スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

『マグロ養殖』

2019年09月17日

千里中央店

『マグロ養殖』と言えば近代マグロだけと思ってましたが

日本の大手食品会社のマルハニチロもマグロ養殖をされていたのはご存知ですか?

場所は奄美大島








「産卵シーズンは毎日生け簀の周辺を調べて卵をいつ生んでいるかをチェックしていて

マグロの産卵は、主に夜に行われますが、まれに昼間に産卵することもあるそうで、夜の採卵は明かりが限られて大変みたいです。

それでも一度に何百万という卵を採取しているそうです。




せっかく稚魚まで育てても、マグロの稚魚は繊細で、振動や音、光などにも神経を使っていてても

朝になったら大量に死んでいる、少しずつ稚魚の生態を解き明かしていってようやく出荷にこぎつけられました。




マルハニチロ マグロ そのうち市場に出てくれば食べてみたいもんです。


代表的な『近大マグロ』も まだ値段が高くて食べた事が有りませんが(笑)



                                 【ハマチャン】

幾何学的なドラジェ。

2019年09月14日

千里中央店

こんにちは。



大人女子から支持の高い日本製の『Dragee' ドラジェ』
その『Dragee' ドラジェ』より当店でも人気のアセテートフレームGEOMETRIC(ジオメトリック)のご紹介です。


Dragee` GEOMETRIC 4 53 36,000yen+tax

モデル名のGEOMETRIC(ジオメトリック)とは、「幾何学的な…」という意味。


こちらは【幾何学模様のブログ みずすましの図工ノート】さんよりお借りしました。ありがとうございます。

モデル名に相応しく余分な装飾を廃し、左右の対称性を感じさせてくれる絶妙なバランスのレンズの形と大きさ。


Dragee` GEOMETRIC 3 53 36,000yen+tax

天地幅のあるキャットアイフォルムですが、線が細く軽やか。
サイドでさりげなく光るゴールドパーツが◎…大人の女性に脱カジュアルのセルフレームとして掛けていただきたいです。


Dragee` GEOMETRIC 2 53 36,000yen+tax

ジオメトリック柄はお洋服だとお洒落上級者さんの着こなしが必要だと聞きます。



しかし『Dragee' ドラジェ』GEOMETRIC(ジオメトリック)はそんな心配は無用です。シンプルで綺麗なカラーリングで、さりげなく素敵に貴方を彩ってくれますよ。



ホント、どの色も綺麗だわー。


ぜひ店頭でお試しくださいませ。


9月も半ばに差し掛かり、増税まであと半月ほど。消費税8%の期間もあとわずか。メガネを検討中の方は現在開催中の『増税前セール』をぜひご利用くださいませ。




《ウエノ》

『1970年代に時速400キロ』

2019年09月10日

千里中央店

今週は太刀魚のドラゴンネタで行くつもりでしたが、見事撃沈しましたので(笑)

車ネタで行かせていただきます。


1970年代に時速400キロを記録していた車です。


誰もがご存知のエンブレムマーク 「ベンツ」です。


いまはメルセデスベンツという名前ですが、メルセデスの名前の由来はご存知ですか?
  
「ベンツ」は創業者カール・ベンツの名前からきています。

「メルセデス」は、ダイムラー社の支援者である、エミール・イェリネックの娘の長女の名前からとられたのはご存知ですか?

2社の合併時にエミールは、多くの人々から愛されるのは「ダイムラー」という硬い響きよりも、女性の名前の方が愛着が湧くのではないかという理由からこの娘の名前が採用されたそうです。また、この時代はスペイン語の響きが流行しており、スペイン語でメルセデスは「優美」といった美しい意味が込められていて、親しみやすい響きもふさわしいということで、この名前が選ばれたのだと言われています。






メルセデス・ベンツC111。実際には発売はされていないのですが

発売されていたら歴史が変わっていたであろう幻のクルマです。


メルセデス・ベンツC111がおよそ50年の時を経て走行。
C111の第一世代は1969年のフランクフルト・モーターショーへと出展され、ウェッジシェイプやガルウイングの採用が話題を呼んだクルマ(ランボルギーニ・カウンタックの登場が1974年なので、当時としてはかなり斬新で衝撃的であったと思われます。

当時かなり多くの顧客の興味を惹きつけたと言われ、中には白紙の小切手をメルセデス・ベンツに送って「(C111を購入するから)好きな金額を書き込んでくれ」と伝えた人もいたようですね




インテリアは非常に豪華で、テストカーながらも当時としては珍しいエアコンや、高級オーディオシステムを備えるようです。


メルセデス・ベンツは様々なテストを行うために試作車を16台作り、実際に市販を行う予定だったとされますが、結局のところ「市販はなされず」。
その理由についてメルセデス・ベンツは語らないものの、ひとつは「グラスファイバー製ボディの生産性が悪かった」、もうひとつは「エンジン」そのものにあったのでは、と言われています。

このC111のエンジンについては「ロータリー」が予定されており、1969年に発表されたモデルは3ロータリーターボ/280馬力エンジンを搭載。
その後1970年には4ローター搭載で350馬力を発生するモデルも発表しています。
この4ローターモデルは0-100キロ加速を4.9秒でこなし、最高速度は時速300キロ。
当時のランボルギーニ・ミウラP400Sの0-100キロ加速が6.9秒であったことを考えると「どれだけ速かったか」もわかりますね。

しかしながらロータリーエンジンの燃費の悪さ、ローターの摩耗といった点から1973年にはロータリーエンジン搭載をあきらめてガソリンV8にスイッチした「C111/2」を制作。
こちらは350SL(R107)に搭載される3.5リッターM117エンジンを搭載し、出力はロータリーエンジンに比べて150馬力も劣る200馬力(この数字を見るに、当時出力を上げる手段としてロータリーエンジンが選択されたと思われる)。


その後C111はディーゼルエンジン搭載モデルのC111/2D へと発展。
これは5気筒OM617ターボディーゼル(190馬力)エンジンを搭載し、60時間を4人のドライバーで走るという世界記録も樹立(この中には平均速度記録-252km/h-など16の世界記録が含まれる)。

ただしこのターボディーゼルエンジンではメルセデス・ベンツの求めるような性能を発揮できず、その後1979年には4.8リッターV8ターボ(500馬力)を積んだC111/4も登場し、これはイタリアのナルド・サーキットにて時速400キロをマークしたとも言われます。



つまりメルセデス・ベンツは10年間もC111のテストを繰り返していたということになりますが、ついぞオリジナルとなるミドシップレイアウトのスポーツカーは「プロジェクト・ワン」に至るまで発売されることはなく、当時の「かなり製品化が難しかった」という記憶がメルセデス・ベンツ内に色濃く残っていたのかもしれません(相当な費用をつぎ込んでポシャったプロジェクトなので、引き合いに出すのもタブーだったのかも)。※コンセプトカーだとC112、CW311というミドシップカーが存在。1999年にはレーシングカーベースのCLK-GTRもある


発売されていたらスーパーカーの歴史が変わっていたかもしれないクルマ、メルセデスC111でした。 



                             【ハマチャン】

プトゥリのブロウ。

2019年09月07日

千里中央店

こんにちは。



カジュアルで肩肘張らないリラックスした雰囲気が魅力の国産フレーム『putri プトゥリ』

当店でも多くのお客様に支持をいただいております。

そんな『putri プトゥリ』から、印象的で可愛らしい、多くの女性に試していただきたいモデルが到着しましたのでご紹介させていただきます。


putri EP-857 C-4 45 28,800yen+tax

ブロウタイプのメタルフレームです。
(ブロウタイプとは、縁の上部…ちょうど眉の部分のラインが太く強調されたものを言います。)ブロウ=brow=眉

つい先日入荷したばかりですが、店頭に並べる前に早くもひとつが嫁いでいきました。だって可愛いんだもの(笑)。

レンズサイズが45ミリで、度数のお強い方にもピッタリ…レンズの作用で目が小さく見えてしまうのを、ハッキリしたラインと愛らしいブロウが、素敵にカモフラージュしてくれますよ。



このブロウ部分…横から見るとブラウンとパープルのラミネート生地になっていて、角度によって印象が変わります。
また明るいパープルの割合が大きいのでボリュームはありますが重たい印象にはなりません。実に小技が効いております。

世の中、クラシックなフレームが人気ではございますが、周りとは少し違ったアートな雰囲気のフレームで、メガネを楽しんでみませんか?

気になる方はお早めにどうぞ!!



話は変わって、先日の昼休みに話題の「カップヌードル味噌」を購入して食べてみました。



普通に美味しかったですし、確かにカップヌードルの味噌やな…って感じの味でした(笑)。
「おむすびに合うカップヌードル第1位」とパッケージに堂々と書いてありましたが、僕は今後もシーフードLOVE♡を貫いていきたいと思っております。

最後にどうでもいい話で失礼致しました(笑)。
みなさま良い週末をお過ごしくださいませ。



《ウエノ》

パルナイト ビアガーデン

2019年09月04日

千里中央店

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

今週末はせんちゅうパルで初の試みとなります

パルナイト ビアガーデン

が開催されます。



イベントでコンサートやチアリーディングもあるのですが
スペシャルゲストとして 元ラグビー日本代表の
木津武士 選手がいらっしゃいます。

ちょうど先週、今回の日本代表が発表されたところですよね。



ワールドカップの裏話なんてしていただけるか楽しみです。



同時開催で対南アフリカ戦がパブリックビューイングで開催されます。

こりゃ仕事帰りの寄り道決定ですね。

北摂を代表する箕面ビールも出展しますので
ビール片手に残暑を乗り切りましょう!


なかお

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新記事