スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

コンビニコーヒーからの考察。

2015年06月30日

千里中央店

こんにちは。


昨日は梅雨の合間でとてもいいお天気でした。
今日の午後から天気は下り坂で、明日は雨予報。今週は曇りがちな一週間のようです。


さて。

最近お昼休憩の時、食後用に購入するのがコンビニコーヒー。
ご近所のローソンさんでMACHI cafe(マチカフェ)のアイスコーヒーSサイズを100円(税込)で。
レジでカップに氷を入れてもらい、レジ横にあるマシーンにそれをセットし、ボタンを押すと引き立てのコーヒーが抽出されるという仕組み。時間にして1分もかからないと思う。

それを店のバックルームに持ち帰り、弁当を食べた後にストローで氷をカラカラ回しながら飲む。
氷の音、コーヒーの色、喉を通るヒヤッとした冷たさ、束の間の休息で疲れた心身をリフレッシュしてくれる。

100円でこのパフォーマンスは素晴らしい(缶コーヒーではこうはいかない)。




昨日は休みで家の近所のセブンイレブンでアイスコーヒーを購入し、家で飲んでたんだけど、その時にフッと思ったんです。

コンビニコーヒーが登場するまでは、アイスコーヒーを飲もうと思ったら、喫茶店やカフェを利用しなきゃならなかった。
…でも時間もないし、何か面倒くさい。ついつい缶コーヒーで済ましてしまっていた。
(もちろん喫茶店やカフェでの時間や空間を楽しむって考えると時間がある時はそれもいいんだけどね。誰かと一緒だったりした時はね。)

それがコンビニコーヒーの登場でとても手軽に、気軽に買えるようになった。
コンビニコーヒーの爆発的なヒットはそこにあると思う。


もしかして、この感じってメガネも同じだったりするのかな…って。


例えばjinsさんやzoffさん、あるいは眼鏡市場さんなんかも一般の消費者にとっては同じことなのかな…って。

手軽だし、気軽だし、値段も手頃だし。

ついつい利用しちゃうって感じなのかな…って。

同時に、専門店でメガネを買うという行動が、何だか面倒だと感じてるんじゃないか…
また金額も不透明でどうしても警戒感が強くなり足が遠のいてしまうんじゃないか…って。


じゃあ僕たちメガネ専門店は「手軽、気軽、手頃」を上回る魅力であるはずの『安心、快適、楽しさ』を、どう表現したらメガネユーザーの方にわかりやすくお伝えする事が出来るのだろうかと…。

これからスタッフと共に時間をかけてその答えを探していかないとなー。


…そんな事を考えた休日午後のコーヒーブレイクでした。





《ウエノ》

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最新記事