スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

立体パズル〜中級編2〜

2014年03月04日

南千里店

1月31日のブログで作るといっておいてヤルヤル詐欺の如く長らく放置していた立体パズルの中級編。
本日は五重塔をレビューしたいと思います。

日本人ならお馴染みの五重塔。
五重塔と聞いてすぐに思い浮かべるのは、聖徳太子関連で様々なエピソードが豊富な法隆寺の五重塔でしょうか。

世界最古の木造建築物にして国宝であり、ユネスコ世界遺産に登録されている有名な建築物です。
五重塔(ごじゅうのとう)は、仏塔の形式の一つで、層塔と呼ばれる楼閣形式の仏塔のうち、五重の屋根を持つものを指します。
下から地(基礎)、水(塔身)、火(笠)、風(請花)、空(宝珠)からなるもので、それぞれが5つの世界(五大思想)を示し、仏教的な宇宙観を表しています。
もともとインドが紀元であり、ストゥーパと呼ばれる仏舎利を納めた塚で仏教の伝播と共に中国に伝わり、木造建築物の影響を受けて塔という形に変化し日本に入ってきたものなのです。
で、ストゥーパと聞いてピンとくる方、なかなか仏教に造詣が深い方ですね。

ストゥーパ→卒塔婆

法要などの際に供養のために建てる細長い板である卒塔婆はインドのサンスクリット語の音写なんです。
卒塔婆はその形状を五重塔に準えて形作られており、民間に広く五大思想が浸透していることが伺えます。

思想・哲学や宗教観はは語り出すと止まらないのでここまでにしておき、メインのパズルへGO!


メタルシートは2枚。直線が基本なので組みやすいと思いますがさて・・・


まずは塔の最上部、宝珠の部分です。4枚の屋根を組み合わせるのがちと面倒ですがまあサクサクと。


外壁の細かい模様もレーザーで再現されております。いいね!


その外壁を組み込んで・・・どんどん下に増やしていきます。四角だから楽だわ〜
 

そして屋根を据え付けていきます。いつもながらシートが薄いので力を入れすぎるとくにゃっと曲がってしまうのでプルプル震えながら力加減を制御して組み立てていきます。屋根瓦もレーザーで再現。
 

五重の屋根を重ねました!ここまで大凡50分位でした。


土台を作ります。土台は直線の箱の組み上げなのでめちゃ簡単です。5分もあれば充分!


土台と塔を接続して階段をつけて・・・完成!
 

所要時間1時間ちょい。
エッフェル塔よりも密度が高く、高さのあるものなので飾り映えしそうです。

さて、次回のナノパズルは〜〜〜?

タイタニック号!なかなか難しそうですが楽しみです。


それではまた次回に〜〜(^^)/~~

《タカダ》

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新記事