スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

きゃりーぱみゅぱみゅ 来たる

2013年02月03日

千里中央店

暖かい日もあと僅か。
週明けからまた寒波が来るそうです。
気温の変化に体がついていけない…
今日この頃です。 

昨日は千里中央セルシーに『きゃりーぱみゅぱみゅ』が来て
ミニライブ&握手会を行いました。



紅白歌合戦に出たほどの話題の歌手。
テレビでもよく見るようになりました。

先日から『モーニング娘』や『ジェネレーション』など
ビッグネームが千里中央に来訪していますが
はるかに多い観客です。
朝の開店時間にはすでに待っている人がいる程でした。
(ライブは夕方5時半から)




つ〜けまつ〜げ♫ つけまつげ〜♪

メロディーを聞いたらご存知かと思います。


しかし、きゃりーぱみゅぱみゅという名前…
よく名付けたものですね。
アナウンサー泣かせだそうです。
私も1回ではなかなか言えません。
さすがに本人が名乗る時には噛みませんでした。

きゃりーぱみゅぱみゅさん、先日二十歳になられたそうです。
若い世代が盛り上がってこそJAPANが活性化
するんじゃないでしょうか。 

《なかお》

北風と太陽

2013年02月02日

メガネのセンリ

今日はあったかく小春日和になりました。
商店街も人がたくさん出ています。

今朝の日経新聞朝刊より面白い記事があったのでご紹介します。


北風もあれば太陽もある、ということだ。
囲碁の日本棋院が最近、対局中の棋士の携帯電話が
2度鳴ったら即負けにする規則を取り入れた。
マナーモードの振動音もダメ、という徹底ぶりで、
まわりの棋士の迷惑を考えて携帯を厳しく取り締まる、
いわば北風流だろう。

一方、米ロサンゼルスのレストランは入り口で
携帯を預けると勘定を5%割り引くサービスを始めた。
お客さんの4割が携帯抜きで食事しているそうだ。
「気を散らすものを持たず、目の前の料理と対話を楽しんでほしい」
とオーナーシェフは話しているという。
こちらは、ご褒美つきでやんわり携帯にご遠慮願う太陽流か。



眼鏡店でも電話がかかってくる事も多くなりましたが
メガネ度数を測るうえで携帯画面をちゃんと見て
確認するのも大事です。
他のお客様に迷惑がかからない程度でしたら
携帯電話大歓迎ですので
「画面の文字が読みにくい」方は
ぜひご相談ください。 

《なかお》

南千里の歩み――千里市民センター

2013年02月01日

南千里店

H25年1月――――――
千里ニュータウンの歴史と共に近隣住民の支えとなってきた
千里市民センターがこの程解体される運びとなりました。

昭和39年、東海道新幹線が開通し、東京オリンピックが開催された年。
日本は活気に溢れ、熱を帯びたその中で千里ニュータウンは開発されました。
当時の役所関係は出張所しかなかったので、不便を解消するために
まず39年に市民センター西本館が、そしてニュータウンが落ち着き始めた
昭和52年に東館が増設されました。
以降、国内外に注目を浴びていた新しい街づくり千里ニュータウンの中心的
役割を担ってきたのが千里市民センターです。


当時、千里ニュータウンは国内外での感心が非常に高く、とりわけ
千里ニュータウンの市民の憩いの場でもある市民センターの
建設事業計画には様々な有名建築家の名がありました。
その中で、指名されたのが日本を代表する建築家、村野藤吾さんでした。
モダニズム建築に見られる装飾のない直線的構成を持つ立方体を特徴とし、
機能的・合理的で、地域性や民族性を超えた普遍的なデザインは、
まさに近代市民の為のセンターでした。
空間を意識した内装と幾何学模様に配置されたタイル、そして、
大きく丸い屋根のプラネタリウム。



千里市民センターは48年の歴史に幕を下ろします。

現在は、南千里駅前に千里ニュータウンプラザがオープンしており、
更に利便性が良くなっています。


千里ニュータウンもまちびらき50年の節目を迎えて、若い世代の家族も
増えてきておりますので、今後が楽しみでもあります。

<タカダ>

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最新記事