スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

「多田銀銅山」

2018年05月18日

南千里店


伊丹市まで”新鮮野菜”を買い求めに行った休日、

あまりにも晴天で気持ちが良いので、

何処かへドライブに行こうと・・・こんなプランはすぐ決まる (笑)





三田市の「有馬富士公園」を目指して走り始めた・・・

兵庫県道13号線から12号線へと北上。


「清和台」「つつじヶ丘」を越え、「広根大水口」交差点手前で

『多田銀銅山』という道路標識を見つけたぁ〜〜

何だぁ〜??  こんなところに銅山なんてあったっけぇ〜〜



またまた、寄り道をするいつものパターンです。

慌ててハンドルを左に・・・有馬富士公園はどうなるの?? (笑)





山道を10分足らず走ると見えてきました「多田銀銅山・悠久の館」、

初めてなので、ここは??? 資料館みたいだなぁ〜〜




2015年10月7日・「国史跡に認定」の看板があり、

早速、「悠久の館」に入館してみる・・・(無料というのが嬉しい)



館内は・・撮影には許可がいります・・との張り紙があるので、

画像でご説明できないのが残念です。





国史跡「多田銀銅山遺跡」は豊臣秀吉が開発し、

昭和まで銀や銅が掘られた鉱山だと書いてある。




こちらの館では大阪・北摂地域にわたり広がった鉱区の説明やら

採掘に使われた道具類、古文書、古地図、絵図面などなど・・・

銀銅山の歴史が詳しく書かれておりますが、

ブログで説明出来るほど簡単なことではないので、割愛いたします。

 


他には、採出された鉱石なども置かれています。

触っても良いとのことで、実際の鉱石を持ち上げてみたのですが、

隣りにある普通の石と比べると、すごく重さを感じます。

やっぱり銀や銅が含まれた”鉱石”なんだと実感しました (笑)



古文書類には採掘に関わった、時代時代の人々の様子や

寛文元年(1661年)には幕府の直轄の鉱山となり、代官所が置かれ

番所が設置され、鉱山の管理された様子や、寛文4年(1664年)には

銀3,600貫目、銅75万斤を産出し、「銀山三千軒」といわれた

当時の賑わいぶりを示す資料が満載です!!!




次は向かい側に有る「悠久広場」

明治時代に操業された「堀家精錬所」の跡地が見学できます。

地上に残存するレンガ構造物とレンガ敷遺構の復元展示されてる他、

鉱山での生産工程や作業状況が詳しく説明されています。

・・が、私には難しすぎて殆ど理解できません・・(ア〜ァ)






山の斜面には、精錬する時の亜硫酸ガスを逃がす「煙道跡」や、

水抜き通風穴跡が今も残されています。

 



悠久の館の川を挟んだ向かい側には、かつて現存していた

天領地の「代官所跡」の建物跡や、「高札場跡」も見られます。

 




最後に15分位、山に登った場所に現存する「青木間歩」へ・・・



向かう途中で先を歩いていた妻の””ギィヤァ〜〜””という悲鳴!!

慌てて駆けつけると・・・その正体は”ヘビ”でした。(苦笑)

バカな私は写真を撮りました (笑)







鉱山の神様をまつった「金山彦神社」は全国各地の鉱山で建立され

こちらの多田銀銅山では、大同2年(807)に建立され、天禄2年(971)に

”源満仲”により修理がなされたという伝承が残っているようです。






「青木間歩」は江戸時代に採掘されたと思われる、手彫りの露頭堀りと、

削岩機などの機械を使って採掘された坑道との両方が見られ、

照明設備も有り、唯一、坑道内を体験できる間歩のようです。



「閉所恐怖症」の妻は、”絶対に入らない”と言うので・・・

私もあんまり好みではないんですが、一人で恐る恐る入ります・・・


中は坑道特有の湿気と薄暗さ・・・

でも鉱夫さんはここで、ノミと金槌でひたすら掘ったんですねぇ〜〜

そんな跡が、そこここに・・・手彫りなんて凄いことですよねぇ・・・

水やガスに苦しめられながらコツコツと、「頭の下がる思い」です。






違う目的から、思わぬ”鉱山”を見学できてラッキーというか、

今までこのような歴史ある場所を知らなかった

我が身の無知の恥ずかしさと言うか・・・



こうして訪れることが出来て、鉱山の歴史に触れさせていただけて、

良い休日を過ごすことが出来て、良かったぁ〜〜



”寄り道ドライブ”・・・これからもドンドン実行したいよぉ!!




今回は伝えたいことがいっぱいあって、

ダラダラと長い文章になったにもかかわらず、

最後までお読み頂いて、本当にありがとうございました (礼)




          《タケナカ》



日本眼鏡学会

2018年05月17日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

メガネの業界はとっても難しく、奥が深い。
一生涯、学び続けなければいけません。

メガネに関わる基礎的な研究から新しいメガネの情報、
フィッティングや加工技術など実務・応用面での
研究報告や情報交換の集まりを目指して、
1997年に「日本眼鏡学会」が設立されました。

先日、大阪市内で眼鏡学会年次セミナーというのがありまして
そちらに参加して来ました。



日本全国からメガネ店、眼科関係、素材メーカーなど
200人ほどが集まりました。



展示コーナーでは昨秋発表され、話題になった
“ボタン一つで度数の変わるメガネ”
がありました。



私も初めて目にする最新レンズです。
実際に掛けてみると、バッテリーの重みも感じにくく
販売もされているのですが、20万円オーバーに
尻ごみ!



メガネのセンリ・千里中央店にある最新式多覚屈折力解析装置、
この最新機器の技術シンポジウムが今回最大の目玉になりました。

日進月歩、進化し続けるメガネを
しっかり勉強して、お客様の期待に応えられるよう
これからも頑張っていく所存でございます!!!


《なかお》


「再入荷商品のご紹介〜LINVIN〜」

2018年05月16日

千里中央店

皆様こんにちは。


本日は再入荷商品のご紹介を致します。


“LANVIN collection”





VLC518J Col.0R52 \29,700+TAX





VLC518J Col.0H77 \29,700+TAX






VLC518J Col.0A40 \29,700+TAX


入荷してはすぐ販売となり、もう何回転もしている当店で密かに人気のモデルです。


カラーリング、デザイン、掛け心地などが丁度良い塩梅で、とても合わせやすいフレームになっております。


ご興味のある方は是非店頭にてお試しください。
皆様のご来店、心よりお待ち申し上げております。




《マスヤマ》

『ハマチャン釣り日記』

2018年05月15日

千里中央店

少し上向きになってきた和歌山へチヌ釣りに


釣果情報を見て皆さん来られています。



久しぶりに釣友と  気合マンマンです(笑)



雨水の影響で水温が安定していないのか、この時期で思い通りのポイントに掛けてもらっても魚からの反応がありません・・・



天気は最高なんですがね〜


ポイントを変えもらい少しして釣友に・・・  羨まし〜




慎重なやり取りで(笑)  羨まし〜





貴重な一枚   流石です。  羨まし〜(笑)


今年はいまだちぬの顔を見ていません(涙)


釣友はグングン上手くなっていきますが、自分は集中力も体力も無く
だんだんと下手になって行ってます。(笑)(笑)


この時季では当たり前にこれ位の釣果は出せてたのにな~




当日は沢山釣ってる人は居てませんでしたが、ボーズ組に入ってしまうとは(涙)


そろそろ潮時かな〜 チヌ釣りを卒業するのん (笑)(笑)





                     【ハマチャン】

掛ける人と共に歩み続ける『歩-AYUMI-』

2018年05月14日

南千里店

八十八夜を少し過ぎて、一雨ごとに夏に向かって気温が上がっていく今日此の頃。
大阪は朝から快晴で、今日は一日暑くなりそうです。


歩-AYUMI-

先月より品切れとなっておりましたアイテムの追加カラーが沢山届いてまいりました。

その中でも今回のイチオシカラーは・・・

こちら!


お色の名称はハーブティー。

硬派なブラックやブルー、べっ甲柄のようなタートイズは定番としてよく選ばれるお色ですが、この『歩』はカラフルなハーブが混ざり合いながら浮かぶティーポットの中のような、オシャレで楽しくなるカラーです。

元来、ハーブは心を落ち着かせる効果があるのはもちろん、古来よりお呪いの効果があるとされています。



映画『卒業』の挿入歌として有名な『スカボロー・フェアー』というイギリス民謡が元になったフォークロア調の歌の中に『パセリ、セージ、ローズマリーとタイム』という歌詞が繰り返し出てきます。

すべてハーブの名称です。

古来イギリスではこの4つのハーブの名には人間を惑わす様々な精霊や悪霊から身を護る効果があるとされていました。
故に、人々はおまじないとしてこの4つのハーブに自身を守ってもらおうとしていたんですね。



そんな心身ともに癒やしてくれるハーブの効果にならって、『歩』のハーブティーカラーのフレームはいかがでしょうか?^^


もちろん、その他の『歩』フレームもご覧いただけますので是非店頭にてお試しくださいませ。



人気のブラウン系に・・・



歩と言えば、艶が美しいAYUMIブラック。

歩のセルロイドフレームは全て福井県鯖江市の眼鏡職人様の手作りです!

手作りが故の工業製品には真似できない手間がかかっております。


特にこの写真にあります合口部分。
通常でしたらこの部分は写真右側のフレームのように金属芯がむき出しなのですが、歩はその部分をひと手間もふた手間もかけて同じセルロイドで蓋をしています。
蓋をすることによって、隙間からの汗や水分が染み込んで金属部分錆や緑青が出ないように工夫されているのです。

言われないと分からない部分ではありますが、こういった丁寧な仕事の積み重ねが高品質でありそして掛ける人に対する作り手の気持ちが伝わってくる温かみのあるフレームに仕上がるのだと思います。

満足度100%のセルロイドフレーム『歩』。

メガネがもっと好きになる、そんなフレームです^^

《タカダ》

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新記事