スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

Sir.サーモントの名前の由来。

2014年03月25日

千里中央店

こんにちは。

日曜日の仕事帰り、いつものブックファーストに立ち寄った。そこで見つけたのがコレ。

『メガネがわかる本』



こういう本があるとつい買ってしまうんだよなー。

これから買う人のために内容はあまり言えないけど、これだけは言いたい。僕も初めて知ったから。


サーモントの名前の由来。

1950年代、アメリカ…

アメリカ軍の将校モント氏は眉毛が非常に薄く威厳がなく、その事をとても悩んでいたそうです。
ある日、軍のお抱えだった眼鏡メーカーAmerican Optical(アメリカンオプティカル)のテーラーに、その事を相談し威厳の出るメガネを作ってもらう事になりました。
そして、そのテーラーが作りだしたのが、眉毛があるように見えるデザインのフレームでした。

名前はモント氏に敬意を込めて
“Sir. Mont”サー・モント(モント将校)と名付けられたのです。
モント氏はそのメガネのお蔭で威厳が出て、立派に職務を全うされたそうです。
評判が良くその後サーモントは商品化されました。そして様々なブランドがサーモントのデザインを真似たものをリリースすることで広まったのだとか。

なるほどなー。

確かにメガネで印象は変わるから。
メガネで自分のなりたい印象になる。
そこは今も昔も変わってないんだな。




さて!今日はそのサーモントをご紹介。


LINDBERG 9802 304 48 61,950yen

軽くて掛けやすい洗練された印象のLINDBERG。
このモデルはレンズの縦幅が長く、少し野暮ったい雰囲気がかえって◎。


《ウエノ》

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新記事