スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

ヒトiPS細胞から眼全体の発生再現と角膜上皮組織の作製に成功

2018年08月14日

千里中央店

ヒトiPS細胞から眼全体の発生再現と角膜上皮組織の作製に成功という事ですので


難治性の角膜疾患の患者さんにも期待が持てる朗報です。



ポイント
ヒトiPS細胞から眼全体の発生を再現させる2次元培養系を世界で初めて開発。
この培養系で得られる同心円状の帯状構造(SEAM)から機能的な角膜上皮組織を初めて作製。
iPS細胞を用いた角膜上皮再生治療法へのヒトへの応用や、眼のさまざまな部位の再生医療開発に寄与。


大阪大学 大学院医学系研究科 脳神経感覚器外科学(眼科学)の西田 幸二 教授、林 竜平 寄附講座准教授らの研究グループは、ヒトiPS細胞に対して、細胞自律的注1)な分化を促し、眼全体の発生を再現させる2次元培養系注2)を開発しました(図1)。これまでは眼の後ろの部分(網膜や網膜色素上皮など)のみを誘導する技術は報告されていましたが、眼の前の部分(角膜や水晶体等)と後ろの部分(網膜や網膜色素上皮等)の両方を同時に誘導できる技術は本成果が世界で初めてです。

失明につながるような重篤な角膜上皮疾患に対しては、ドナー角膜を用いた角膜移植術が行われてきましたが、拒絶反応や、ドナー不足の問題も抱えています。これまでにヒトiPS細胞から角膜上皮細胞自体を分化誘導・単離し、機能的な角膜上皮組織を作りだす技術は確立されていませんでした。

本研究において開発した培養系では、ヒトiPS細胞から同心円状の4つの帯状構造からなる2次元組織体(self−formed ectodermal autonomous multi−zone:SEAM)を誘導できます。SEAMには発生期の眼を構成する主要な細胞群(角膜上皮、網膜、水晶体上皮など)が特定の部位に出現します。このSEAMの3番目の帯状構造の中から角膜上皮前駆細胞を単離し、機能的な角膜上皮組織を作製することに成功しました。さらに、動物モデルへの移植により、ヒトiPS細胞由来角膜上皮組織の治療効果を立証できました(図2)。

本研究成果は、iPS細胞を用いた角膜上皮再生治療法のヒトでの応用に大きく貢献すると期待されます。さらに、角膜のみならず、眼のさまざまな部位の再生医療の開発に寄与する可能性を秘めています。



図1 SEAM(self−formed ectodermal  autonomous multi−zone)

(A) ヒトiPS細胞から誘導したSEAMは眼全体の発生の再現で、同心円状の4つの帯状構造からなる。
(B) SEAMの特定の部位に発生期の眼を構成する主要な細胞群(角膜上皮、網膜、水晶体上皮など)が出現する。




図2 SEAMからの機能的な角膜上皮組織の作製


ヒトiPS細胞から誘導したSEAMから、角膜上皮前駆細胞を単離した後に、重層化したヒト角膜上皮組織を作製。動物への移植により、ヒトiPS由来角膜上皮組織が治療効果を持っていることが確かめられた

ヒトiPS細胞から誘導したSEAMから、角膜上皮前駆細胞を単離した後に、重層化したヒト角膜上皮組織を作製。動物への移植により、ヒトiPS由来角膜上皮組織が治療効果を持っていることが確かめられた

<研究の背景>

外傷や病気により角膜上皮の幹細胞が失われると、周辺の結膜組織が血管を伴い角膜へ侵入するため、角膜透明性が失われ、失明に至ります。このような重篤な角膜上皮疾患に対しては、同種(他人由来)ドナー角膜(アイバンク眼)を用いた他家角膜移植術が行われてきましたが、拒絶反応のため治療成績は限定的で、またドナー不足の問題も抱えています。西田教授らはこれまで、この問題解決のために、口腔粘膜の上皮細胞を代替細胞として移植する再生治療法(自家培養口腔粘膜上皮細胞シート移植:COMET)を開発し、臨床応用を行ってきました。本治療法により、従来の角膜移植術に比較して良い成績が得られるようになりました。しかし、一方で、長期間観察により、角膜と口腔粘膜の性質差に起因すると考えられる事象が生じるために、COMETの効果は限定的であることが明らかとなってきました。例えば、角膜内への血管侵入が生じて角膜が再混濁する例があることなどです。

患者さん自身の細胞から角膜上皮細胞を作成することができれば、この問題を解決できます。ヒトiPS細胞はあらゆる細胞系列へ分化可能な多能性を持ち、かつ、免疫拒絶を回避可能な自家細胞源にもなり得るため、難治性角膜疾患に対する再生医療のための細胞源として期待されています。しかし、これまでにヒトiPS細胞から角膜上皮細胞自体を分化誘導・単離し、機能的な角膜上皮組織を作りだす技術は確立されていませんでした。そこで西田教授らは、角膜上皮細胞自体を得るために、ヒトiPS細胞を用いた新規角膜再生治療法の開発に取り組んできました。


<本研究成果が社会に与える影響(本研究成果の意義)>

本研究成果は、iPS細胞を用いた角膜上皮再生治療法のヒトでの応用に大きく貢献すると期待されます。さらに、SEAMは、これまで不明であった、ヒト眼球の発生の仕組みを詳細に解析することを可能にするとともに、角膜のみならず、眼のさまざまな部位の再生医療の開発に寄与する可能性を秘めています。



角膜や網膜だけではなく眼の様々な部位の再生が可能になる?夢のような医療のお話しです。



ハマチャンらしくないお話しでしたので(笑)(笑)


帰省してきたチビッ子ギャングの写真を

三人の孫の集合です。







賑やかになりました    アカン 可愛すぎや〜(笑)(笑)


この子たちが大きくなるころには再生医療凄いことになってるんやろな〜
                              【ハマチャン】

こども絵画コンクール作品募集中!

2018年08月13日

南千里店

ただいま、メガネのセンリでは10月7日、8日の両日に開催される『目のすべて展』にて行われる『こども絵画コンクール』への応募作品を募集しております!



『目のすべて展』は、毎年10月1日のメガネの日と10月10日の目の愛護デーの間に行われる、大阪府眼科医会が主催するイベントで、目に関する病気や治療方法等の有名医師を招いての講演や全員参加の目に関するクイズ、メガネレンズに関する最新の情報など盛りだくさんの内容となっております。



毎年たくさんの聴講者で会場は満員になります。


その展示会場内で展示、そして来場者による投票で入選作品を決めます。
今年のテーマは『メガネで始まるステキな出会い』です!


過去の目のすべて展での展示風景

テーマはありますが、お子様には自由な表現で絵を描いていただければOKです!
メガネのセンリで応募用紙をお渡ししておりますのでご興味のある方は是非お子様一緒に楽しい絵を描いてみませんか?

応募用紙はPDFでもダウンロード出来るようにもしておりますので、応募要項をご覧いただき是非、ご応募お待ちしております!

PDFファイルダウンロード
2018年こども絵画コンクール表面
2018年こども絵画コンクール裏面

《タカダ》

映画のお話

2018年08月12日

南千里店


劇場版コード・ブルードクターヘリ緊急救命

テレビで見て面白かったので、早速行ってきました。

予想どうり、大変面白く落涙シーンもあり感動作品でした。

今回は、救命だけでなくもっと重いテーマを取り上げたり

親子間の苦悩を取り上げたり、と目が離せません

またドクター藍沢が感電して心臓が止まる。

結末は。どうなる

《 フジイ 》

累進帯長(るいしんたいちょう)。

2018年08月11日

千里中央店

こんにちは。



以前のブログでもご紹介させていただいた『アンバレンタイン 』のBLANCA。
自分用として、2週間程前から店頭でもプライベートでも掛けています。

お客様から褒めていただくこともあり、僕自身とても気に入っています。


anne et valentin BLANCA A193 44 47,000yen+ tax

さて、今回のレンズですが、もちろん遠近両用にて作成しました(笑)。

度数も、これまで使用していた度数に比べて、加入度数(近用度数)を1段階強くして1.75に、累進帯長(遠用部から近用部までの長さ)をこれまでの14ミリから12ミリと短くしてみました。

しばらく掛けてみての感想はというと…

掛け始めは目線を少し下に向けるとボヤけを感じてしまい、正直これまで通り14ミリにしとけば良かったかな…と思いました。
しかし、その感覚にもすぐに慣れて、あまりの近くの見やすさに、やっぱり12ミリで良かったな…と思い直した次第であります。


先程から12ミリだ14ミリだと、何の話し?何を言ってんの?…そんな声が聞こえてきそうですが。

遠近両用の掛けやすさ、使いやすさを左右する要素のひとつに【累進帯長】があります。

【累進帯長】とは遠用部から近用部までの長さのことを言います。

メーカーによって様々な【累進帯長】がありますが、今回は12ミリを『短め』、14ミリを『標準』、シンプルにお伝えする為にこの2つでお話しをしてみます。


遠用部から近用部までが『短め』だと、近用部に視線が届きやすいため、近くは見やすいです

『標準』だと近用部が2ミリ下になり視線が届きにくいため、近くは『短め』に比べて見にくいです。
(アゴを上げたり、メガネを持ち上げると見やすくなりますが…)

遠近両用なんですから、近くは見やすい方がいいですよね。



では『標準』のメリットは何処にあるのでしょう。

それは単純に【累進帯長】が『短め』よりも2ミリ長いことにあります。

どういうことかと言うと。

それは近用ポイントが下の方にあるため、歩くときに足元がボヤけにくく歩きやすいこと…言い換えれば、違和感を感じにくいということです


それからもうひとつ。

累進レンズは1枚のレンズに複数の度数が入りますのでレンズのサイドの部分に『ボヤけ・揺れ・歪み』がでます。
そこを視線が通ると、慣れるまでは違和感を感じます。設計上これはどうしようもないです。

『短め』は、このサイドの部分の『ボヤけ・揺れ・歪み』が、『標準』に比べて大きくなります。短い累進帯長に度数を詰め込むため、サイドに皺寄せがくるからです。

同じ度数ならば、掛け心地(装用感)は『標準』の方が間違いなくいいです。

やっばりメガネは違和感なく掛けれる方がいいですよね。



いったいどっちがええねん?


…そう思ったあなた

メガネのセンリにご相談ください。

近くの見え方を重視されるか、掛け心地(装用感)を重視されるか…ご要望をお聴きして…

それぞれのメリット、デメリットをしっかりとお伝えし、それぞれ、視線やアゴの使い方、注意点などテストレンズで装用体験をしていただいたうえで…

あなたの度数、装用歴、ライフスタイルに合わせた、ベストな累進帯長の遠近両用レンズをご提案させていただきます(笑)。


どちらがいいかは人それぞれ。

それを見極めて、暮らしの中で快適にメガネをお使いいただくように努めるのが僕たちの仕事です。




ただいま『2018 サマーフェスタ』好評開催中です。暑い日が続いておりますが、ぜひこの機会にお立ち寄りくださいませ。





《ウエノ》


猛暑と蝉

2018年08月10日

南千里店



相変わらず猛暑の毎日が続きます!!



そんな中、我々スタッフ一同「決算セール」の

DMポスティングに頑張りました!!



みんな帽子やタオル、そして水分補給や塩飴などなど、

工夫をして”熱中症”にならないように注意をしながら・・・



私たちだけでなく、メーカー様の強力なお手伝いも頂きました。

本当に暑い中有難う御座います。心より感謝申し上げます!!




セールは8月31日までなんですが、店頭の素敵なフレームや

お買い得品から売れていっております!!

お忙しいでしょうが、お早めに覗いてみて下さいませ。

いろいろご提案させていただけますよ!!




ところでこの猛暑の日々、「蝉」や「蚊」の活動が

例年よりも鈍いと報道されておりますが・・・





確かに真昼の一番暑い時間帯は、例年より少し静かかなとは

感じますが、私見では朝夕はそんな事ないと感じてます・・


ミーン・ミーンと鳴いてるよりか、むしろジィー・ジィーと

一種の騒音のような声で鳴いています。

特に私の住まいする処では緑が多いためか、

それはそれは、うるさいです。



玄関ドアを開けた瞬間に聞こえ、一瞬引くくらいの騒音。

鳴き声を聞くだけで、急に体中から汗が吹き出すくらい (笑)



朝、5時過ぎから鳴いています。

まぁ、それよりか早くに起きたこと無いので不明ですが・・・

夜20時前に帰宅時もまだ鳴いています。

それどころか、昨夜は23時頃にも聞こえていました。

まぁ、午前中よりかは耳障りな声では無いですが、

都会の蝉は、いつ眠るのでしょうか??





子供の頃は、夏休み中”蝉取り”の網を持って

一日中追いかけ回していたものです・・・

今思えば、何であんなに夢中になれたんだろう??

母に宿題したかと叱られながら、汗だくになりながら・・・


「若さ」って凄い体力なんですね!!

そして、夜はクーラーもない時代にぐっすり眠れて・・・

もう一度子供に帰れても、同じことするんだろうなぁ〜〜





「蝉」の寿命は儚いものと言われています。

命のある限り、精一杯鳴いて子孫を残して土に帰る!!


自然界の営みはどんな時代にも”不変”ですよね。



          《タケナカ》

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新記事