スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

光学メーカーの本業

2014年01月23日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

本日も昨日の新聞からの引用ですが気になる記事をご紹介。

HOYAの2014年3月期は連結税引き前利益が前期比2割減り、
700億円前後になる見通しだ。
前期の利益を押し上げたタイ洪水関係の保険金約320億円が無くなるのが主因。
眼鏡レンズなどライフケア部門の需要は伸びており、
保険金による特殊要因を除くと実質的には2割強の増益となる。


HOYAを始め、多くの日系企業がタイで工場を稼働しています。
一昨年前の11月には大規模な洪水によりインフラがストップして
当店でもお客様にご迷惑をお掛けしました。 

ここで一般の方にあまり知られていないのですが
HOYAの業績に寄与しているのが
『液晶パネル製造装置』、『高精細4Kテレビ用ガラスパネル』、
『携帯電話のカメラレンズ』、『内視鏡』
など、様々な商品を作っているという事です。

  
テレビ用ガラスパネル・携帯カメラ用樹脂レンズ・内視鏡(PENTAXブランド)

昔はクリスタル、今では眼鏡レンズのイメージが強いですが
携帯電話のカメラレンズでは9割近いシェアがあるそうです。
知らない間にHOYAの製品を使っているのですね。

Nikonでも『半導体露光装置』というでっかい装置を得意としています。
こちらは高さが1メートルにもなる巨大なレンズで半導体回路を
焼き付ける機械でレンズをたくさん重ねる事から
透明度・精度が要求される究極の光学機械です。

  
真ん中のバウムクーヘンの様なカタマリがレンズです

知らない間に生活を豊かにしている。
何かのCMで聞いた事のあるような…

《なかお》

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新記事