スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

『IT眼症』

2018年06月24日

南千里店

最近、『IT眼症』という言葉が取り沙汰されています。
ITとは『Information Technology』の略で、IT眼症とは「IT機器を長時間あるいは不適切に使用することによって生じる目の病気、およびその状態が誘引となって発症する全身症状」をいいます。



パソコンによる目の疲れや乾き、頭痛などの症状は以前よりパソコンなどを長時間使用する人にとって問題視されてきました。
しかし、それは今まではあくまで大人に対しての症状でしたが、今や子供でもスマートフォンやタブレット、携帯ゲーム機器を長時間使用することが多くなっております。

内閣府調査によりますと、青少年の液晶搭載機器利用率は90%を超えております。
その内、スマホ・タブレット使用率は80%近くに達しております。
使用時間も2時間以上使用が圧倒的に多く、いかに液晶画面を注視している時間が長いかわかります。

では、何故液晶画面を長時間見ることが眼にとって良くないのでしょうか。
いくつか代表的な症例を挙げてみましょう。

画面を注視する時間が長くなると瞬きの回数が極端に減ります。
通常瞬きの回数は1分間に15〜20回とされておりますが、1分間瞬きをしなくなる場合もあります。
集中していると数分は瞬きをしない例もあるぐらいです。

瞬きが減ると、角膜が乾燥してドライアイの原因となります。また、近見作業が続くと毛様体筋に疲労が生じ、いわゆる『スマホ老眼』と呼ばれるピント調節がスムーズにいかなくなる症状も出てきます。

そして、スマホやタブレット、携帯ゲーム機器の画面は必ず液晶画面を使用しておりまして、現在の液晶画面はサイズが大きく、輝度が高く明るい画面が多くなっています。

液晶画面の輝度が高くなると網膜に届く青い光『ブルーライト』も増加していきます。
ブルーライトは可視光線の中でも波長が短く強いエネルギーをもっております。



したがって、目の中の角膜や水晶体でも防ぎきれない光が網膜や黄斑部まで届いてしまい、眼障害や心身変調(体内時計の変調)を引き起こす原因となります。

特に、暗い部屋で睡眠前にスマホやタブレットを間近で見るのは、液晶機器を使う中でも実はとっても危険な使い方なんですよ!><;



そんなデリケートで大事な眼を守るためにはメガネレンズで有害な各光線を低減しましょう!

成長期である小中学生のお子様にこそブルーライトカットレンズを着用していただきたいと思います。


数あるメーカーのブルーライトカットレンズの中でもHOYA社が発売している《RayGuard(レイガード)435》は紫外線はほぼ100%カット。380〜500nm付近の高エネルギー波長であるブルーライトを裸眼の時より65%軽減。



更にブルーライトの中でも特に有害とされる435〜440nm付近の領域を約20%軽減しており、より眼にとっての負担を和らげる効果が期待できます。



レイガード435は、ブルーライトカット機能の効果を得るために若干の色づきがあります。

色づきのサンプルレンズもご用意致しておりますので、ご自身にあった色調のレンズをお選びいただけます^^



お子様とご一緒に楽しみながら選んで頂ければと思います。







《タカダ》

映画のお話

2018年06月24日

南千里店


空飛ぶタイヤ

ある日突然起きた、トレーラーの脱輪事故

親子二人で歩いていた所に脱輪したタイヤが母親を直撃、母親の死

子供も父親も受け入れられません。

どうしてこんなことに

トレーラーの運送会社、社長赤松徳郎 ( 長瀬智也 )は事故当初

整備担当を責めて解雇する

だが調査してゆくと、解雇した若者の整備に不備はなく車輌の欠陥なのでは

自分たちの事故以前にも同じような事故があり自動車会社に疑いを持つようになる。

巨大自動車会社の隠蔽工作、運送会社をハエを叩くように責める

赤松徳郎 ( 長瀬智也 )の闘いぶりをじっくりとご覧下さい。

【 フジイ 】

COSTCO (コストコ)

2018年06月22日

南千里店

「大阪北部地震」・・・怖い経験を致しました。

大切なご家族様の尊い命を亡くされた御遺族様に

心より哀悼の意を表します。


そして家屋を被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。

1日も早く皆様の日常生活に戻れますように、願っております。



余震の恐怖に怯えながら、それでも生活をしなければなりません。

不安な気持ちを抑えて、通常のブログに戻させていただきます。









西宮市在住の次男家族に誘われてショッピング・・・

2003年4月にオープンした「コストコ・尼崎店」へ




皆様は COSTCO(コストコ) ってご存知ですか???

コストコは、アメリカ合衆国に本社を置く

ウェアハウス・クラブチェーンで1983年設立。

本社はワシントン州シアトル郊外イサクアにあるようです。



大型会員制の倉庫店。

ゴールドスターメンバー(個人会員)の年会費は

税別:4400円ですって・・・(高いなぁ〜って感じますが・・)

次男夫婦に言わせると、それでもお得だよぉ〜〜との事。




家庭で必要なすべての商品がお買い得価格にて揃ってるようです。

お店の説明では、『 高い品質の一流メーカー品を卸値に近い

価格でご提供 』・・と、あります。


入店チェックもスタッフが一人ひとりカードの顔写真で確認します。





まず入り口を入った正面に・・・なんと、メガネ販売コーナー。

こんなショッピング形式で、メガネを販売するかなぁ???


しかも有名ブランド・フレームの価格が安い・・・

レイバン・コーチ・マリメッコ・アニエスベイなどなど・・・

後でネットで検索してみると、一人あたり2万円前後で買えそう。



安く販売しておられますし、即日納品とも明記されております。

フレーム卸メーカーさんは、どんなシステムで卸しているん

でしょうか??店舗数の多い大型チェーン店舗でもないのに・・・




日々の生活に密着してる店舗ではないから、気軽に来店出来ないし、

車でなければ無理だし、アフターフォローは難しいだろうし・・・


私達が大切にしている”顧客満足”はどうなんだろう??

お店の方に、お聞き出来るものなら、参考までに伺いたいなぁ〜〜。







次は”お菓子”の販売コーナー。

こういう店舗なので、一袋に入っている数がはんぱない。

普通のス−パーの店舗ならば、8〜10袋のところが30袋入り。

何人で何日掛けてたべるんだぁ〜〜と言うくらいの量です。



肉・魚・野菜・果物・飲み物・冷凍食品・調味料類などなど、

全ての食品コーナーが、大量に袋詰されているようです。




まぁ、これが「コストコ」の特徴でしょうからねぇ〜〜




電化製品も写真でご覧のように、本当に倉庫のような建物の

天井いっぱいまで品物が取り揃えられています。

その品物の豊富さに、圧倒されそうです!!



お肉やお魚の販売コーナーでは、コストコのスタッフの方が

自前で調理なさって袋詰しているような様子でした。

お安く販売するために、いろいろと工夫はなさってるようです。






こんな販売形式は若い世代のご夫婦主体かと思っていたのですが、

その若い世代に連れられて、ご年配の方々も沢山ご来店!!

お孫さんたちもご一緒で、好きな食品やお菓子をおねだりです。

かくゆう私達夫婦もその仲間なんですけどねぇ〜〜 (笑)



そして物量が多いものですから、お互いが分けて各家庭へお持ち帰り。

それぞれに何日分かの”買いだめ”なんでしょうね。





我が家族だけではなく、皆様、大量にお買い上げです。

カート自体も、通常のスーパーの2倍位の大きさで、

上下に満載です・・・

駐車場までカートで運んで、車に積み込むのも大変です。




お買い上げ費用も半端ない金額です。

なんか”得”したのか? ”無駄遣い”したのか??

よ〜〜く、考えてみなくっちゃあ・・・(苦笑)・(苦笑)



          《タケナカ》




地震

2018年06月18日

南千里店

皆さまおはようございます。
今朝7時58分頃、大阪北部で震度6弱の地震がありました。



地震の影響があった皆様は無事だったでしょうか?余震による二次災害も懸念されますので、皆様くれぐれもお気をつけ下さいませ。

吹田と豊中にあるメガネのセンリは、おかげさまで店内は無事でした。
ただ、吹田の店舗は水道やインターネットなどは止まったままで復旧には時間がかかりそうです…。

私自身の住まいも近辺でしたので、朝から大変でした。
棚のガラス戸が外れて割れたり、趣味のモデルカーが棚から落下して半数以上がダメージを受けてしまい、その様を呆然と眺めながら溜息しか出ませんでした。
自分自身もかなり凹んでいます…。

ガラスなど片付けられないまま出社してきたので、帰宅したら片付けするのに憂鬱です。

今回の地震は上町断層での揺れだと言われています。
このあたりの断層は小規模の地震は多いのですが、M6やM7クラスは稀で、今回震源が浅かったせいもありM6クラスになってしまったようです。

今後の余震に十分注意したいと思います。

《タカダ》

「万引き家族」

2018年06月17日

南千里店



万引き家族

国際映画祭で最高賞パルムドールに輝く【 人間ドラマ 】



        (画像は上記よりお借り致しました)


血の繋がりの無い子供を育てる貧しい家族に、新たに寒さに震える

じゅりを見かけ家に連れ帰る、明らかに虐待を思わせる傷だらけの

彼女見て、世話をすることになる。

家の持ち主である初枝の年金で暮らし足らないぶんを万引きで生活

血の繋がりはないが幸せに暮らしますが、初枝の死とともに崩壊

男の子の万引きを見てじゅりが同じ事をする、それを見て

『 妹にはさせるんじゃない 』と諌める年老いた店主

このシーンに感動

子供にとって、ひとときの安らぎを得られた家族であり

たくましく成長できたのでは

じゅりの最後のシーンをお見逃し無く。

【 フジイ 】

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事