スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

大阪最古のうどん屋

2011年12月21日

千里中央店

豊中・阪急岡町駅前の商店街にある老舗のうどん屋さんに行ってきました。

岡町駅東側には原田神社という古い神社があり,その周辺には
岡町商店街や桜塚商店街など古くからの商店街があります。
その一角に軒を構えるのがこの「土手嘉」さん。




旧能勢街道に面したお店は,かなりの年季を感じる外観です。
それもそのはず,こちらは大阪で最も古い歴史を持つうどん屋さん
ともいわれるお店です。
一般的に,「大阪最古」という枕詞が付けられるのは「細(ささめ)うどん」
で有名な池田の吾妻さんで、創業が1864年元治元年だそうですが,
こちら「土手嘉」さんの由来はさらに遡るのだとも言われています。
明治が1868年からですから維新の4年前です完全に幕末ですね。
店の人が言うには200年近くもつづいています老舗です。
土手嘉は8代目です、5代目の出生は1865年、ここまでは確定しています。
しかし創業年を確定するものは残ってないそうです



店内は昭和の雰囲気そのものです。
畳表がひいてある腰掛なんて久々に見ました。
今回は行岡先生お薦めのカレーうどんとバッテラをいただきました。
カレーうどんは久々に食べましたが出汁が利いていて美味しいものです。
バッテラは大好物です。半本と一本があります(写真は半本)
やっぱり大阪の人間として寿司とうどんのセットは定番です。



豊中の歴史に触れながらおいしくいただいてきました。


11年ぶりです!

2011年12月11日

千里中央店

12月10日は11年ぶりに皆既月食がおこりました。
千里でも雲が少なく、広域で観察できました。

私も子供の頃に見た覚えはあるのですが
今になって見ると凄く感じます。
空気が澄んでいて他の星もよく見えました。
寒かったですが・・・



この日は午後9時45分ごろから満月がみるみる欠け始め、



午後11時過ぎに月全体が地球の影に隠れる「皆既」の状態に入りました。




地球をとりまく大気で屈折した太陽光が月をかすかに照らした影響で
夜空には幻想的な赤みを帯びた月が浮かび上がりました。



次に皆既月食が日本で観測できるのは2018年1月31日です。
その頃はどんな時代になっているでしょうね〜

アントキノイノチ

2011年12月06日

千里中央店

昨日、最近映画化され話題の「アントキノイノチ」を読み終えた。

「命の尊さ」、また誰にでも簡単に芽生えてしまう「殺意」。
この一見かけ離れた要素を、主人公杏平の現在(遺品整理業の仕事)
と学生時代(山岳部での出来事)の二つの時間軸を通して
細部にわたるまで丁寧に描かれていると感じました。

最後は同級生の雪子の思わぬ告白により…  杏平の心が…
ぜひ機会があれば読んでみて下さい。

読み終えるまで誰の作品か知りませんでしたが、
「オマエを嫁に、もらう前に…♪」
何と関白宣言のさだまさしさんでした。驚きです。

タイトルがダジャレ…

元気ですか〜?

北はもう冬景色!

2011年12月05日

千里中央店

所用があり、北海道へ行って来ました。
空港に降りるなり雪景色!!!
新鮮な空気で新呼吸すると肺の中が凍てつきます。

レンタカーを借りる時に
「スタッドレスタイヤ標準装備ですか?」と聞いてしまいました。
答えはもちろん「当然です」



支笏湖に寄った時に偶然、虹がでていました。
何かラッキーです。



お約束ですが北海道の幸を頂いて帰ってまいりました。



カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事