スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

Catch the moment.

2013年05月04日

千里中央店

前回のブログで西宮ガーデンズに行ったコトを書きましたが
買い物以外に実はもうひとつ目的があったんです。

そう、それは映画を見るコト。



現在公開中の映画ナオトインテイライミ冒険記「旅歌ダイアリー」を見るコト。



世界一周28カ国を515日間かけて、各地でライブを行い
世界の音楽と文化と触れあったひとり旅の経験を持つナオトインティライミ。
今年、彼は原点ともいうべき世界の音楽と人に触れあうために、もう一度旅に出た。
目的地は、過去訪れた地でもある南米コロンビアや初めて訪れる地
アフリカのエチオピアやカリブ海。各国の人たちと交流することで
旅の魅力を織り交ぜながら “音楽の素晴らしさ”を観る者に刻み込んでゆく。
そして、ナオト・インティライミが持つ《人間力》溢れる姿が、いま明かされる。



今回のナオトの旅はエチオピア、コロンビア、トリニダード・トバゴの3カ国。



思うようにいかない時、立ちはだかる様々な壁を前にした時
「たとえうまくいかなくても、必ずそこには意味がある」
「自分が動けば景色も変わる、動かなければ景色は止まったまま」って。
そんなナオトの旅を見ていて、本当の強さとはいつどんな時だって
前を向く事なんだなって気付かされました。



今回の旅を通して出来た曲がこの映画の主題歌でもある『Catch the moment』

こないだテレビに出てた時、確かこんな事を言ってました。
「今信号待ちなんかで、みんなすぐにスマホを覗き込んでて…
確かに現代ではコミュニケーションツールとして必要不可欠なモノではあるんだけど…
その瞬間にも顔を上げると、目の前の世界ではいろんなコトが起きていて…
それに気がつかないのはもったいないなって…
Catch the moment〜この瞬間を逃すな〜最近それを心掛けているんです」だって。



この映画を観る前と今とでは何かが変わったような気がしてます。
上手く言えずにゴメンなさい(>_<)

《ウエノ》

近視の方の便利なフレーム

2013年05月03日

南千里店

本日は、手元を見る時にメガネを外す近視の方に、掛け外しの煩わしさがなくなる便利なフレームのご紹介です。

単式ハネ上げと呼ばれるメガネフレームです。
単式とは、遠用レンズのみ入れて使うフレームのことで、下記画像にあるようなレンズを跳ね上げたら裸眼で手元を見るように作られたフレームです。もちろん、複式ハネ上げというものも存在します。
複式は跳ね上げたレンズの下にもう一枚レンズを入れられるフレームです。
普通のフレームの上にもう一つフレームが重なる感じになります。

今回は、単式フレームのご案内です。

『たまむら眼鏡』というメーカー様が作られていますハネ上げフレームです。


一見するとよくあるハネ上げ式メタルフレームですが、ワンタッチでレンズを上げることができ、さらにその強弱も調整可能な構造の眼鏡です。素材も今までの重いセルフレームではなく、軽量で高剛性なチタンを使用しテンプルは弾力性のあるβーチタンを使用することにより、顔にフィットし普通の眼鏡と比較しても遜色ない軽い装着感を実現しております。
眼鏡を外せば近くは見える方でまだお手元用の眼鏡を作る程でもない方、又はサングラス(偏光など)を使用されている方に最適です。

内部構造
回転動作軸が摩擦抵抗ではなく、バネの応力によって支持されるよう回転動作軸上に滑り止め用の凹部を設け、また応力を外部に取り付けたネジによって調整できる構造になっています。(特許第4883771号)
これにより、レンズを上げる際に眼鏡がずれる・上げにくい、レンズを上げた状態で使っていると下がってくる、と言うような問題も解消されます。



動画でもハネ上げた状態を紹介しております。



南千里店では、フルリムのKite・ナイロールのEagleの2型(共に¥29,800-)をご用意いたしております。


是非一度、このフレームの便利さと魅力を店頭にてご体感下さいませ。

《タカダ》

趣味のアクアリウム

2013年05月02日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

5月に入ったと言うのにこの寒さ。
明日から連休後半戦ですが皆さんどこかへ行きますか?
メガネのセンリは休みなく営業してますよ。  




私はどこにも行けないので、夜な夜な家庭で趣味の時間を過ごしています。
その趣味はアクアリウム
南千里の店頭にあるのと同型の水槽をセッティング中です。

私の田舎、東吉野村の川で集めた流木もこの日の為に取ってありました。

 

底砂は黒っぽい色を使用したので今は水が濁っていますが、
これは『レッドビーシュリンプ』という淡水のエビを飼うためです。

 
参考画像です。こんなイメージを予定!

上手に繁殖させていくと体の模様の白い部分が多い個体が生まれる事が。

これがエビ好きが求めるプレミアム個体です。
暖かくなったらいよいよ生体を仕入にいかなくっちゃ!

《なかお》

『歩・AYUMI』の手の内

2013年05月01日

千里中央店

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。



先日より取り扱いを始めました『歩・AYUMI』、
さっそくお得意様の元へと嫁いでいきました。
軽くて掛けやすいメガネをお求めでしたので
ご満足いただけると思います。

この『歩・AYUMI』はセルロイドでできています。
普通のセルロイドフレームはテンプル(つる)の中に
芯は入っていませんがこの『歩・AYUMI』は
チタン製の芯が入っています。
昔ながらのセルロイド素材にハイテク金属のチタン、
新旧技術融合したフレームです。

しかも普通は合い口の芯が丸見えですが
『歩・AYUMI』はセルロイドで合い口に封をして
汗や整髪料が入らないような工夫をしてあります。

 
『歩・AYUMI』合い口に芯は見えません   普通のアセテート 合い口に芯が見えます

随所にコダワリのある『歩・AYUMI』は
ゴールデンウィーク中、プチ・トランクショーを開催中!  

遠出しない方は近くの当店に遊びに来てくださいね〜

《なかお》

フラッシュバック。

2013年04月30日

千里中央店

昨日はすごく気持ちのいいお天気でしたね。

休日だった僕は西宮ガーデンズにお買い物へ。
3日間で100万人超の話題のグランフロントにとも思いましたが
人が多いだろうなと…。

最寄り駅の阪急服部駅から十三駅へ向かう車中
ドアの窓から流れゆく景色を眺めていました。
すると突然小学校の頃の映像がフラッシュバックしてきたんです。

僕は小学校4年の時十三にあるスイミングスクールに通っていました。
土曜日の授業は昼まで、昼ごはんを食べて近所の友達と遊んでると
オカンの声がして「スイミング行く時間やで、早う帰っといでやっ〜」「え〜っ」ってな具合で。


履正スイミングスクール(十三)

当時小2だった弟と電車に揺られて毎週通っていました。
毎月最終土曜日に進級テストがあるんですよね。
習い始めてしばらくは僕と弟と同じように仲良く進級してたんです。
ところが9級進級テストの合格者発表で弟だけ呼ばれて
僕の名前が呼ばれなかったんです。

その後、帰りの電車で僕ずっと無言だったんです。
何やろ、悔しかったんかなぁ…半泣きやったかも(/ _ ; )
最初は、はしゃいでた弟も僕の様子を見て無言になっとったなぁ。
十三から庄内までたった2駅だったけど、すごく長く感じましたね。
自分は兄貴やのにとか、何で弟の進級を喜んであげられへんのかとか
色んな思いが…ね。(T_T)



30年以上も前の思い出です。

いま息子も小4であの時の僕と同じ年。
ひとりっ子やから同じ気持ちは味わえへんけど
日々どんな事を感じて過ごしてんのかなぁって…


ちなみにこれからの季節に向けてお買い物。。。



《ウエノ》

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新記事