スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

糸鋸手作りメガネ体験!

2019年07月21日

南千里店

先週の水曜日に認定眼鏡士講習の1つである糸鋸メガネ教室へ行ってきました。

糸鋸メガネ教室とは、アセテート生地から糸ノコとヤスリを使ってオリジナルのプラスチックフレームを作る本格的な内容となっております。


大阪市北区にある日本眼鏡技術専門学校で開催。


生地は目移りするほど沢山!


生地を選んだらまずはドリルで糸鋸の歯を通す穴を開けて作業開始。
ひたすら糸鋸で生地をギコギコ削っていきます。


中が抜けました。めちゃ腕が疲れる・・・^^;


ガタガタの面をヤスリで均していく地道な作業。


参加者のみんなも黙々と作業に集中・・・?


一緒に参加したウエノさんもヤスリと奮闘中。


講師の吉田先生。そのシャツがメッチャ欲しいんですけど!

この後もテンプル削りだしにフロントのアール付け、鼻パット取り付けなどなどいろんな作業があったのですが写真を撮るのを忘れるぐらい集中していました・・・。


で、完成!とまではいかなかったのですがなんとか形にすることが出来ました。
(って、これは一緒に受講した中央店のウエノさんのです。なかなか上手に出来ております!)

あっという間の9時間で、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。


講習の帰り、セルロイドメガネの『歩』を扱うマコト眼鏡様へ工房見学させてもらったときのことを思い出しました。

マコト眼鏡様のメガネ職人さんはとても手際良く作業をこなしておられて、道具を扱う手さばきも自分とは天と地程の差があったなあ・・・と。

メガネは工業製品ではありますが、実際に職人の手が加わったハンドメイドメガネというのは、掛ける人の心も豊かにするんだよなあ、とふと思いながら明日以降の筋肉痛に恐怖する帰り道でした。



職人の確かな技が光るMADE鯖江の『歩』も店頭で大人気です!


《タカダ》

味の伝承

2019年07月19日

南千里店

私の夏の好物を聞いて下さい!!

子供の頃より”夏”になると食卓に出てくる食べ物がありました。


おふくろ特製の「ナスの辛子漬け」






故郷・香川県には「三豊ナス」というナスビが生産されております。

田舎の地方特産のナスのようで、残念ながら関西のスーパーでは

ほとんど見かけることがありません。


通常の水ナスよりも3倍ほど大きくて、甘くてジューシーで

とろけるような舌触りで、皮がやわらかい、美味しいナスです。

県外には滅多に出回らない”幻のナス”と言われてるようです。





収穫時期は7月〜9月なのでその時期に帰省しないと食べれません。

昔はお盆の時期に帰省していたので、

おふくろが作ってくれており、それも帰省の一つの楽しみでした!!



嬉しいことに妻がおふくろからその調理の仕方を教わっていたようで

そのナスを姉妹や知人に送って頂いて作ってくれてたんですが、

流通期間中に傷んでしまうことも多く、食べられない年も・・・




数年前に、あるショッピングセンターで似たようなナスを発見!!

勿論、三豊ナスではありませんが・・・





伊丹市にある農産物直売所「スマイル阪神」

JA兵庫六甲の経営する直売所です。


ご覧のように非常に大きいナスですが”やわ茄子”と表示されています。




発見時に妻がこのナスなら”辛子漬け”作れるかも?と言い

早速買い求めて作ってもらうと、まさに懐かしいおふくろの

「ナスの辛子漬け」の数年ぶりの再現でした!!


それからは毎年その時期になると伊丹まで買いに行ってたんですが、

毎日販売している訳ではなく、時期もあり、入手できないときも・・

生産量が少ないのかなぁ〜〜 夏季に2〜3回は買えますが・・・




嬉しいことに、先日入手が出来ました!!

持ち帰って早速調理してもらいます。

私は作ることが出来ないので、

いつもは出来上がりを待つだけなんですが・・・(苦笑)

今回は最初から見学しました。



@ ご覧のような大きさに切り



A 塩をふりかけ、水分が出てくるのを待ちます(荒塩が最適)



B 練りからしを混ぜ合わせてそのまま2〜3時間置きます。



C 軽く絞って完成です。






文字にすると、私にも出来そうで簡単ですが

ナスの皮の柔らかさと、塩と辛子の分量が難しいようです!!







早速、白いご飯と一緒にいただきます。

久しぶりの懐かしい味・・・再現です!!





食が進み、何杯でもお代わりできそうですが、

そこは自重して1杯のみで我慢・我慢。(笑)




おふくろの味を妻が伝承してくれて食べられる幸せ。

昔懐かしくもあり、嬉しくもあり・・・ご馳走さまでした!!


          

          《タケナカ》


本のお話

2019年07月15日

南千里店


精鋭
今野敏

新米巡査、柿田亮が特殊急襲部隊 『 SAT 』を目指し成長してゆく。

その中で自衛隊との合同訓練があり、

その自衛隊員の言葉が強く印象に残りました。

『 昭和32年のことだ、防衛大第1期の卒業生に向けて

元総理大臣の吉田茂がこう言ってる。

自衛隊が国民から歓迎されちやほやされる事態とは、

外国から攻撃されて国家存亡のときとか、災害派遣の時とか、

国民が困窮し国家が混乱に直面している時だけなのだ

言葉を換えれば、君達が日陰者であるほうが、

国民や日本は幸せなのだ、どうか耐えてもらいたい。」

この隊員はこの言葉を記憶して歯を食いしばって訓練に耐えるのだと

又、沖縄の空手家の言葉 「 長年修行して体得した空手の技が、

生涯を通して無駄になれば、空手道修業の目的が達せられたと心得よ。」

地獄のような訓練に耐え国民のために尽くす姿勢に頭が下がります。

《 フジイ 》

軽さと掛け心地〜YCONCEPT〜

2019年07月14日

南千里店

いつもメガネのセンリブログをご覧いただきありがとうございます。


YCONCEPT(ワイコンセプト)から新たなモデルを店頭に追加致しました。そのモデルが入荷してきましたのでご案内します!








スマートでやわらかい印象の玉型のこのモデルは男女問わずお掛けいただけます。


フロントとレンズ部分がセパレートタイプなので、テンプルの部分に圧力がかかっても、見え方に影響せず安心してお掛けいただけます。

金属部分に関するフレームの全ての部品を福井県鯖江市で生産されている『Made SABAE』のサラブレット的なYコンセプトは超軽量、軽くて疲れにくい掛け心地であります。

是非店頭にて、この軽さと掛け心地をご体験下さいませ!


《タカダ》

蓮(ハス)

2019年07月12日

南千里店


お店を訪れて下さるお客様情報で、

佐竹台公園・菩提池の「蓮(ハス)」の花が

今年は例年以上に見事だと教えていただきました。


早速、通勤途中に立ち寄ってみました!!

ご覧のように清楚なピンクの花がたくさん咲いております。




犬を散歩中のおじさん、グループでウォーキング中の方々、

ご近所の友人同士の皆様・・・大勢の方が見に来られておられます。





心地よく吹く風が、通勤途中だということを忘れさせてしまいます!!



こちらの菩提池は”カワセミ”が住んでいることでも有名です。

私も何度も見かけてはおりますが、いざ写真を撮ろうと近づくと

勿論気づかれてしまい、飛び立たれてしまいます。


携帯カメラではなく、立派な望遠付きのカメラでないと無理。

時々マニアの方が遠くからシャッターチャンスを狙っておられます。




さて皆様、「蓮(ハス)」と「睡蓮(スイレン)」の

違いご存知でしょうか??

どちらも良く似た”花”や”葉”のようで、水辺で咲いております。

ご覧になられてすぐに正確にお答え出来ますか?

フッと思ったものだから、この機会に勉強をしました(笑)





蓮(ハス)

* 一番わかり易いのは葉っぱの形:葉っぱに切れ込みがない。

* 水面より高いところに茎が伸びて花が咲きます。

* 葉っぱには撥水性があり、水玉になる。















睡蓮(スイレン)

* 葉っぱに切れ込みがある。

* 水面に葉が浮き、水面で花が咲く。

* 葉に撥水性はない。




ハスとスイレンの共通点

* どちらも水底の土や泥に根を張ります。

* 日中は花が咲き、夕方になると閉じます。

* どちらも花の開閉の時間は少し異なりますが、

      開閉を3日繰り返して花の寿命は終わります。

  



*睡蓮(スイレン)の名前の由来


花が日中(開く=目覚める)・・・夜(閉じる=眠る)ので

「睡眠する花」=「睡蓮」と名付けられたという説がありますが、

私はこの説に納得します・・・

しかし、蓮(ハス)はよく分かりません?






以上をこの機会に勉強しました!!

私はすぐ忘れてしまうかもしれませんが、

賢者の皆様は”うんちく”として覚えていただき

どこかでご披露して、博識ぶりを褒めてもらってくださいね(笑)



昔から季節が来れば身近に咲いてる花ですが、

気にも止めないで只通り過ぎていた「ハス」・「スイレン」の花・・・

素敵な花をこの機会に是非・好きになって下さいね!!




          《タケナカ》







カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新記事