スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

春、見っけ!

2019年04月12日

南千里店


こんにちは〜〜

桜だよりが、盛んに聞こえ”花見シーズン”の今日此の頃、

お元気にお過ごしでしょうか?

”寒の戻り”などと嬉しくない言葉も有りながらも

確実に春はやって来ていますね!!




そんな先日の休みには、能勢の里山に春を探しに行ってみました。

久しぶりの能勢方面へのドライブです。






実は、この日の主目的は”卵かけご飯”を食べたかったんです。

しかし・・・残念ながら、お店は営業してたんですが(物販だけで)、

”卵かけご飯”は、現在お休み中だとのこと。


え〜っ、なんでぇ〜〜



その訳は・・・奥様がお目出度で(そういえばお腹が大きい)、

お客様の食事の用意が出来ないので、ご出産までは休業とのこと。

そりゃ〜、仕方がないわぁ〜〜・・・おめでとう御座います!!





それじゃあ、お弁当買っていつもの”長谷の棚田”でのんびりと〜〜






棚田は、まだまだ田植えまでには早く、土が耕されているだけでした。


しかし、あぜ道には”春”が満載でした。

”ふきのとう” ”つくし” ”タンポポ”などなど・・・


 




私はあぜ道の草花を覗きながら、ブラブラ歩きが大好き。



幸せの象徴である”四つ葉のクローバー”見つけましたぁ〜〜〜



日本では古来より、三つ葉は「希望」「信仰」「愛情」の印

残る1枚は「幸福」のシンボルと言い伝えられてきました。

そのために「四つ葉のクローバー」は幸せの象徴なんですって・・・





まだ、ちょっと小さい目ですが四葉は四葉、

”幸せ” やって来いよぉ〜〜〜〜なぁ〜んてね!!



しかし、里山の畑や田ではご覧のようにネットと電線が張り巡らされ

鹿やイノシシの動物被害から守られています。

もう少しして作物を植え、青葉・若葉が荒らされないよう準備。





山奥でなく里山ですら・・・このように撃退しなければ駄目なように

自然環境が破壊されつつあるんでしょうねぇ〜〜問題です!!




その一方では・・・”桜”咲いていました!!





「桜並木」とはいきませんが、桜の下で佇むと

風の匂いや、遠くで鳴く”ウグイス”の声が聞こえてきて

体中で”春”を感じることが出来た穏やかな休日でした!!



これで明日からの”活力満載”、充電出来ましたぁ〜〜〜



やっぱり、私は”里山”の景色に癒やされます!!



          《タケナカ》




強度レンズ、お受けできます!

2019年04月11日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

メガネを使っておられる方、ご自身がどんな度数かご存知ですか?

一般的には裸眼視力が0.1未満にもなればメガネ無しでは
生活ができないので 「度数がつよいんです」 なんて言われますね。



レンズの度数はD(ディオプター)という単位であらわします。

0.00〜3.00D位の方は弱度度数

3.00〜6.00D位の方は中等度数

6.00D以上の方は強度度数

10.00以上にもなるとかなり強い度数と言われます。

実際にレンズメーカーさんで作ってもらえる最強度は
凹レンズで20.00D、凸レンズで16.00Dくらいです。

が、この度、レンズメーカーのニコン・エシロールさんで
 エクセプシオ という限定レンズの
販売店に認定して頂きました!

この限定レンズは今までの製作範囲にとらわれず、どんな度数でも
製作に挑んで頂けるとの事。



こちらが実際のレンズ。 凹レンズの108.00D!!!

さすがにレンズ中心部しか度数をあらわせませんが出来ちゃうんですね。

もうひとつ凄いのが、この度数を使っている人。

職業はカメラマンだそうです。
このレンズを通してどんな世界を見てるんでしょうね。



こちらは乱視度数が30.00D

薄い部分は触ると手が切れてしまいそうに鋭利です。


実は2000年に日本のニコン社とフランスのエシロール社が合併し
今回はフランスの工場にてこのレンズを作っているそうです。

メーカー曰く、「需要がある限りNOとは言いません。」

けど、そのすごいレンズをどうやってフレームに入れるのでしょう?

こちらは販売店の腕にかかっている!?


何はともあれ、受注は出来るようになりました。

まずはご相談くださいませ。


《なかお》


「入学式」

2019年04月10日

千里中央店

皆様こんにちは。


毎度毎度、私事で恐縮ですが、先日我が子(双子)の入学式がありました。
今回は双子(クラスが別々)ということで卒園式に続き、入学式もいってまいりました!!



入学式へ向かう道すがらの図


ウチの双子は男女の双子で、よーするに息子と娘なのですが、最近顕著に娘の方が私を嫌がるので(泣)、入学式では息子の方に付いておりました (苦笑)


校門をくぐると小6のお兄さん、お姉さんたちが新一年生を教室まで優しく案内してくれるのですが、我が子達はその時点で緊張でガチガチの様子でした(笑)


つつがなく式も終わり、それぞれ教室に戻り、教科書や学年だより、その他諸々の説明書などを貰ったのですが、それとは別に登録制でツイタもんというICタグも貰いました。



ICタグの図


ICタグ装着の図


ランドセルにこのICタグをつけて、校門を通過するとICタグが感知し、その時間が記録され、校門通過の記録は親の携帯電話に登下校メールとしてリアルタイムで配信されるというシステムです。


自分が小学校時代にあったような全体的な大らかさというか、いい意味でゆるい感じが無い昨今に、親達からすると安心のシステムかも知れませんね。。。



まあ、何はともあれこれから6年間楽しんで、そして何事もなく元気に成長していって欲しいものです。








《マスヤマ》

『セルフレーム』鼻パット修理

2019年04月09日

千里中央店

今日の出勤途中 市内の桜はこんな感じです 平成最後やなぁ〜(笑)





今週はフレーム修理ネタで





埋め込み型のクリングスのピンが途中で折れているので


左のクリングスも抜いて乗せタイプのパットに付け替えいたします。



ハンダ鏝で熱を金属に伝道させて抜いて行きます。



上手く抜けました


新しいパットを付けて、抜いた穴を埋めていきます。



アセテートの生地を細かく削った粉を溶剤で溶かし



くぼんだ所に流し込みこれを3度位繰り返して、表面をキレイにならして仕上げていきます。



                           【ハマチャン】

本のお話

2019年04月08日

南千里店


春雷
葉室麟

豊後・羽根藩を舞台に

羽根藩筆頭家老の推挙を受けて、士官を果たし

あっと言う間に、藩主兼清の寵臣にまで登りつめた男、

多聞隼人の生き様を描いたお話です。

厳しい年貢取り立てや処罰の様から、人々に鬼隼人と恐れられる男の過去

悲しい過去を持つ男の決意。

『 鬼の最後を見届けよ 』と大きく両手を広げ胸に弾を受け

隼人は笑って、『 大願成就 』とつぶやく。

何度も読み返したくなる最後でした。

《 フジイ 》

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最新記事