スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

アスリートの言葉に学ぶ。

2018年02月24日

千里中央店

こんにちは。



ピョンチャンオリンピックでのメダル獲得数が、前回ソチのメダル数を超えましたね。


個々が頑張っておられるのでトータルでメダルが何個かってのもどうなのかと思いつつも、結局それは日本選手の頑張りの結果なんだなと思うと素晴らしいなとも思う訳で…どないやねん(笑)



努力、夢、不安、期待、雑音、プレッシャー、現在、過去、未来…あらゆる物を咀嚼して吐き出したアスリートの言葉にはとても説得力があります。


なかでも僕が印象に残ったのは、女子スピードスケート500m、オリンピックレコードで見事金メダルを獲得した小平奈緒選手の言葉。





『人から与えられるものは有限、自ら求めるものは無限』



いやーっホントそうだな…って。
可能性って事を考えるならまさしくそう。


どれだけ恵まれた環境でも、結局はその人の捉え方次第だと言える。受け身なのか能動的なのか。


ないものねだりで現状に不満を垂れ流してるは愚の骨頂。


理想があるんならそうなるよう自ら努力すべきだし、その場所で現実不可能と判断したなら他に行けばいい。


自らの選択の積み重ねである現在(いま)を否定してはいけないと思う。



小平さんはこうも言っていた。





『ここに辿り着くまでに、自分自身が選んできた決断を誇りに思う』


ソチ五輪後2年間オランダに単身飛び込み自分のスタイルを見つめ直した。強くなるために。


自ら感じて、自ら考えて、自ら行動して、手にしたことは結果は別にして自分の血となり肉となり、自分を成長させてくれるし、自分の可能性を広げてくれる。




そして感謝の気持ちも忘れない。





『どんな状態の時もそのままの自分を受け入れてくれた、私を支えてくれた全ての人に感謝したい』と。


小平さんのように応援される人には応援される条件があると思う。


一生懸命であること。
謙虚であること。
正直であること。


でもやっぱり最後は人柄なんだと思う。
こればっかりは取り繕えるもんじゃないから。





さて。


今日は小平奈緒選手の金メダルを祝して金メガネをご紹介します(笑)。


『LINDBERG リンドバーグ』preciousより。





LINDBERG PRECIOUS K18 spirit 345,000yen+tax


K18なんですけど高級和紙のような質感が上品でさりげなく横顔を彩ります。
シンプルでプレシャスなフレームをお探しの貴方に…頑張ってきた貴方に。





最後にもうひとつ。


僕の中で印象に残った言葉は
カーリング女子LS北見のメンバーのプレイ中の言葉。





『そだねー』


…です(笑)。


流行語になりそうな勢いですが、でもこれは冗談でもなんでもなく、ホントにそう思います。
チームでことを進めて行く際に、お互いの考えや主張が異なる場合でも、まずは相手の言うことを肯定的に受け入れてみる。そだねーって。
チームのみんながそういう姿勢だったらきっと上手くいく…そう思いませんか^_^



いやーっ、それにしても昨日の日韓戦は惜しかった。勝てるチャンスもあっただけにね。今日の3位決定戦のイギリス戦NHK第一で午後7時30分から中継がありますので、みんなで応援しましょう!!


LS北見のLSとはロコ・ソラーレの略だそうで、ロコとは「常呂っこ」ソラーレとはイタリア語で太陽、「常呂から太陽のように輝きを放つ」という思いが込められてるんだって。


もう十分にピョンチャンの氷上で太陽のような輝きを放ってますよね^_^






《ウエノ》

お世話になりました

2018年02月22日

千里中央店

卒業のシーズンの季節になりました。

新しい門出の時でもあります。






さて、私こと この度メガネのセンリを卒業することになりました


24年間頑張ってこれたのも、良きスタッフに恵まれたおかげだと


感謝いたしております。






メガネの販売を通じて、沢山の人の出会いと


別れを経験いたしました


特にお客様よりいろいろ教えていただいた事、人生を学ばせて貰った事


私の宝物だと思っております 大切にしていきます


これからもメガネのセンリをご愛顧 ご指導賜りますよう


よろしくお願い申し上げます。







言い尽くせない 『 ありがとう 』 を胸に


お別れです   『 お元気で 』  本当に長い間お世話になりました。








            《はやみ》

「100万星のパノラマスターナイト」

2018年02月21日

千里中央店

皆様こんにちは。


大阪の歴史的洋館「旧桜宮公会堂」にて、ライトアップイベント「100万星のパノラマスターナイト」が2018年2月25日(日)に開催されます。





本イベントの舞台は、国の重要文化財に指定されており、現在は結婚式場兼・カフェ・レストランとして運営されている歴史的洋館「旧桜宮公会堂」です。
当日は、世界で初めて100万個以上の星々で天の川を表現した、最新のプラネタリウム装置と、約1000本のキャンドルを使用し、館内と建物周辺が光で包まれます。




披露宴会場として使用されている建物内がプラネタリウムへと姿を変え、披露宴会場の天井の高さや広さを活かし、360度どこまでも広がる満天の星空、宇宙に降り立ったかのような浮遊感と共に幻想的な空間をお楽しみいただけます。




また、チャペルや建物周辺には、大小異なる約1000本の色鮮やかなキャンドルが一斉に灯されます。
色鮮やかな花模様のランプを使ったライティングアートも行われ、暗くした館内を灯りと光で幻想的に包み込みます。




チャペルでは、プロの聖歌隊による、ゴスペルのミニコンサートも行われ、光と音の共演を楽しめます。




さらに、光のオブジェが展開されたフォトスポットも登場し、インスタ映えすること間違いなしです!!


本イベントは参加費は無料で、年齢制限もなく、誰でも自由に楽しめますので、一夜限りの幻想的な空間にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?


【詳細】
100万星のパノラマスターナイト
開催日:2018年2月25日(日)
時間:18:00〜21:00 ※最終来店:20:30
場所:旧桜宮公会堂
住所:大阪府大阪市北区天満橋1-1-1
TEL:06-6881-3636

公共交通機関でのアクセス
JR大阪環状線「桜ノ宮駅」西口より徒歩9分
JR東西線「大阪天満宮駅」1番出口より徒歩9分
地下鉄堺筋線・谷町線「南森町駅」3番出口より徒歩10分


■実施内容:
18:00〜21:00 キャンドル約1000本による灯りの演出
18:00〜21:00 プラネタリウムのショー
18:30、19:15、20:15〜 ミニコンサート(各回20分程度)

※無料、予約不要、年齢制限、入場制限なし
※雨天決行、荒天の場合は中止
※混雑時は館内入場に時間を要する場合有り





《マスヤマ》

厄除け

2018年02月20日

千里中央店

先日『SIXTIETH  BIRTHDAY』をブログで書きましたが

還暦=厄年でもあるので厄除けのご祈祷をしてもらいにあびこ観音に行ってきました。

あびこ観音さんは日本最古の厄除祈願所: あびこ山大聖観音寺。

厄除の観音様は 聖観世音菩薩です。




あらためて厄除とは 

人が生活する中で、厄や罪・穢れなどのマイナス要因が知らず 知らずにつみかさなるのを厄年などに厄除け・厄払いをして祓い 清め厄年を無事に過ごせるようにすることです。






上の娘も今年が厄年になるので二人分お願いしました。


本堂にお参りをして



順番が逆かな?(笑)

常香炉でおせんこうの煙を浴びて帰って来ました。



後日お札が送られてきて


お守りは何故かサイフに中に(笑)


お札は所定の所に



来年の二月まで娘と二人何事もないように・・・






入荷商品のご案内
AYUMI 046 C5265 ¥33,000+税


AYUMI 046 C0907 ¥33,000+税

このテンプル

職人さんが息を止めて磨いてるそうです(笑)


素晴らしい職人技の商品です、ぜひ店頭にてご覧くださいませ。


                 【ハマチャン】

もっと眼鏡を感じたい〜鯖江2日目。

2018年02月17日

千里中央店

こんにちは。




工場見学2日目は昨日のタカダからバトンを受け継ぎまして、ウエノがご案内させていただきます。



とその前に…


1日目、三光光学さん、浜本テクニカルさんの工場見学を終えた僕達は今回の宿へと向かいチェックイン。







そして、お腹の空いた一同は足元を雪仕様にチェンジして(長靴に履き替えて…笑)徒歩で、食事処『ぬの屋』さんへと向かいました。





誰ひとり滑ることなく無事到着。


この天候で、他のお客様は早くからキャンセルされていだそうで、この日の客は僕達だけ…恐縮です(笑)。


社長のありがたい挨拶のあと(笑)、タカダさんの乾杯の音頭で、さぁ、宴の始まりです。





ともに頑張る仲間と食べる美味しい食事美味しいお酒は格別でした。




ここから2日目。


この日は前日と違いあいにくの曇り空。





午前中お世話になったのは、メガネに関するあらゆる修理に応えてくださる心強いパートナー『リペア』さんです。





修理専門で今年で21年目、小売店・問屋・商社・メーカーの修理を合わせると年間約15万本にもなるそうです。


ここ3,4年の傾向としてセル(プラスチック)フレームの修理、ネジ抜き、量販店からの「型直し」が増えてるとのこと…簡単な「型直し」までも修理屋さんに出すことに驚きましたが、量販店の現状を考えると仕方がないのでしょうか。


メガネはアフターケアがとても大切です。
壊れてしまい修理が必要なら仕方ないですが、ちょっとした調整でその都度メガネを何日も預けないといけないのはお客様にとって不自由でしょうし、お店(会社)の対応としては少し怠慢なように思いました。



ここからは工場内を見学。


まず到着した修理品はここで荷受され、トレイにうつされます。





そして修理内容を確認してパソコンに入力、そして修理金額・納期などをお客様に連絡、お客様からゴーサイン(進行)の指示が出た修理品を各部署に指示書を付けて回します。(絵も上手くてわかりやすい)











修理で一番多いのが溶接、その溶接は2種類、レーザー溶接とロー付けです。


最初にレーザー溶接を体験させていただきました。



アマ(僕)


プロ。



次にロー付けの様子を見せていただきました。







たくさんあるパーツの中から最適な物を選び、手際良く溶接していかれます。



最近はセルフレームの修理も増えています。蝶番のコマ修理などはそのままだと修理不可なので、セルの一部を削りメタル部分を起こして溶接したあと、元に戻し削り取ったセルのスペースを似た色のセル生地を専用の接着剤で貼り付けて、万力で圧着するそうです。







七宝を付ける作業です。








途中、気づいたことがあります。


それはここで働くみなさんは自分の仕事に誇りを持っておられるということ。
工夫を重ね周囲と協力をして楽しそうに仕事をしておられます。







作業を覗き込む僕達に誰一人嫌そうな顔をされません。
それどころかみなさん見学者の僕達にとても気持ちよく挨拶してくださいます。
そして手を止めて説明してくださいます。
年齢も性別も表現もそれぞれ違うけど、みんながみんなそういう姿勢であることにとても感動しました。





リペアさんを後にした僕達は昼食へと向かいます。





訪れたのは『二男坊』というお蕎麦やさん。





僕は天おろしそばを注文。





蕎麦もおろし大根も天ぷらも全てが美味い…最高です^_^。






昼食後に訪れたのは当店でも老若男女を問わず人気のセルロイド製フレーム『歩』を手掛ける『マコト眼鏡』さん。


増永社長と奥様にあたたかく迎えていただき応接室へ。





そこで福井で発祥し鯖江で発展した眼鏡産業の生い立ちをお話しくださいました。


そしてセルロイドとアセテート、インジェクションなどプラスチック素材の違いをご説明くださいました。


最近の巷のアセテートはつなぎ(可塑剤)の量が通常より多く、柔らかいフレームが増えてるらしい。(主に安価なものを中心に)


その理由はフレーム製造段階での加工性をよくすること、また切削する際のジグ(刃物)の持ちを良くするために。
ただデメリットとして製品になった後で枠が変形しやすいのだそうだ。
メガネを掛ける人のことを考えてない…
自分の都合が先にたって、そこに大切に長く使っていただきたいというも思いなどない…そう考えると悲しい話しです。




そして社内を見せていただくことに。














増永社長の案内の元、たくさんの人々の手によるたくさんの工程を見せていただいきました。





さらに『歩』に対する愛情が深まりました。




そして応接室に戻ります。


ここで増永社長が印象的な話しを2つしてくださいました。


ひとつは「工場でたくさんのメガネを作っているが、お客様が手にするメガネはその中のたったひとつ…だからどの作業、どの1枚も力は抜けないんだ」と。


ホントその通り、これはどんな仕事にも言えることだと思う。
それは僕等の仕事でも同じだ。
ひとりひとりのお客様にいつも真っさらな気持ちで向き合わないといけない。
その事を再確認させていただきました。


あとひとつは。


『三方よし』売り手よし、買い手よし、世間よし、という言葉がありますが、もうひとつ加えて『四方よし』だと…


さらにもうひとつは何かというと…
家族や職場の仲間、つまり自分を支えてくれている人の存在。


近くなればなるほど、その存在は普段意識しなくなりがちだけど、そこに対する感謝を忘れないようにしないといけないな…そう思いました。
難しいことではあるけれど。



帰り際に、店頭で欠品していた昨年秋発売の『歩』046、047を注文して、マコト眼鏡さんを後にしました。







この2日間を通して、実際の製造工程を見ることで、ひとつひとつの工程にたくさんの人の思いや創意工夫が詰まってるんだとリアルに感じる事が出来ました。
同時にメガネというモノに対する愛情がより大きくなったように思っています。


メーカーの方々がフレームに込めた気持ちをしっかりと受け継いで、最後に完成品のメガネとしてお客様にお渡しする僕達の責任はとてつもなく大きいなと感じました。


もっともっと頑張らなきゃ。


この度はご協力いただいた全てのみなさま本当にありがとうございました。
今後とも宜しくお願い申し上げます。








《ウエノ》






カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最新記事