スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

本のお話

2018年09月09日

南千里店


実録 田中角栄
大下英治

二歳の時、ジフテリアにかかって高熱を出し生死の境をさまよった。

この病気が元で吃音となり、近所の子供達のように外に出て飛び跳ねることもなく

あまり外出しないで家で遊ぶことが多かった。

たまに外へ出ると、近所の子供達にいじめられた。

そんな彼が小学校で生涯の恩師に出会いこの言葉を授かる。

『 人間の脳は、数多いモーターの集まりで普通の人はその中の十個か十五個の

モーターを回しておれば生きて行ける。しかしこの脳中のモーターは

努力しさえすれば、何百個も何千個も動かす事も可能だ、

脳中のモーターが三分の一動けば天才である、半分動いたらエジソンになる。

全部動くとお釈迦さんになる。それには勉強するすることであり暗記する事である。

我々人間の頭脳の中は、数限りない印画紙の倉庫となっている。

自分が強く感ずれば印画紙は強く感光するし、弱く感ずれば露出される映像もまた

模糊たるものとなる、自分の姓名さえも書くことが出来ない老婆も真剣に

経文を教われば忘れる事もない、しかし脳中の印画紙は無数あり

しかも一度露出された映像は死ぬ時まで消えることが無い。

難解なものと取り組んで、我々は苦悩する。

全てを暗記するには、数は極めて多過ぎる。しかしそんな時も脳中のモーターは回り

印画紙に対する感光は維持して休む事がない 。』

田中角栄は、道路三法をはじめ33本もの記録的な議員立法をつくり

現在各党にいるリーダーのルーツは全て田中軍団である。

田中角栄が能力だけでなく人間性に温かみが無かったら、人は集まって来ない。

田中角栄が、下の議員から畏敬の念を込めて 『 オヤジさん 』と呼ばれる

最後の政治家ではないかと思う。

《 フジイ 》

光のない世界〜見えるとか見えないとか。

2018年09月08日

千里中央店

こんにちは。



今週日本列島を猛烈な勢いで襲った台風21号。その影響で大阪府豊中市も停電となり、午後2時過ぎから約半日の間電気が使えなくなりました。陽も傾き始めた6時過ぎくらいから周囲も薄暗くなってきて、7時を過ぎた頃には真っ暗になりました。

おもちゃの懐中電灯を点けて明かりをとります。



暗い部屋の中を移動するのに、最初はその都度、懐中電灯を使ってその方向を照らしていました。しかし暫くしてからは懐中電灯を使わなくても移動が出来るようになりました…ハッキリとは見えないのですが、普段慣れ親しんだ家の中ですから、配置などのイメージが頭の中にあるからでしょう。

そしてふと自分自身に起こるある変化に気づきました。

それは自分の中の視覚以外の聴覚とくに触覚が研ぎ澄まされてくる不思議な感覚でした。



このとき『目の見えない人は世界をどう見ているのか』(伊藤亜紗著)に書かれていた本の内容を思いだしていました。



目が見えない視覚障がい者と言われる方々が、この世界をどのように見てるのか…について様々な角度から著者の考えが書かれたとても面白い本なのですが、そこにはこんな事が書いてありました。

健常者と言われる目の見えている人間が『いかに目に映る表面的なものを見ているか』ということ。…【見えているようで、見えていない】

逆に、目の見えない方々が、視覚以外の情報を頼りに『脳内でその本質を見ている』ということ。…【見えてないようで、見えている】

見えてる人見えてない人。
それぞれ見ている世界は違う。
どちらが正しいとかいう事じゃない。
それぞれがそれぞれの世界を尊重すればいいだけのこと。
そして、目が見える見えない…そのことも身長が高い低いと同じように単に『ひとつの個性』として、お互いが意識しすぎることなく関係を築くことができれば、きっとそれぞれの世界がより広がりをみせるのではないでしょうか…と。


今回の停電により、ほんの少しではありますが、目の見えない方の見ている世界をリアルに想像することが出来たような気がしてます。




それから。

停電を体験した後に見たACジャパンのテレビコマーシャルのフレーズにハッとさせられました。

草薙剛さんがナレーションを担当されています。

[ある方は、杖で地面をたたく音、あえて強くしているそうです。
ある方は、通ります、と声を出して進むようにしているそうです。
今、歩行者の不注意によって視覚障害者の約2人に1人が接触事故に巻き込まれています。歩きスマホは、危ない。
見えるのに、見ていない人。その危険見えてますか。]




明るい場所であろうと暗い場所であろうと
目が見えようと見えまいと
関係ないんだな
心で見ようとしなければ
それは仮に網膜に像が映し出されていたとしても
たとえ脳内に映像が映し出されていたとしても
何も見てないことに等しいんだな
だってこの世界
ひとりでは生きていけないんだから



そんなことを思いながら、同時に『見る』ということに直接関わるメガネ屋という自分の仕事に、責任を新たにした一週間でした。





《ウエノ》

南千里駅前開発

2018年09月07日

南千里店


台風21号、怖かったですね!!

北摂地方の皆様は、如何だったでしょうか?

大きな被害は無かったでしょうか?



大阪北部地震の影響が残っておられる茨木・高槻の

地域の方に、さらなる被害が発生していないか

心配致しております。

千里ニュータウンでも、まだ停電の地区もあるようで、

信号機も消えたままの交差点も点在してます。


続けて昨日未明には北海道で震度7の地震発生!!

大きな被害が・・・

    
  (yahooニュース画像より)


このようなニュースは見たり聞いたりしたくないですが、

被災された皆様には少しでも早く日常生活が戻って

まいりますように、心より願っております。





こんな時なんですが、気分を変えてこんな話題を・・・



我が職場、南千里駅前の開発が少しずつですが進んでいます。

 

2018年の2月くらいだったと記憶していますが、

南千里駅側の津雲台地区から、南側の佐竹台地区へ、

新しい「陸橋」の一部が建設され始めました。



土地をならし、橋桁を埋める穴が掘られ始め、

同時にエレベーターの塔も建てられ始めます。

 


私は通勤途中にここを通りますので、思い着いた時に

写真を撮りためてまいりました・・・

 

エレベーター塔が形作られると同時に

何処かで部分部分を作られた橋のパーツが組まれます。

 


8月の終わり頃、エレベーターも完成、橋も完成・・・

 


やっと渡ることが出来るようになりました。

・・・と同時に今までお世話になった旧の歩道は解体



この後、半分未完成だった広場も整備される予定です!!





早く駅前が整備され、スッキリして、

地域住民の”いこいの広場”になり、

いろんなイベントに利用され、”楽しみの広場”にもなり

”南千里駅前の顔”となりますように願ってます!!



          《タケナカ》








メガネの七宝

2018年09月06日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

タイトルのように本日はメガネの七宝(しっぽう)について書かせていただきます。



七宝とは金属の素地にガラス質の釉薬(ゆうやく)を焼き付けて
装飾するのですが、メガネの場合はガラス質ではなく
樹脂的な材料でテンプル(つる)の側面に飾りとして
しつらえている場合が多いです。

樹脂なので使用環境により取れてしまう事も稀にあります。



永年ご愛用のフレームにレンズの交換をご注文いただきましたが
テンプルサイドの七宝が左右共に剥げてしまっていました。

お客様はそんなに気にしていませんでしたが、
やはり恰好の良いわけではありませんので…



下地のカラーを目立ちにくいアンバーカラーで塗装を施した後、
上地を特殊な樹脂で固めて七宝もどきの完成です。

剥げたままよりは見た目もGOOD! と思います。


ブランドロゴなども剥がれ落ちる場合がありますので
樹脂加工で繕う事もできますので、お悩みの方はご相談くださいませ!


《なかお》

「台風一過」

2018年09月05日

千里中央店

皆様こんにちは。


関空の浸水をはじめ、各地で相当な猛威を振るった台風21号が日本海北部で温帯低気圧に変わりました。





今年は8月だけで9個の台風が量産されました。。。
8月の月間発生数は平均5.9個とのことなので、平年の月間発生数を上回るペースで発生したことになります。


特に8月12日から16日は5日連続で発生。
台風の統計が残る1951年以降で初めてだったそうです。
これら8月に発生した台風のうち、15号は15日に宮崎県日向市付近に上陸し、九州を縦断。
また「ダブル台風」として話題となった19号は奄美地方を直撃。
もうひとつのダブル台風・20号は徳島県南部に上陸した後、さらに北上して兵庫県姫路市に再上陸し、西日本を中心に大雨をもたらしました。


そして例年だと約25個ほど年間で台風が発生するそうですが、今年はすでに21個。
この先あと何個上陸してくるのか。。。

台風が発生した際は進路予報をチェックして、今後の動向に皆様十分ご注意ください。



《マスヤマ》

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新記事