スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

『大坂北部地震』

2018年06月19日

千里中央店

この度の大阪北部地震により尊い命を失われた方々に、心より哀悼の意を表します。


また、被災された皆様、ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。


皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。






千里中央店昨日は交通手段が寸断されていたため、スタッフが出勤できなかったので臨時休業させていただきました。

本日より通常営業させていただいております。






自分がすんでいる地域では、今回の地震の影響はほとんどなったのですが

娘がすんでいる駅前のスーパーでは水・カセットボンベ・カップめんなどが品切れしているらしく

近くのスーパーに様子を見に行くと

品切れではないですが有名な商品は無くなってるぐらいで、水やカセットボンベなどもまだありました。




とりあえず娘たちの分を含めて両手に持てるだけ買ってきました。



熊本地震の様に続けて大きな地震が起きるかもしれませんので皆さんも十分お気を付け下さい。





                         【ハマチャン】

地震

2018年06月18日

南千里店

皆さまおはようございます。
今朝7時58分頃、大阪北部で震度6弱の地震がありました。



地震の影響があった皆様は無事だったでしょうか?余震による二次災害も懸念されますので、皆様くれぐれもお気をつけ下さいませ。

吹田と豊中にあるメガネのセンリは、おかげさまで店内は無事でした。
ただ、吹田の店舗は水道やインターネットなどは止まったままで復旧には時間がかかりそうです…。

私自身の住まいも近辺でしたので、朝から大変でした。
棚のガラス戸が外れて割れたり、趣味のモデルカーが棚から落下して半数以上がダメージを受けてしまい、その様を呆然と眺めながら溜息しか出ませんでした。
自分自身もかなり凹んでいます…。

ガラスなど片付けられないまま出社してきたので、帰宅したら片付けするのに憂鬱です。

今回の地震は上町断層での揺れだと言われています。
このあたりの断層は小規模の地震は多いのですが、M6やM7クラスは稀で、今回震源が浅かったせいもありM6クラスになってしまったようです。

今後の余震に十分注意したいと思います。

《タカダ》

「万引き家族」

2018年06月17日

南千里店



万引き家族

国際映画祭で最高賞パルムドールに輝く【 人間ドラマ 】



        (画像は上記よりお借り致しました)


血の繋がりの無い子供を育てる貧しい家族に、新たに寒さに震える

じゅりを見かけ家に連れ帰る、明らかに虐待を思わせる傷だらけの

彼女見て、世話をすることになる。

家の持ち主である初枝の年金で暮らし足らないぶんを万引きで生活

血の繋がりはないが幸せに暮らしますが、初枝の死とともに崩壊

男の子の万引きを見てじゅりが同じ事をする、それを見て

『 妹にはさせるんじゃない 』と諌める年老いた店主

このシーンに感動

子供にとって、ひとときの安らぎを得られた家族であり

たくましく成長できたのでは

じゅりの最後のシーンをお見逃し無く。

【 フジイ 】

碧き魂〜日本代表と『歩』。

2018年06月16日

千里中央店

こんにちは。



4年に一度のサッカーの祭典『FIFA ワールドカップ ロシア大会』が14日の開幕戦ロシア対サウジアラビアからスタートしましたね。7月15日の決勝戦までの1ヶ月間世界中の人達がそのプレーに魅了され熱狂します。





このロシア大会では、国際サッカー連盟(FIFA )に所属する208の国と地域の中から32チームが出場。
ヨーロッパ13、南米4.5、アフリカ5、アジア4.5、北中米カリブ海3.5、オセアニア0.5、開催国のロシア…と地域別に出場枠が決まっているので、日本よりFIFA ランキングも上で実力のあるヨーロッパや南米のチームが出れなかったりするわけです。


僕が初めてワールドカップに触れたのはマラドーナの為の大会と言われた1986年のメキシコワールドカップでした。それはもう衝撃でした。そして夢中でした。
中学の昼休み時間のサッカーではマラドーナよろしく、とりあえず参加しているクラスメイト相手に本気のドリブルで5人抜きだ6人抜きだとはしゃいでいた記憶が…(笑)
公式球のアステカも懐かしいって人多いんじゃないかなぁ。






日本代表はと言えば2002年の日韓開催を含め今回で6回目の出場。今では出場自体が当たり前のような感覚になっていますが、僕が中学生の頃は日本がワールドカップに出場するなんて夢のまた夢。
それが1993年のドーハの悲劇、ワールドカップ初出場を決めた1997年ジョホールバルの歓喜を経て、現在があります。







ワールドカップ直前最後の12日のパラグアイ戦は4対2と西野監督初勝利。直前になってようやく日本のサッカーの形が見えてきたのではないか…と期待しております。

まずは初戦のコロンビア戦…4年前のブラジル大会では1対4と大敗しましたが、その借りを返すリベンジの時。
少なくとも勝点1以上をゲットして勢いをつけていきたいところ。





さあ、行こうぜ!!






さて、今日ご紹介するのは日本代表の『歩 AYUMI』より。


代表のファーストユニフォーム『勝色』のブルーを思わせるのがこの歩ブルーです。





歩 L-1010 5122 52 29,500yen+tax


本当に綺麗な深みのある紺色。


鼻パットに白のセルロイドを挟んだ状態で削り出したアクセントのあるモデルも。



歩 L1023 5122W 54 33,000yen+tax


磨き上げられたセルロイドが放つ色艶が、掛ける人に凛とした気品と颯爽とした自信を与えてくれます。


セルロイドが持つ適度な硬さがもたらすホールド感、さらに金属パーツにチタンを用いることで、非常に軽量で快適な掛け心地となっております。





碧き魂を纏ってサッカーも人生も連戦連勝と参りましょう!!




《ウエノ》

実相院門跡

2018年06月15日

南千里店


お義母さんのお墓参りに、妻と一緒に出掛けました。

「京都」にあるので、年に2度ほどのペースで参ります。



掃除をして、お花を供えて、手を合わせ、家族の現況を報告します。



山の中や遠方に、ポツンとお墓だけがあるよりは、

京都にお墓があると、ついでの”観光”も出来て両得です。

子どもたち夫婦も、京都観光に出かけるとお参りしてくれてます。

しかし、観光目的ではなく、お墓参りが”主体”ですからね。(笑)



なので、もう一つの目的である寺院めぐりに出掛けます。

今回は一度行ってみたいと思っていた『実相院門跡』へ・・・




こちらの寺院の住所は、京都市左京区岩倉上蔵町121。

京都市内でも大分”北”方面にあり、

上賀茂神社を越え、宝が池公園を過ぎ・・・

後少し走ると”貴船や鞍馬”まで行けるような場所にあります。



実相院のホームページの情報によりますと、『門跡寺院』とは、

その寺院の住職を天皇家の血を引く方々が務められることだそうです。

それは格式の高い寺院のことで、代々皇室から大きな支援を受けて

栄えていたそうで、とくに室町時代から江戸時代にかけては

天台宗寺門派では数少ない門跡寺院の随一とされていたようです。





当時はここで、格式高い家柄の人々が集い、和歌の会や

お茶会を開いていたそうで、その頃の様子がわかる古文書の

数々が今も残っていると記されています。




私は、恥ずかしながら”門跡寺院”の謂れを知りませんでした!!

今回初めて・・そうなんだぁ〜〜・・と、知った次第です。

長年生きて来たのに、知らないことばかりです(苦笑)








さて、難しい歴史の話はここまでとし・・・

皆様もこの寺院の情報は、一度は耳や目にしたことがあるはず・・・



秋になると必ず京都の観光情報として・・”床もみじ”・・と、

お聞きになったことがありませんか??

そうなんです・・寺院の床にお庭の紅葉が映り込む・・あれです。


今は初夏なので”床みどり”と表現されています!!


寺院室内は「撮影厳禁」なので、写真をお見せすることは叶いませんが、

入場パンフレットの写真を写したものです。

こちらの”紅葉”版、ご覧になられたこと、ありますよね??



ピカピカに磨き上げられた床に映し出される”緑”

周りの襖絵は、代々の狩野派によって描かれております。


見事なものです!!!

『 一見の価値あり 』です!!!


秋の「床もみじ」も、もっと色合いが鮮やかなんでしょうが、

秋は観光客が多すぎて、今日のようにゆっくりとは楽しめないと思う。






縁側に出ると、”緑一色”の日本庭園と、苔むした手洗い。

こんな景色、大〜ぃ好きです。 ホッとやすらぎます!!


反対側のお庭は、最近(2013年春〜2014年秋)にかけて

小川勝章氏監修により、市民参加で作庭されたようです。

『こころのお庭』と題され、日本国を表現した石組みと苔。

真ん中の苔の島は、ハート型に造られています。






何を表したかは、それぞれ皆様のこころに問いかけて下さい。



あまり観覧者がいらっしゃらないので、縁側に座り、

自分の”こころ”と向き合い、暫し瞑想の世界へ・・・

遠く比叡の山並みを借景にした、良いお庭でした。(心、ゆったり)









ゆっくりと悠久の時を過ごさせていただいた帰りの出口で

「御朱印帳」に御朱印をいただきました。

昨年の”お伊勢参りの旅”に、思いついて御朱印帳を買い求め、

1ページ目は「外宮」から始まり「内宮」へと・・・



いつも忘れないように車に積んでいるのに、それでも忘れる!!

今回は忘れずに、ちゃんと集印させていただきました。



また一つ増えて、満足・満足・・・です。



実相院の「床みどり」、この目でしかと見れて、

また一つ良い思い出を積み重ねることが出来ました!!!



           《タケナカ》
          






カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事