スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

ワークフィニッシャー

2019年06月14日

南千里店

先日、弊社社長と各店店長の3人でメガネの聖地・福井へ商品仕入れに

行かれた時に、店頭にて役立つグッズを買って来て下さいました。


「work finisher] (ワークフィニッシャー)といいます。





取扱説明書によると・・・


刃のないセラミック製、バリ・面取りように開発された商品!!

その他の用途では硬質プラスチックやアルミ、

アルミダイキャスト品、銅、真鍮などの非鉄金属の

バリ・面取りに適してると書いてある。




使用方法・・・

ワークフィニッシャーを、削りたいワークの部分に斜めに当て、

手前に擦るように引いて削り取るそうです。

この時ワークフィニッシャーを倒す角度(30〜70角度)と

加える力により、バリの取れる量が違ってくるとある。




そこへ、ちょうど適応できそうなお客様がご来店!!

ご使用中のフレームへ、レンズのみ、お入れ替えの発注あり。

レンズ別作中の間、フレームをお預かり出来るので実験開始。





こちらのフレームは、お買い上げより5年半が経過・・・

修復不可能なほど傷んでもいなくて、

先セル部分のツヤが無くなり、薄汚れている状態です。




ワォ、軽くセラミックの刃を当てるだけでスムースに削れていく。





今までは、カッターナイフの刃や300番〜400番の荒い紙やすりで

汚れを落とすところから始めていたんですが・・・





全然スムースに薄皮が剥がれていくような感覚です!!

カッターナイフの刃ですと、当てる角度を間違うと立ち込んだり、

深く傷ついたり・・・結局は後が面倒だったりするのですが、

滑らかに刃がセルの上層部を薄く削り取ります・・・



何だぁ〜〜この感触は・・・

今までに味わったことのない感触だぁ〜〜





セルを傷めることがなく、表皮だけ削るので

次にサウンド・ペーパーを当てる必要が少ない。

手間いらずで時間短縮で”楽ちん”です。





仕上がりも、写真では上手く伝わらないかもしれませんが

「良い艶」・・・してます。





クリングスパットを新しく交換するとご覧の通り・・・

新品同様(?)くらいの仕上がりです。

きっと、お客様にも喜んでいただけると確信致します。



その後、数人のお客様にも試してみましたが

いずれも簡単に上手く行きました。



セルロイド・アセテートフレームのみではなく

たまたまお預かりしておりました「べっ甲・フレーム」にも

挑戦しましたが、ご覧のような艶と輝きを取り戻すことが出来ました。

但し、こちらには1000番のペーパーで少し手伝いました。





これにはご依頼のお客様にも大好評!!

凄くお喜びいただき、お店のイメージ・アップにも繋がりました。





お預かりしなくても、少しだけ時間に余裕があれば

磨いて差し上げることが出来るようになりました。

綺麗になり、時間短縮もでき、双方にお得。



皆さま、”セル磨き” 私達にどんどんお任せ下さい!!!



          《タケナカ》












めがねフェス2019

2019年06月13日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

先週のブログで予告紹介しました、年に一度のめがねの祭典
 めがねフェス
めがねフェス に行ってきました。



ちょうどこの日が梅雨入り発表され生憎の天気でしたが
曇天の中、傘はささずにすみました。



本当に、めがね屋ではなく一般の参加者で盛り上がっています!
普段のめがね会館ではありえないくらい(笑)

めがね会館内の直売メガネ屋さんでは人と交差出来ないくらい
ごった返しています。



特設ステージではライブイベント。
こちらは福井県公認めがね大使、キューティーパイ。



一般人が楽しめるよう、めがねグッズやめがねがテーマの
スペシャル料理などが楽しめます!


大阪から車で3時間、来年もドライブがてら行きたいな〜


《なかお》


今月も福井、工場見学に行ってきました!

2019年06月12日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

勉強熱心というわけでもありませんが、本当にメガネが好きで
興味があるので今月も産地・福井県へ工場見学に行ってきました!



こちらの企業は福井県眼鏡産業発祥の増永眼鏡さん。
中は写真NGのためご紹介出来ませんが、全ての工程を
自社で賄える企業はこの増永さんだけです。

元々、メガネの産地は大阪だったのですが(明治時代)
増永仁左衛門さんという増永眼鏡初代社長が職人を連れ帰って
福井県で工場を開いたのが始まりです。

今や、日本製メガネの9割近くを福井県で製造していて
メガネ産地=鯖江というのも認知されていますね。




それ以外にも複数社の工場を見学させていただきました。

メガネひとつを作るのに70から100ほど工程が必要と言われています。
またこだわったデザインなら、その工程もウンと増え
それがまた職人さんによる丁寧な作業によるものです。



このような話はやはり、製造現場に行かなければ聞けません。
一つのメガネが出来上がるまで、多くの人の手にかかって仕上がります。




もう一つの楽しみはやはり、ランチですよね〜

鯖江市で有名な釜飯屋さんです。
釜の中には小さな茶碗で3〜4杯分も入っていて
食べごたえ充分のランチ。

勉強だけではありませんでした。



《なかお》


『みんなが焼肉を好きなのは?』

2019年06月11日

千里中央店

今週も釣りネタはお休みです。


焼肉



多くの人が好物と回答する焼肉なんですが、なぜみんな好きなのだろうか。考えたこともなかった疑問なんですが、


「科学的にも『幸せだな〜』と感じるから」という。


どうやら肉にしか含まれていない成分が影響しているようです。

焼肉を食べると幸せになれる なぜ「幸せになれるのか」を科学的に説明

その科学的根拠がこのような仕組みです。

体には必要不可欠なアミノ酸である「アラキドン酸」が、幸せを感じさせてくれるそうです。このアラキドン酸は体で生成することができず、また野菜から摂取することもできないらしく。つまり肉を食べることでしか「アラキドン酸」の幸せを感じることはできないそうです。

このアラキドン酸が舌を通じて快感中枢を刺激するだけでなく、摂取した後に脳で「アナンダマイド」という物質に変化しさらに快感中枢を刺激するという。肉だけ食べると、「食べた直後」と「数十分後」と2回の快感を得ることができるようです。


本当の最強は親子丼だそうです。(笑)

さらに、ご飯のようなブドウ糖を同時に摂取することで、幸せ効果が増すという。肉に含まれるトリプトファンという物質がブドウ糖とくっつくことで幸せ成分であるセロトニンになり、快感中枢をさらに刺激するようです。

肉+ご飯の組み合わせで合計3回分の快感中枢への刺激を味わうことができる。アラキドン酸は、鳥の胸肉に最も多く含まれており、サーロインの2.5倍の量を保有しているそうです。


「鳥の胸肉+ご飯」の組み合わせである親子丼が1番幸せになれるそうですよ〜。



以上この子が説明してました(笑)



















自分は親子丼は少々苦手ですし


焼肉に行ってもこっち系なんですよね〜





この身体に悪そうな脂が最高ですよね〜(笑)




                                  【ハマチャン】

本のお話

2019年06月10日

南千里店


螢草
葉室麟

主人公は菜々という16歳の少女。

彼女が3歳の時、父親が城中で刃傷沙汰を起こして切腹

祖父と母が相次いで死に彼女は、出自を隠して奉公に出ることに

風早市之進の家で女中働を始めた。

奥方、佐知から優しく教え導かれてゆく

優しい佐知が病気で亡くなる、

菜々は佐知の最後の願いを引き受ける。

二人の子供達を守り育てることを

市之進に罠が仕掛けられ捕らえられる。

家を二人の子供たちと出て野菜を売って生活することに

風早家のため菜々は孤軍奮闘し、ついに勝負に挑む

菜々の生き様に感動。

《 フジイ 》

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新記事