スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

アンリ。

2014年10月21日

千里中央店

こんにちは。


みなさん「アンリ」といえば何を思い浮かべますか?





やっぱりアンリ・シャルパンティエ。
もっと言うとフィナンシェでしょうか。
アーモンドと発酵バターの重厚な香り…(>_<)




それとも「オリビアを聴きながら」「キャッツアイ」でお馴染みの杏里さんでしょうか。
ジャスミンティーは〜ミステリアスガール♫




もしくはサッカー元フランス代表で、プレミアリーグで4度の得点王に輝いたティエリ・アンリでしょうか。




いやいや19世紀から20世紀のフランスの素朴派の画家であるアンリ・ルソーでしょうか。

アンリ(HENRI,HENRY)はフランス語圏における男性名だそうで。



ちなみに今メガネのセンリで「アンリ」といえば。

80年以上続くフランスのメガネフレームの老舗ブランド『HENRY JULLIEN-アンリジュリアン-』を正面ウィンドウにて展示しております。



男性女性問わずご使用いただけるシンプルでそれでいて華やかなモデルたち。


上)ASPHALT 427 5316 52 40,000yen +tax 下)TARMAC 03 5314 55 52,000yen +tax

カーボンとカラーのラバーのコントラストが冴える。


PORTOFINO 1840 03 5343 47 36,000yen +tax

独特のラインがニュークラシックなセルフレーム。


左、中)VOLUTE 04 8287,56 51 45,000yen +tax 右) ARABESQUE 04 8040 52 46,000yen +tax

あなたの横顔を素敵に彩る可憐なデザインたち。


赤)TORSADA 02 7453 51 38,000yen +tax ピンクゴールド)TORSADA 04 74 51 38,000yen +tax


シンプルでいて縄のようなデザインが高級感をプラス。



なかでもこのピンクゴールドカラーは秀逸。ぜひ一度掛けていただきたいモデルです。


ただいまメーカーさんの協力で、たくさんの『HENRY JULLIEN』フレームをご覧いただくことが出来ます。

また11月10日までの期間中にお買い求めいただいたお客様には、「スワロフスキー」社製の素敵なキャンドルスタンドをプレゼント致します。



この機会をぜひお見逃しなく。

日曜日のブログに引き続き今日も「アンリ」をご紹介させていただきました。

宜しくお願いいたします。


《ウエノ》

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新記事