スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

視野の話

2013年08月04日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

今日はちょっと目の雑学について。
人間の視野はどのくらいかご存知ですか?

「視野」とは目を動かさずに見える範囲のことです。

人間の場合、片目の水平方向では、耳側に約90〜100度、鼻側に約60度、
上下方向では、上側に約60度、下側に約70度と言われています。

両目がほぼ平面の顔面上にあり、左右の視野の重なりが大きいので
両目で同時に見える範囲が約120度と広いのに対して、
両目が顔の側面に付いている動物と比べると、総合的な視野は広いとは
言えず、左右約180度〜200度と言われています。

動物の場合、視野の広い動物や狭い動物がいます。
人間と同じように主に正面から両目が真っ直ぐ見える
イヌやネコ、ライオンなどの肉食動物は視野が狭く、
左右の目がほぼ横に付いている、ウサギ、ウマ、ネズミなどの
草食動物、魚類は視野が広いと言われています。

肉食動物は一般的に、真後ろ80度〜180度くらいが
全く見えない領域なのに対し、視野の広い草食動物は
真後ろまで360度見ることができるのです。

そのため、そっと後ろから近づいてウサギや鳥を捕まえようとしても
難しいことが頷けますね。

また、見え方としては、両目の視野の重なりが少ないと
見える範囲が広がる一方で、立体感には乏しくなります。
逆に視野の重なりが大きいことは、見える範囲が狭くなる反面、
対象を立体的に捉えられる利点につながります。



私たちメガネ屋で視野についてよく聞かれる事があります。
いわゆる『緑内障』の方が多く、視力ではなく視野が欠ける病気です。



ご覧の図のとおり周辺部から視野欠損が始まるため、自覚症状に乏しく
両眼で視野をカバーし合うので発見が遅れがちです。
手遅れになると失明につながる病気で日本国内では失明原因第一位です。
直系の家族に緑内障の方がいらっしゃってもリスクが高まります。

メガネ屋の検査では一切わかりませんので定期的な眼科受診をお薦めしています。

メガネ屋として気持ち良くメガネをお買上げ頂くためご自身の眼を大事にしてください。

今日から陽射しが増して暑くなっています。
眼だけでなく、体調管理して乗り切ってください。

《なかお》

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事