スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

『ちびっ子ギャング』襲来

2017年11月21日

千里中央店

天気の巡り会わせが悪く漁には出れてないので、今週も釣りネタはお休みです。



末の娘の旦那が出張で家を空けるので、家に居てても暇らしく孫二人を連れて帰って来ました。


おかげでて賑やかになりました。


上の男の子はなれたもんですが




下の女の子はちょうど人見知りが激しい時期で、ママが少しでも離れるとこんな感じで大泣きです(笑)


小次郎も困った顔をしてます。(笑)



近所に住んでる孫ともすぐに仲良く遊びます「顔は娘よりNGと言われちゃってます」


少しづつ慣れてきて



帰るころにようやく抱っこさせてもらえるように(笑)



孫三人みんな可愛いけど、小さい女の子はより可愛らしいな〜  家の中はぐちゃぐちゃになるけど(笑)  



三日ほど泊まって帰りましたがちょうどいいくらいかな〜(笑)(笑)


今度会えるのはお正月らしいので、それまでに人見知りが治ってたらええけどな〜 


無理かな〜(笑)



【ハマチャン】

ワンダフルワールド。

2017年11月18日

千里中央店

こんにちは。



普段何気なく口にしている言葉。
あまりに当たり前過ぎて全く無意識に使っていますが、人と人とが共に過ごしていくためのコミュニケーション手段としてとてもかかせないもの。


お互いの顔を見て話しをすることで、相手のいろんな事がわかるし、会話をする事によってそこにリズムが生まれたりもする。


たわいもない言葉のキャッチボールであっても、その場を構成する人間がその場を楽しいものにしようとするなら、それはとても価値のあるもの。


お互いに関心を寄せて、お互いのことを尊重して、コミュニケーションをとっていけば、信頼関係はどんどん深まっていくでしょう。



ただし、その時に大切なことがあります。


たとえ自分と違った考え方や感覚であっても、相手そのものを否定しないこと。
そして感情的にならないこと。
感情的になっても思考が停止するだけで何もいいことはありませんから。


どんな意見や考え方も、一度は受け入れてみることです。
後になって相手の言葉が頭の中でグルグル回って色々と考えたり思いを巡らせることで、自分の世界を広げてくれるかもしれませんから。



ここでいう世界とは、自分自身の【意識の枠組み】のこと、そしてその枠組みは主に言葉で構成されています。


頭ん中でアレコレ考えたり、自問自答したり、想像したり、妄想したり、それらは全て言葉を使って無意識に行っています。


だから、普段から口にする言葉、耳にする言葉、目にする言葉…どんな言葉と向き合うかによって世界は変わるということです。


そのためにはポジティブ、プラスの言葉を意識して取り入れることが大事で、結局はそれが自分自身を形作っていくことになるわけですから。


愚痴や文句などネガティヴ、マイナスの言葉ばかり言っている人は、そういう意識の世界が出来上がって顔や態度にそれが出てしまっていて、知らない間に人を遠ざけてしまっている可能性も。


相手のどんな言葉、どんな考え方であっても捉え方次第で全ては自分自身の糧となります。


いろんな人のいろんな考え方を知ること、そして多様性を認めることは、自分の世界観に奥行きと広がりをもたらしてくれるはずです。


wordがworldを。





また僕にも僕自身の世界があるように、誰にだってそれぞれの世界があります。
そう考えると世界の人口の数、76億通りの世界があるということです。


人と人との繋がり関わりこそが、僕らの生きる世界で、それは正直決して楽しいことばかりじゃなければ面倒なことも多いのも事実。
だけど1人の世界では決して味わうことのできない喜びや幸せを感じることができるのも事実でして。


喜びを他の誰かと分かり合う
それだけがこの世の中を熱くする♪


そういや昔『痛快ウキウキ通り』という曲の中でオザケン(小沢健二さん)もこんな風に歌ってましたけど、ホントそう。


僕たちの目の前に広がる現実世界は舞台でしかないと思うんです。


自分の世界を広げるには、さまざまな経験をして、より多くの人と出会い言葉を交わし多くの世界に触れること。


自分1人でできることは、限られていますから。



ここまでなんだか偉そうなことを言って、僕自身も未だ狭い世界で生きています(笑)。
そんな自分を鼓舞すべくこんな支離滅裂なブログを綴ってみた次第です。ご容赦くださいませ(笑)。









不思議なこと、知らないこと、わからないこと…


英語でワンダーwonderと言います。


そのワンダーが一杯ある世界を


ワンダフルワールドwonderful worldと言います。


そう、素晴らしい世界です。



だからワンダー(知らないこと、わからないこと、できないこと)に出会った時に、嫌がってちゃいけない。むしろ、喜ばなきゃいけない。


自分の可能性を広げるチャンスなんだと考えてみる。


そう考えると、この世界はまさにワンダフルワールド。


まだまだ自分の知らないモノゴトに満ち溢れてるんだから。




【このワンダーのお話しは北海道でロケット開発をしている会社の社長さん植松努さんの講演での内容です。TEDでの 講演よかったらチェックしてみてください。】







《ウエノ》

太郎さんと花子さん

2017年11月16日

千里中央店

今週から寒くなり、もうすっかり冬したく




私が出勤する時、エレベーターで出会うご夫婦

「おはようございます。 お散歩ですか?」 と問うと

「二人で徘徊で〜す。途中喫茶店に二回ぐらい寄ってゆっくりして帰ってきます」

もうリタイアされ、優雅に過ごされている様子

名前はよく知らないので、 太郎さんと花子さんと勝手に呼んでいます




先日、車で出掛ける時、太郎さんと花子さんの散歩を見かけました

太郎さんはいるのに、花子さんは見当たりません!

先をみると、花子さんが待っていました。太郎さんはやっと花子さんに追いつきました

現役時代はさっそうとされていたのに…

「太郎さん ガンバレ!!」 と車のなかで呟きました。

私達夫婦で買い物に行った時

私が振り返ることが多くなったことに気が付きました。

私たちも太郎さんAと花子さんAに間違いありません!!

今度は四人で徘徊ですね。




      《ハヤミ》


「ドイツ・クリスマスマーケット大阪2017」

2017年11月15日

千里中央店

皆様こんにちは。


11月17日、今週の金曜日より新梅田シティ(梅田スカイビル)ワンダースクエアにて“ドイツ・クリスマスマーケット大阪2017”が開催されます。





会場に軒を連ねる24軒の木製の小屋“ヒュッテ”では、ドイツを代表する工芸品やクリスマスオーナメント、温かいグリューワインに香り豊かな焼ソーセージなどを販売。
その多くのヒュッテにはドイツ人スタッフが自ら店舗に立ち、コミュニケーション豊かに接客してくれます。
ヒュッテはもちろん、マーケットのシンボル的存在の新梅田シティ・クリスマスツリーや120年の歴史を持つアンティーク・メリーゴーランドは夜になると温かなシャンパンゴールドのイルミネーションに照らされ、会場全体が幻想的な光の世界に包まれます。



新梅田シティクリスマスツリー。



クリスマスマーケット大阪の目玉の一つ、120年の歴史を持つアンティーク・メリーゴーランド。



本場ドイツのクリスマスマーケットが丸ごとやってきます!!



ドイツの伝統工芸品。


クリスマスオーナメント。


ドイツクリスマスマーケットの名物、グリューワイン(ホットワイン)


ドイツフードも充実!!




ドイツクリスマスマーケット大阪は2002年から開催されていて、リピーターやファンも多いそうです。
本当にドイツに訪れたかの様な空間を、皆様も楽しんでみられてはいかかがでしょうか(*^_^*)
 


場所:新梅田シティ(梅田スカイビル)ワンダースクエア

開催期間:2017年11月17日(金)〜12月25日(月)

開催時間:月〜木 12:00〜21:00
     金 12:00〜22:00
     土・日・祝 11:00〜22:00







《マスヤマ》

『小次郎物語』

2017年11月14日

千里中央店

小次郎の定期検診がありついでに散髪を



大きな顔になってます(笑) 目も見え難くなって来ているので(笑)


以前のようには頻繁に血尿は出ないのですが、膀胱がどないなっているか心配でしたが


検査結果は良くも悪くもなって無く現状維持だそうです。


あまりお薬ばかり飲ますのも良くないので今回は膀胱のお薬無しで定期的にあげるフィラリアのお薬だけで様子を見ることになりました。




スッキリして帰ってきたのですが小次郎も8歳と半年が過ぎてますので散髪するのも疲れるのか
目がショボショボして夕飯を食べている時でも横に座らせろと訴えております。(笑)







何時もうるさい位欲しがるのですが  お疲れで寝ております。(笑)


まぁ次の日には完全復活してオネダリしてましたが〜(笑)(笑)



いつも言ってるけど(笑) 小次郎よ元気で長生きせえよ〜








ここからは創業120年以上の歴史を誇るフランスの老舗ブランド「LANVIN」フレームのご紹介です。




「LANVIN」は1889年、ジャンヌ・ランバンがパリに開業した婦人帽子店(メゾン・ランバン)が起源のブランドです。

ジャンヌが娘の為に作ったドレスが話題となり、その後、メンズ・レディースウェア、香水(アルページュ)、ランジェリー、インテリアなどを手掛け、ライフスタイルをサポートするグローバルブランドへ成長しました。]。

「バーバリー」などと並んで、現代服飾ブランドとしては最も歴史の長い部類に入るとされているそうです。




VLC518J ¥29.700+税




VLC519J ¥29.700+税

VLC524J ¥29.700+税



VLC525J¥29.700+税





どのモデルもシンプルでスッキリとしたデザインになっております。

さりげなくランバンを掛けてみたいと言うお客様にピッタリです。

ぜひ店頭でお試しくださいませ。




【ハマチャン】

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新記事