スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

もっと眼鏡を感じたい〜鯖江2日目。

2018年02月17日

千里中央店

こんにちは。




工場見学2日目は昨日のタカダからバトンを受け継ぎまして、ウエノがご案内させていただきます。



とその前に…


1日目、三光光学さん、浜本テクニカルさんの工場見学を終えた僕達は今回の宿へと向かいチェックイン。







そして、お腹の空いた一同は足元を雪仕様にチェンジして(長靴に履き替えて…笑)徒歩で、食事処『ぬの屋』さんへと向かいました。





誰ひとり滑ることなく無事到着。


この天候で、他のお客様は早くからキャンセルされていだそうで、この日の客は僕達だけ…恐縮です(笑)。


社長のありがたい挨拶のあと(笑)、タカダさんの乾杯の音頭で、さぁ、宴の始まりです。





ともに頑張る仲間と食べる美味しい食事美味しいお酒は格別でした。




ここから2日目。


この日は前日と違いあいにくの曇り空。





午前中お世話になったのは、メガネに関するあらゆる修理に応えてくださる心強いパートナー『リペア』さんです。





修理専門で今年で21年目、小売店・問屋・商社・メーカーの修理を合わせると年間約15万本にもなるそうです。


ここ3,4年の傾向としてセル(プラスチック)フレームの修理、ネジ抜き、量販店からの「型直し」が増えてるとのこと…簡単な「型直し」までも修理屋さんに出すことに驚きましたが、量販店の現状を考えると仕方がないのでしょうか。


メガネはアフターケアがとても大切です。
壊れてしまい修理が必要なら仕方ないですが、ちょっとした調整でその都度メガネを何日も預けないといけないのはお客様にとって不自由でしょうし、お店(会社)の対応としては少し怠慢なように思いました。



ここからは工場内を見学。


まず到着した修理品はここで荷受され、トレイにうつされます。





そして修理内容を確認してパソコンに入力、そして修理金額・納期などをお客様に連絡、お客様からゴーサイン(進行)の指示が出た修理品を各部署に指示書を付けて回します。(絵も上手くてわかりやすい)











修理で一番多いのが溶接、その溶接は2種類、レーザー溶接とロー付けです。


最初にレーザー溶接を体験させていただきました。



アマ(僕)


プロ。



次にロー付けの様子を見せていただきました。







たくさんあるパーツの中から最適な物を選び、手際良く溶接していかれます。



最近はセルフレームの修理も増えています。蝶番のコマ修理などはそのままだと修理不可なので、セルの一部を削りメタル部分を起こして溶接したあと、元に戻し削り取ったセルのスペースを似た色のセル生地を専用の接着剤で貼り付けて、万力で圧着するそうです。







七宝を付ける作業です。








途中、気づいたことがあります。


それはここで働くみなさんは自分の仕事に誇りを持っておられるということ。
工夫を重ね周囲と協力をして楽しそうに仕事をしておられます。







作業を覗き込む僕達に誰一人嫌そうな顔をされません。
それどころかみなさん見学者の僕達にとても気持ちよく挨拶してくださいます。
そして手を止めて説明してくださいます。
年齢も性別も表現もそれぞれ違うけど、みんながみんなそういう姿勢であることにとても感動しました。





リペアさんを後にした僕達は昼食へと向かいます。





訪れたのは『二男坊』というお蕎麦やさん。





僕は天おろしそばを注文。





蕎麦もおろし大根も天ぷらも全てが美味い…最高です^_^。






昼食後に訪れたのは当店でも老若男女を問わず人気のセルロイド製フレーム『歩』を手掛ける『マコト眼鏡』さん。


増永社長と奥様にあたたかく迎えていただき応接室へ。





そこで福井で発祥し鯖江で発展した眼鏡産業の生い立ちをお話しくださいました。


そしてセルロイドとアセテート、インジェクションなどプラスチック素材の違いをご説明くださいました。


最近の巷のアセテートはつなぎ(可塑剤)の量が通常より多く、柔らかいフレームが増えてるらしい。(主に安価なものを中心に)


その理由はフレーム製造段階での加工性をよくすること、また切削する際のジグ(刃物)の持ちを良くするために。
ただデメリットとして製品になった後で枠が変形しやすいのだそうだ。
メガネを掛ける人のことを考えてない…
自分の都合が先にたって、そこに大切に長く使っていただきたいというも思いなどない…そう考えると悲しい話しです。




そして社内を見せていただくことに。














増永社長の案内の元、たくさんの人々の手によるたくさんの工程を見せていただいきました。





さらに『歩』に対する愛情が深まりました。




そして応接室に戻ります。


ここで増永社長が印象的な話しを2つしてくださいました。


ひとつは「工場でたくさんのメガネを作っているが、お客様が手にするメガネはその中のたったひとつ…だからどの作業、どの1枚も力は抜けないんだ」と。


ホントその通り、これはどんな仕事にも言えることだと思う。
それは僕等の仕事でも同じだ。
ひとりひとりのお客様にいつも真っさらな気持ちで向き合わないといけない。
その事を再確認させていただきました。


あとひとつは。


『三方よし』売り手よし、買い手よし、世間よし、という言葉がありますが、もうひとつ加えて『四方よし』だと…


さらにもうひとつは何かというと…
家族や職場の仲間、つまり自分を支えてくれている人の存在。


近くなればなるほど、その存在は普段意識しなくなりがちだけど、そこに対する感謝を忘れないようにしないといけないな…そう思いました。
難しいことではあるけれど。



帰り際に、店頭で欠品していた昨年秋発売の『歩』046、047を注文して、マコト眼鏡さんを後にしました。







この2日間を通して、実際の製造工程を見ることで、ひとつひとつの工程にたくさんの人の思いや創意工夫が詰まってるんだとリアルに感じる事が出来ました。
同時にメガネというモノに対する愛情がより大きくなったように思っています。


メーカーの方々がフレームに込めた気持ちをしっかりと受け継いで、最後に完成品のメガネとしてお客様にお渡しする僕達の責任はとてつもなく大きいなと感じました。


もっともっと頑張らなきゃ。


この度はご協力いただいた全てのみなさま本当にありがとうございました。
今後とも宜しくお願い申し上げます。








《ウエノ》






PyeongChangオリンピック

2018年02月13日

千里中央店

長〜い禁釣の時を過ごしております(笑)




PyeongChangオリンピックが始まっています。



毎晩おそくまでテレビにかじりつきです(笑) 日本選手頑張ってはいるのですがなかなかメダルが取れてません。


昨日ついにメダル獲得でしたね〜 高梨沙良さん前回のオリンピックから四年やっと手に入れたメダル

プレッシャ〜はかなりあったでしょうが見事でした。









欲を言ってはきりがないのですが金メダルは次回のオリンピックまで楽しみに置いといたらええと思います。



高木美帆さんも惜しかったですね〜 あと少しの所で銀メダルでしたが立派です。







モーグルの原選手も攻めの滑りで銅メダル ナカナカやりよる。(笑)






メダリストの皆さんの笑顔最高で〜す。

まだまだ競技が続きます、ガンバレ日本!!



休業のお知らせ

明日14日と15日福井へ研修の為臨時休業いたします。

御迷惑をおかけいたしますが宜しくお願い致します。





                   【ハマチャン】

ツイスト&シャウト。

2018年02月10日

千里中央店

こんにちは。




今週は寒波の影響でホント寒かったですね。
今日あいにくの雨だけど、気温は少し高くて体感的には随分楽。


僕はといえば、昨年1月から始めてから1年余り続いてる『R-1ヨーグルト』のおかげか今のところ風邪もひかずになんとか頑張っております。


ただこれから寒さが緩んできた時に、僕を悩ますのが『花粉症』。


これまた『R-1ヨーグルト』で体質が変化してるかどうか…
今年の花粉に僕のカラダがどう反応するかですね。(そもそもR-1始めたのも花粉対策)
腸内フローラが蝶々が飛びかうお花畑のように色とりどりの状態なのか…
それとも悪玉に支配され未だに荒れ放題の真っ黒けの状態なのか(笑)…


その答えはこれからです。


みなさん体調管理、また花粉症対策をしっかりとなさってくださいね。






さて。


今日は女性のためのちょうどいいエレガントフレーム『dragee ドラジェ』よりニューモデルのご紹介。


「twist half ツイストハーフ」です。


とてもスッキリした玉型。



dragee TWIST HALF c-8 51 45,600yen+tax


その名の通りテンプルがツイストしております(ねじれております)。



dragee TWIST HALF c-7 51 45,600yen+tax



ただし…ただツイストしてるだけじゃない。


表裏両面ありますが、グルッとスパイラルした片方の面だけに七宝を均一に載せてあります。


平らでない、しかもねじれてる部分にムラなく均一に七宝を載せる…これは相当難しい技術らしい。





ネイビー×ゴールド、ブラック×シルバー、あなたの横顔を素敵に彩ってくれます。



これを見たら思わずこうシャウトしてしまう(叫んでしまう)かもしれません。




シェケナベイベーナーウ!!







…と。これぞまさしくツイスト&シャウト。







それと最後に。


千里中央店では13日の火曜日まで『marimekko マリメッコ』トランクショーが好評開催中です。今日も含めてあと4日…今ならフレームお買い上げのお客様には純正マグカップもプレゼント^_^





ドンミスィ!!(お見逃しなく)





《ウエノ》

立春とはいえ

2018年02月08日

千里中央店

暦の上では立春なのに・・・今年は非常に寒い日が続いています

福井県の方は気の毒に、なかなか雪が止まないようです

歩道橋も全部雪におおわれて使用できない!!





寒い日は 【てっぱん】 がこいしくなります。

小学校の頃、私は食べ物の好き嫌いが多い子供でした

今では考えられないぐらい食が細く、やせていました

お爺さんとお婆さんが見かねて、近くの知り合いのお好み焼きへ

連れって行って食べさせくれました。

それにはまってしまった私はたびたびおねだりをしていました

帰ると母親に叱られるお爺さんとお婆さん

今とは違い夏にクーラーは無いお店で、熱いお好み焼きと

冷たいかき氷(レモン)を食べている私を見て

「熱いのと冷たいのとでいそがしいこと」 と笑っていました

母親の目をぬすんで三人でたべるお好み焼きが大好きでした。





家族で地球が明日滅びるとしたら、最後に何を食べるか?

と話していると、季節や気分によって変わるのですが

【お好み焼きとかき氷】 はいつも私の中のベスト3に入っています。



 皆さんは最後だとしたら、何を召し上がりますか?





           《ハヤミ》








「37年ぶりの記録的豪雪」

2018年02月07日

千里中央店

皆様こんにちは。


大阪でも今回の寒波で連日寒い日が続いておりますね。


今回の寒波による積雪の影響で、メガネ製造の聖地、福井県鯖江市にある多くの眼鏡関係のメーカーさんも昨日より臨時で休業している所が多いようです。

56豪雪に匹敵する大雪との事ですので、それも当然の事かと思います。



※雪に埋もれる福井駅前の恐竜のモニュメント



※雪で完全に埋まってしまいワイパーの先しか見えない自動車


ちなみに56豪雪は昭和55年12月〜昭和56年3月までに東北地方から北近畿までを襲った記録的豪雪のことです。
56豪雪では、ドカ雪となったあとも断続的に雪が降り続き、福井市や敦賀市では最深積雪が200センチ近い積雪となりました。鉄道の運休や孤立する集落が多くでるなど大きな被害がでました。


今回も記録的な大雪で、昨日から福井県内の国道8号線で1,400〜1,500台の車が立往生し、自衛隊が災害派遣で出動し除雪に当たるなどの被害が出ております。


私は富山県出身なのですが、56豪雪で当時、富山の実家は1階部分が雪で埋もれてしまい、2階の窓から出入りしていたと幼い頃聞いたことがあります。


記録的な豪雪ですので福井にお住いの皆様、身の安全にどうぞお気をつけ下さいませ。





《マスヤマ》

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最新記事