スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

マナーとは何だろう。

2019年07月20日

千里中央店

こんにちは。


今週の木曜日、メガネのセンリが入っております商業施設「せんちゅうパル」で働く従業員向けに開催されたCS(顧客満足)セミナーの第2回目に参加してきました。

今回のテーマは『接遇マナー向上編』。





セミナーでの先生の一番最初の問いかけがこうでした。

サービスに携わっておられる方々なのでマナーが大切なのはご理解されてると思いますが、では「マナー」とはいったいどういうことでしょう?…と。


それを席の前後の4人でグループとなり何分間かでディスカッションして、その後グループ毎に発表するというもの。

「マナー」について考える時に「ルール」とは何かを同時に考えてみてください…というヒントをいただきました。

早速グループで思い思いに意見交換をします。

「ルールは決まりごと、人が共同生活する中で最低限守るべきことやもんな。」

「…って考えたらマナーとは何やろ?
んーっ、あらためて問われると、言葉にしようとすると難しいもんやなー。」

「マナーか、まーな…」
なんてお寒い発言は女子達に完全スルーされながらも(笑)

僕達メガネのセンリペアとカラーフィールドさんペアの4人で導きだした答えは…

相手のことを思いやる言葉、行動。
相手に不快感を与えないこと。



その後、先生に当てられた何組かのグループが順番に発表していくのですが、僕達の導きだした答えに近い内容でした。

そんな中、あるグループの発表がシンプルで非常に的を得てるなと感じました。

ルールは決まりごと、マナーは相手(周囲)を尊重した行動。

その答えに先生も拍手を送っていました。

「マナー」も相手(周囲)への尊重から行われる意識・無意識の行動、その考えがスッと腑に落ちました。

僕自身も普段から接客においては『尊重』と『共感』を大切にして行動しています。


そして。

『相手を思いやる心を目に見えるカタチに置き換えたもの』

先生が仰った言葉もさすが接遇セミナーの講師やなーと唸るものでした。


その他、笑顔の大切さ、挨拶、姿勢、表情、言葉遣い、身だしなみなど多岐にわたりご指導くださいました。

この日に学んだことを店に持ち帰り、お客様が少しでも気持ち良く自然体で店での時間を過ごしていただけるように努めていきたいなと思いました。

また先生は講師をされる前にCA(キャビンアテンダント)をされていたのですが、自らの事をとび職(飛び職)というお茶目な方です(笑)。経験談も面白く2時間がアッという間でした。

次回の講習会(3回目、4回目)が今から楽しみです。



最後に。

そのせんちゅうパルのイベントのご案内です。

2階北広場前のスペースで『芝生ナイトシアター』が本日7月20日19:00より行われます。(観覧無料)

『ジュラシックワールド』が上映されるそうですよ。



大雨や荒天の場合は21日に順延となりますのでご注意くださいませ。

僕も前回チラリと覗きましたが、とても良い雰囲気で、せんちゅうパルの見慣れた広場がいつもと違った空間へと変化します。



お時間のある方は、夕涼みも兼ねてぜひお立ち寄りになってみてください。

映画を観るのにメガネが必要な方で「最近見にくいんだよねー」という方、上映前に南側1階にございます「メガネのセンリ」にお越しくださいませ(笑)。



《ウエノ》

『ハマチャン釣り日記』

2019年07月16日

千里中央店

最近は色々な事が有りようやく落ち着いてきたので久しぶりに釣りに行ってきました。



タコも旬で良いのですが、今回はアジ釣りです(アジも今が最高に美味しいですよ〜).。



六時頃にはもうこれ位に日が昇っています。



お天気は風もなくべた凪で最高です。



使うエサが このアオイソメ



仕掛けが少し長いので、マグネッに針をつけてからまないように



周りではポロポロとアジが釣れているのですが、自分にはこの子です。(笑)



二時間位でようやく小振りなアジが




鬼アジにはほど遠いですね〜(笑)


天気は最高なんですがね〜







最後にドラマが待っていましたね〜





ガシラ君の下になって、少し見え難いですが〜




やったりました(写真は小さいですが)(笑)(笑) 





ハリス2.5号でしたのでやり取りに10分近くかかってしまいましたが、バレずに良く捕れました。



今年はこんなハマチがウヨウヨしているみたいですよ〜



                                【ハマチャン】

ブラックボード。

2019年07月13日

千里中央店

こんにちは。


最近、様々なお店の店頭で、手書きのブラックボードをよく見かけます。なんか良いですよね…雰囲気があって、個性もあって、印刷物よりも自然と目を引きます。

千里中央店でも、少し前から正面玄関右にブラックボードを置いております。



キレイな字ではありませんが、味があるなーと思っていただければ幸いです。

お店の取り組み、店内イベント、入荷状況、その他…ご案内していければなと考えております。




ところで。

このブラックボード用のホワイトペン。

ペン先の太さが何種類かあるのですが、この太字ペンでブラックボードに字を書く時の感覚がとても気持ち良いです(笑)。書いたことのある人はきっと共感してもらえるかと…。ザクッと引っ掛かるんだけどツーッと伸びてく感じが、ねーっ?!




このブラックボードが、店の前を通るお客様に、情報の提供もさることながら、時にホッコリしていただき、そしてそれがキッカケで店内を覗いていただけるような…言うなれば、僕たちとお客様との架け橋のような存在になってくれればな…なんて期待しております。


頼んだよ。ブラボー。

…ブラックボード略してブラボー、個人的にそう呼んでいます(笑)


今後も時折このブログ内でもブラックボードの更新内容をご紹介していければな…と思っております。

今後とも宜しくお願い致します。



《ウエノ》

『鳳凰』?

2019年07月09日

千里中央店

鳳凰がお寺の屋根から飛びたつ?




どうですか鳳凰のように見える孔雀!!(笑)(笑) 



「雨引観音」として親しまれている、茨城県の雨引山楽法寺で撮影された写真が話題を呼んでいるそうです。

雨引観音は雨引山楽法寺と申し、用明天皇2年(587年)梁の国人の法輪独守居士によって開かれた、厄除延命安産子育の霊験あらたかな延命観世音菩薩(国指定重要文化財)を本尊佛として、おまつり申し上げる坂東観音霊場第二十四番札所の名刹である(ホームページより)


雨引山楽法寺は桜や牡丹など花の寺として茨城県内では知られたお寺ですが

梅雨の頃はアジサイ寺としても有名で、境内に3000株のアジサイが咲いているそう。

この寺のもう一つの魅力は、数羽の孔雀が放し飼いされているので アジサイと孔雀の組み合わせの、珍しいコラボ写真撮影が撮れるかも?



今の季節 この様に紫陽花と孔雀のコントラストが綺麗な写真が撮れたら最高ですね〜




今年は無理やけど、来年見に行って挑戦してみるか〜(笑)(笑)


                                【ハマチャン】

雨天決行。

2019年07月06日

千里中央店

僕の大事なものは大事に思ってほしいんだよ
まるで子供の駄々ような言葉は口を出ずに
いつか描いた空想地図はぼろ切れになって何度捨てた?
そのたび何度白い紙に新たな地図描いた

誰に何を言われようとも
宝に価値は無いとしても
頭では判ってるけど
踏み出す足はもう止められない

やめない やめないんだよ まだ
足が進みたがってる
やめない やめないんだよ まだ
足が動きたがってる
やめない やめないんだよ まだ
はいはい 理屈は分かっても
やめない 覚めない夢の中で


6月26日。大阪城ホール。アンコールの3曲目『雨天決行』で約2時間40分全23曲のライブが幕を閉じた。(上記歌詞は一部を抜粋)



メンバーがステージから去ってもまだ会場の多くの観客は興奮状態で名残惜しそうにその余韻に浸っている。
僕もそのひとりだ。



曲を何度も何度も聴いて、ライブDVDを繰り返し見て、臨んだ今日のライブ…何日も前からワクワクして、ソワソワして、ドキドキして遠足の前の子供のような気持ちでこの日を迎えた訳なんだけど…

アリーナ席から観る生のパフォーマンス
メンバーと会場が一緒に作り出すその空気感。

僕の想像を遥かに超えていた。

自然に体が揺れたし、右手も突き上げてたし、自然に声も出た、そして優しい気持ちになれた。



そのバンドは『sumika (スミカ)』。そのバンド名の由来は「様々な人にとっての“sumika (住処)”のような場所になって欲しい」との思いから。

多くの人の居場所となれる音楽を目指すsumika のライブはMCもアットホームで温かく、初めて参加するファンにも優しく親しみやすい。



曲もバラエティ豊かで心が暖かくなったり、バイタリティが溢れ、生命力がみなぎっていくのを感じさせてくれたりもする。



冒頭で紹介した『雨天決行』は今から6年前の2013年sumika としてスタートし最初リリースしたミニアルバム『新世界オリハルコン』の1曲目に収録されている。そこからライブでずっと歌われ続けてきた彼等にとって決意表明のような大切な曲だ。



そしてそれは聴くものにも勇気を与えてくれる。

諦めない限り夢は終わらないんだって。


部屋の片隅6弦揺らし言葉を吐き出す
それだけの事 鼻歌が詩を抱いてる
それだけだよ

生まれ落ちた排泄物
汚くて恥ずかしいはずが
ごく稀にこういわれるんだよ
「綺麗だね 素敵なものだね」

やめない やめないんだよ まだ
心は嬉しがってる
やめない 殺れないんだよ まだ
足は動きたがってる
やめない やめないんだよ まだ
目を開いたままで見る
覚めない 枯れない 夢の中で



ヴォーカルの片岡くんが「また会いましょう!!病気とかケガとか気をつけて…死なないでね」そう言ってステージを降りた。


全ての画像は『sumika 公式Twitter』よりお借りしました。

その時思った。また必ず会いにこよう。絶対帰ってこよう。僕にとっても、住処(すみか)のようになったこの場所に。




年齢なんて関係ない 環境なんて関係ない 誰がなんて言おうと関係ない

僕もまだまだ新たな地図を描いて

雨が降っても、槍が降っても、やめない覚悟を持って

『雨天決行』

僕自身の信じた道を、歩みは遅くとも、一歩ずつでも、前に進んでいくつもり。



…まさかの決意表明?!(笑)


僕自身もお客様から教えてもらってsumika を聴き初めてまだ2年足らず…自分の中に『好き』が増えるのは幸せなこと。お客様にはホント感謝しています。
「まだ聴いたことないよ」って方はぜひYouTube等でチェックしてみてください。



《ウエノ》

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新記事