
息子も火曜日から2学期が始まり学校に行っているし、ビールもキンキンに冷やさなくても美味しくいただけるようになった。
朝晩と随分過ごしやすくなったもんな。
季節は少しずつ夏の終わりを迎えようとしているんだろうな。

みなさん残暑お見舞い申し上げます。





さて今日はメガネのお手入れのお話しを。

湿気が多く汗もかきやすい夏の時期はメガネも知らず知らずダメージを受けています。

そのなかでも鼻パットや、テンプルネジ周りに出てくる青くそして緑なアンチキショーの正体をご存知でしょうか?



お食事中の方ごめんなさい。


『緑青(ろくしょう・りょくしょう)』と言います。

緑青とは銅が酸化されることで生成される青緑色の錆(サビ)のこと。

銅が酸化するのは空気中の酸素や二酸化炭素、また水分や塩分などと反応するから。そしてそれによって生成されるのが銅塩…それこそが緑青の正体。

個人差や使用環境の違いはありますが、ある程度の期間使用すると、合金のフレーム、チタンフレームでもテンプルネジの丁番部分の金属ワッシャーや鼻パットの金属部分などに緑青は顔を出します。

ネジにしてもフレームにしても銅が含まれてる以上、緑青の発生は起こり得ることです。



じゃあどうしたらいいのか…

メガネをちゃんとお手入れすればいいんです。
洋服は毎日着替えて洗濯しますよね。でもメガネはずっとそのままって方が多いんです。

酸化する原因は主に水分と塩分…この両方がフレームに付着する原因は何かと言うと『汗』です。

緑青対策には着いたままの『汗』をそのままにしないこと。
水洗いをすることが大切なんですね。

特に『汗』をかきやすいこの季節、レンズが汚れたから水洗いするのではなく、フレームの汚れを落とすためにも水洗いする…これが正解です。

ただし水洗いした後は自然乾燥せず、必ず水分を拭き取ってくださいね。


もうすでに緑青が出ていて気になる方は一度お持ちくださいませ。
出来る限りキレイにさせていただきます。なお鼻パットなどの消耗品に出ている緑青の場合は交換すると、スッキリ清潔、これだけで印象がアップしますよ。

ちなみに大仏様や自由の女神などは、その体を緑青で覆っているそうです。
(表面に皮膜をつくり内部の腐食を防ぐ効果や抗菌力があるそうです)






最後にフレームをひとつご紹介。


anne et valentin FLORA U136 38,000yen +tax

『アンバレンタイン』FコンセプトのU136カラー。
先程も素敵なお客様にFAIRYが嫁いでいきました。

とても綺麗なカラーリング…こちらは緑青ではなく青緑ですけどね(>_<)。



《ウエノ》

最速にして紳士

2015年08月28日

南千里店

世界陸上北京大会のプログラムも6日を終え、トラック&フィールドの27種目が終了してそれぞれに悲喜交交のドラマがありました。
それにしても、ウサイン=ボルトは強いですねえ。昨日の200Mは圧倒的な速さを魅せつけられました。
それに、彼がトラックに現れるだけで会場全体の空気が変わるのが画面越しでも分るぐらい存在感があります。



走り終えた後のスタンドサービス時に現地カメラマンが転倒し、それにボルトが巻き込まれるというもので結構血が出て痛そうでしたが、その後の世界中のメディアのインタビューで怪我の具合を心配されており、本人は大丈夫とのことですが400Mリレーでの影響はどうなのでしょうか・・・。


これが決勝の走行前じゃなくまた、ボルトの頭にカメラやセグウェイの突起物等が当たらなくてホント不幸中の幸いというかなんというか・・・
一歩間違えたら笑い事では済まない事故ですからねえ。中国の関係各位はさぞ肝を冷やしたことでしょう。

ただ、後の記者会見ではぶつかってきたカメラマンの具合を心配するなど、振る舞いや言動も紳士として完璧でレースに勝ったからこその余裕も十二分にあるとは思いますが、それでもとても器の大きい人であると改めて思わされた一件でした。

400Mリレーは怪我の影響なんて微塵も感じさせないほどの走りを見せて欲しいです。
勿論、日本代表の応援が一番ですが!

今大会の日本代表も負けてはいないほどの走者揃いですよ。
桐生選手が怪我で出場機会がないのは残念ですが、藤光謙司選手、長田拓也選手、大?戸一馬選手、サニブラウン・アブデル・ハキーム選手、?瀬慧選手、谷口耕太郎選手と日本が誇るトップスプリンターが集結です。メダルも期待大!

4x400Mの決勝は29日(土)日本時間午後10時過ぎです。とても楽しみです。

《タカダ》

ボルダリング?!

2015年08月27日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

子供の夏休み、最後は大坂城の近くにある『もりのみやキューズモールBASE』へ行ってきました。



この春できたばかりの商業施設で元々は日生球場の跡地です。
この日のお目当ては
“ボルダリング”
聞き慣れない言葉ですが見たことはあるんじゃないですか?
壁に無数の突起が付いていて、そこを己のカラダ一つで登っていくだけです。



ランダムに見える突起にはテープでカラー分けしてあって
コースが決まっています。
同じ壁面でも難易度が数種類あるのです。



この施設のClimbing Bum(クライミング バム)さんは関西最多数となる4台のオートビレイ(命綱)を設置した高さ約12.5mを誇るクライミングウォールと急傾斜から垂壁まであらゆる傾斜が楽しめる高さ約4.5m・幅20m以上のボルダリングウォールを設置する大規模な施設です。



命綱をつけるハーネスと専用の靴に履きかえるだけで気楽に参加できます。



クライミングウォールの12.5mはビルでいうと4階に相当する高さで
見ているよりも体験した方がずっと恐怖があります。
(てっぺんでは大坂城天守閣が見えるらしいが探している余裕はない…)

レベルが上がると手を持ちかえたり、飛び移らないと進めません。
まるでサスケに出れそうや。



特に降りる時は命綱を信用して手を離さないといけないのですが
これが怖い…

子供の前では泣き言も言えず、笑って頑張ります。


高難易度のボルダリングウォール。こちらは命綱無し。


大阪市内ではこのようなボルダリング施設が増えつつあるようです。
用意も少なく楽しめるスポーツ、
皆様もスポーツの秋に向け如何でしょうか?

《なかお》

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新記事