スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

「セルシーみんなのあの頃展第2弾開催です」

2019年01月16日

千里中央店

皆様こんにちは。


当店があるせんちゅうパルの隣りの施設、セルシーにて昨年11月ごろに開催され、多くの人が足を止めて観ておりました写真展、セルシーみんなのあの頃展の第2弾が本日より開催されます。





大阪にせんちゅう(千里中央)ができて48年。
1970年代の高度成長期から現在に至るまで、千里ニュータウン開発の記録写真や、この街の成り立ちや変遷をテーマごとに写真で展示するというこの企画。













ご年配の方々は、古き良き時代の郷愁からか足を止め展示を眺め、若者たちは新たな発見と、昔と今の違いを新鮮に感じて写真たちを眺めて行くようです。
この街に在住の方々が撮り続けてきた数々の写真で、千里中央という街と、そこに住む人たちの移り変わりを、住む人たちの視点で観ることができる、中々興味深い展示会です。


展示場所の1つが当店の目の前となっておりますので、ご来店の際は是非一緒にみんなのあの頃展もご覧になってみられてはいかがでしょうか(*^^*)




《マスヤマ》

『キッズフレーム』鼻パッド カスタマイズ

2019年01月15日

千里中央店

今回は『キッズフレーム』の鼻パッドをカスタマイズ ネタで行かせていただきます。



小学生のお子さまで、以前も他店さんですが増永さんのジュニアフレームを掛けられていて

今回もご希望で同じシリーズのフレームになり、お取り寄せして掛けていただくと

まつ毛が当たると言うので鼻パッドの高さをカスタマイズする事に




当店では色々な種類のパッドをご用意しておりますが小学生のお子さんにそのままつけて合うのが無いので少し加工を


お鼻の感じからでしたらNishimuraの141-428が良い感じなのですが



そのままでは高すぎるので、まずはついてるパッド2oの高さまで削るのですが


鼻に当たる向きをより良いように少し角度を付けて削ります。


途中角度と高さを見るのに(仮)につけて見ます。





後は綺麗にに貼るだけでなのですが これが難しい(笑)


仕上がりはこんな感じです。







昨日納品させていただきましたが、まつ毛に当たることなく掛けれて


お子さまにも気に入っていただけたみたいで、喜んで掛けて帰られました。


                             【ハマチャン】

映画のお話

2019年01月14日

南千里店


こんな夜更けにバナナかよ愛しき実話

いきなり深夜二時に、『 腹へった、バナナが食べたい買ってきて 』

この場面から映画が始まります、

なんてワガママな奴と思いました。

たまたま彼氏のボランティアについて行き、バナナを探し出した彼女

その後ボランティアに参加するも、あまりにもワガママすぎる

筋ジストロフィーの彼に『 あなたは何様なの 』とキレる。

しかし彼の懸命な生き様を知る事で深い感銘を受ける

二十歳までの寿命と言われた彼が四二歳まで懸命に生き

自分でボランティアを募集して、彼が亡くなるまで500人の方々に

支えられて彼は旅立ちました。

彼が亡くなってからも、時々彼の母親の元にかつてのボランティアの方々が

集まり、彼の想い出を語りあって過ごすそうです。

自分の生活を犠牲にして尽くされたボランティアの方々

筋ジストロフィーでも、懸命に生きた鹿野靖明

今回も素晴らしい映画でした。

【 フジイ 】

本日は、「南千里とんどまつり」が開催されますよ!

2019年01月13日

南千里店

小正月(1月14〜15日)の頃、「とんど焼き」というお焚き上げの行事が行われます。



やぐらを組んで、正月の松飾り・注連縄(しめなわ)・書き初めなどを家々から持ち寄り、火を焚べて燃やします。
これからの一年間の無病息災を祈って福火と共にお焚き上げするこの行事は全国各地で行われておりますが、各々地方によって呼び名が違っているんですね。

自分は「どんと焼き」というふうに親から聞いたのをそのまま覚えておりました。
当時、子供会で各家庭に飾っていた注連縄や飾り物などを集めて稲刈りの終わった田んぼに建てられたやぐらに持っていった記憶が蘇ります。
自分ら子供達は、そこで焼かれた餅や芋、配られるお菓子目当てで頑張って各家庭を回っておりました(笑)

「左義長」の名称は火祭りの正式名称らしく、その他で「どんど」「とんど」「どんと」などと呼ばれているようです。

南千里店のある吹田市では「とんどまつり」の名称で、千里南公園の一番奥の円形広場にて14日(祝・月)の夜にお焚き上げが行われます。
受付は午前10時より午後6時30までとなっております。




南千里公園でのとんどまつりは、自治体主催の中では結構昔からおこなわれているようで、昭和45年、大阪万博が開催された年から始まったとのこと。

最近は正月飾りをしないご家庭が多く、更に近隣からの煙害による苦情もあって各自治体も取りやめになったり縮小せざるを得なくなっているようで、寂しい限りではあります。

《タカダ》

ル・マレ。

2019年01月12日

千里中央店

こんにちは。



今日はフレームのご紹介を。

昨年誕生したNEWブランド『LE MARAIS ル・マレ』

フランスにある有名な地区の名称を冠し、上質で本物をもとめる大人の男性のためのブランド。

そのコレクションの中から当店ではテンプル(メガネのサイドの部分)がバッファローホーンのモデルをセレクト。

天然素材が纏う雰囲気や上質感、実際に掛けた時の肌あたり。
これらは巷にあふれる樹脂系フレームのそれとは一線を画します。


それではご覧くださいませ。






LE MARAIS LM-5004 C-2 55 128,000yen+tax

フロントはブローラインを強調したスッキリした印象のナイロールタイプ。
サイドはカチッとした幅広のバッファローホーン。
キリッとした知的な印象でビジネスにも最適で、相手に安心感や信頼感を与えることが出来るでしょう。もちろんプライベートでも。

フロントの素材はチタンで軽量、そして高品質なMADE IN JAPAN。
耳の部分の曲げ調整も可能となっておりますので最適な掛け心地をお約束。

また、画像ではわかりにくいですが、天然素材ならではの個体差による柄の違いがありそれもまた魅力、それもデザインと考えると唯一無二のフレームとも言えます。


ブルーの素敵なメガネケースと高級感漂う化粧箱。

2月にはこのモデルのブラウンホーンが入荷予定となっております。
こちらも入荷次第ご紹介させていただきます。お楽しみに。


ル・マレ(Le Marais)は、フランス、パリの歴史的地域である。長く貴族が居住した地域であり、歴史・建築的重要性の高い多くの優れた建造物がある。パリの3区から4区にかけて広がっている地域であり、日本ではマレ地区の名で知られる。リーヴ・ドロワト(Rive Droite)と呼ばれるセーヌ川右岸の地域にある。
【wikipediaより】










『LE MARAIS ル・マレ』ぜひ店頭にてお試しくださいませ。



《ウエノ》




カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新記事