スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

メガネの七宝

2018年09月06日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

タイトルのように本日はメガネの七宝(しっぽう)について書かせていただきます。



七宝とは金属の素地にガラス質の釉薬(ゆうやく)を焼き付けて
装飾するのですが、メガネの場合はガラス質ではなく
樹脂的な材料でテンプル(つる)の側面に飾りとして
しつらえている場合が多いです。

樹脂なので使用環境により取れてしまう事も稀にあります。



永年ご愛用のフレームにレンズの交換をご注文いただきましたが
テンプルサイドの七宝が左右共に剥げてしまっていました。

お客様はそんなに気にしていませんでしたが、
やはり恰好の良いわけではありませんので…



下地のカラーを目立ちにくいアンバーカラーで塗装を施した後、
上地を特殊な樹脂で固めて七宝もどきの完成です。

剥げたままよりは見た目もGOOD! と思います。


ブランドロゴなども剥がれ落ちる場合がありますので
樹脂加工で繕う事もできますので、お悩みの方はご相談くださいませ!


《なかお》

「台風一過」

2018年09月05日

千里中央店

皆様こんにちは。


関空の浸水をはじめ、各地で相当な猛威を振るった台風21号が日本海北部で温帯低気圧に変わりました。





今年は8月だけで9個の台風が量産されました。。。
8月の月間発生数は平均5.9個とのことなので、平年の月間発生数を上回るペースで発生したことになります。


特に8月12日から16日は5日連続で発生。
台風の統計が残る1951年以降で初めてだったそうです。
これら8月に発生した台風のうち、15号は15日に宮崎県日向市付近に上陸し、九州を縦断。
また「ダブル台風」として話題となった19号は奄美地方を直撃。
もうひとつのダブル台風・20号は徳島県南部に上陸した後、さらに北上して兵庫県姫路市に再上陸し、西日本を中心に大雨をもたらしました。


そして例年だと約25個ほど年間で台風が発生するそうですが、今年はすでに21個。
この先あと何個上陸してくるのか。。。

台風が発生した際は進路予報をチェックして、今後の動向に皆様十分ご注意ください。



《マスヤマ》

【セル枠リム切れ修理】

2018年09月04日

千里中央店

お客様より修理のご相談を、枕元にメガネを置いていて踏まれたそうで見せていただくとセルフレームのリムが切れてます。



フロントパーツを手配して入荷するまでの間だけでも掛けていただけるように修理をします。








まずは折れたところに金属の芯を入れ手少しでも強度がつくように


常備しているアセテートの粉を溶かして接着していきます。






裏面にもセルボードを貼って補強を


ある程度乾燥させて仕上げを


完成です




フロントパーツが届くまでは切れずにもってよ~(笑)


枕元にそのままメガネを置くのはやめましょう。


必ずケースに入れて出来るだけ高い所に置いてくださいませ。

                              【ハマチャン】

台風と防災

2018年09月03日

南千里店

大阪では、日中はまだ35℃を超える暑さが続いています。本日も朝から日差しがキツイです・・・。

近畿圏へまた台風が向かっているようで、今回はかなり大型な台風のようです。
現在の台風21号の中心気圧が935hPaですから、かなり低い気圧を持った台風でして、今後も動向にも注意が必要です。

今回の台風21号は、1959年に発生した伊勢湾台風の進路に非常に似ているとのことです。しかし両者の違いとして21号のほうが勢力は弱く、前回の台風によって日本近海の太平洋がかき混ぜられているので海水温がやや低くなっており、日本に近づくにつれてその勢力は弱まっていくことと思います。

伊勢湾台風と言えは戦後最大の風水害を引き起こした強力な台風でありました。
犠牲者も明治以降最多となって死者・行方不明者合わせて5098人のものぼりました。

その大災害となった伊勢湾台風の教訓を生かして、翌年9月1日に創設されたのが『防災の日』であります。



広く国民が、台風、高潮、津波、地震等の災害についての認識を深め、これに対処する心構えを準備するための「防災の日」。

特に河川付近や山間部、山裾にお住まいの方は、前回の台風で災害が起こりやすくなっていると思われますので充分注意が必要ですね。


《タカダ》

映画のお話

2018年09月02日

南千里店


ミッション:インポッシブル/フォールアウト

世界数カ所の同時核爆発を防ぐミッションを担ったイーサン・ハントと

チームの前に、CIAエージェントが立ちはだかる。

最初から凄まじいアクションで目が離せません。

中でも、地上の相手をビルの上を走って追いかける場面で

飛んで次のビルへ激突、この時肋骨を折っていたのだと撮影秘話で

報道されていた箇所だけに、見ているこちらも痛く感じました。

次から次へと目まぐるしいアクション展開で

最後のヘリでのバトルは必見です。

《 フジイ 》

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新記事