スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

「道の駅 神戸フルーツ・フラワーパーク大沢」

2018年05月25日

南千里店


青空が広がる休日は、どうしても一日家ではいられない!!

前々から気になっていた場所へ・・・レッツ・ゴー・・・



『 道の駅 神戸フルーツ・フラワーパーク大沢(おおぞう) 』


神戸市北区大沢町上大沢2150・・に、あります。





偶にランチに行く「丘の上のビアレストラン」から車で10分、

「神戸三田プレミアムアウトレット」から5分くらい、

「めんたいパーク神戸三田」からもすぐ近くの場所にあります。



時々近くを車で走っているので、一度は行こうと思いながら、

なかなか行く機会がなくて、今日になってしまいました。



”道の駅”というくらいだから、幹線道路のすぐ近くかと思いきや、

小高い丘の上にありました。周りは山ばかり・・・





近づくに連れて、大きな広い敷地で驚きました!!

駐車場も広い広い・・1500台、駐車可能だって。

なんたって嬉しいのは、24時間無料ということだぁ〜〜




ここはホテルも在り、施設全体が”ヨーロッパ風”の建築!!




入り口ゲートから、こんな雰囲気です。

階段の周りは色鮮やかな”花・花”

さすが、フラワーパークというネーミングの通りです〜〜



ゲートの手前左側には・・「遊園地・神戸おとぎの国」

楽しそうな歓声が聞こえてまいりますが・・・



高齢の私たち夫婦には、今の所、縁がありません。

しかし、後一年もして”孫たち”が歩けるようになると、

ここを訪れると、楽しいやろうなぁ〜〜

それまでは、孫たちと走り回れる体力を維持しておかなくっちゃ!!



さて、ゲートをくぐり抜けると・・・

正面には噴水と広場、その奥にホテルの建物が格好良く見えます。



右手に回ると、こんなオシャレな中庭と藤棚が・・・

ベンチに腰掛けて、暫し憩いの空間を楽しみます。





レストランは勿論、ベーカリーやカフェテリア・・・

そうそう、結婚式場もありました。良い式が挙げられそうです。


メインはBBQ(バーベキュー)コーナー

食材を買い求める場所もあり、手ぶらで来てもOK。

若者たちやファミリーに超人気です。(そりゃソーダ・わかる〜〜)





モンキーズ劇場・乗馬場・プール・ゴーカート・・・

何か一つくらいは楽しみたいなぁ〜〜と話した私たちは、

お猿さんの芸が観られる劇場にしようと思ったんですが、

開演時間スケジュールに合わなかったので・・・



初めての経験・・「パターゴルフ」ってやつをやってみることに・・



ゴルフを一度もしたことがない夫婦ですが、

パターゴルフくらいなら出来るやろぉ〜〜という甘い考えで・・・

思うように転がってくれないボールにイライラします(ア〜ァ、ため息)

妻曰く、”魔の13番ホールやぁ〜〜!!”・・と、悔しそう!!

それでも、楽しかったですよぉ〜〜





こんなヘルシーな、野菜中心のランチをいただいた後は、

最後の楽しみに残していた「バーデハウス大沢温泉」へ・・・



北神戸だから、有馬温泉のすぐ近く・・・

地下で温泉がつながっているのか、有馬とおんなじ鉄分の温泉。

タオルまで茶色になるような、こんなお湯です!!



画像はホームページの画像をお借り致しました。



ゆっくり温まって、体の芯からポカポカと・・・

こんな良い所、なんでもっと早くに来なかったんやろう??

もったいなかったなぁ〜〜




駐車場無料だけでなく、この施設に入るのも無料!!

しかし、各イベント会場では入場料が必要です(笑)(当たり前やろ〜〜)



お弁当持ってきて、多目的広場で綺麗な花見ながら食べたらベスト。

お金掛からないし、山に囲まれて空気も美味しく、気持ちいい!!




「道の駅」っていっても、ホント、いろいろな施設があるもんですねぇ〜〜



ここは”フルーツパーク”でもあるので、年中咲き誇る花以外に

季節ごとのフルーツ狩りも大いに楽しめるようです。



面白かった!! また行ってみます!!
          



          《タケナカ》












利き目、知ってますか?

2018年05月24日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

利き手というのは皆様ご存知ですが、

利き目ってお聞きになられたことがありますか?


手や足と同じように、よく使う側を利き目といいます。


人は、利き目を軸としてしっかり見ていて、

もう片方の目は立体像を作るために

補助的な役割をして立体的に物を見ています。


利き目は、普段は意識せずに使っていますが、

スポーツなどで意識的に使う場合もあるそうです。


専門的に言えば…

利き目の本当の名前は、『優位眼』といい、

利き目でないほうの目は『非優位眼』といいます。


もちろん、メガネ合わせをする際も考慮しなければいけません。

なかなかご自身では利き目を調べるのもむずかしい場合があるので

メガネのセンリ・スタッフにお気軽に相談してください。


当店の最新式アイポイント測定器でも利き目検査ができます!


さて、利き目の事で面白い記事を見つけたのでご紹介いたします。


利き手が右、利き目が右
(割合74%)
利き手が左、利き目が左
(割合16%)
利き手が右、利き目が左
(割合8%)
利き手が左、利き目が右
(割合2%)

なんと、この組み合わせによって
性格の特徴もわかるようです!

1.利き手が右、利き目が右
(割合74%)
左脳優位で論理的思考が得意です。
物事の核心を捉えることができ
人々をまとめるリーダーに向いています。

2.利き手が左、利き目が左
(割合16%)
右脳優位で芸術性に優れており
感性が豊かです。
直感力があり、人が考えていることや本性
嘘を見抜く力に長けています。

3.利き手が右、利き目が左
(割合8%)
左脳寄りで、小さな変化や物事の
細部にもよく気がつきます。

4.利き手が左、利き目が右
(割合2%)
右脳左脳ともに優れており、ある1つの分野に対して
天才性を発揮することがあります。
歴史上の偉人にこのタイプが多いですが
興味のある分野以外のことには
無関心になりがちです。

う〜〜ん
なるほど
貴方はどれですか?


《なかお》


「親子参観」

2018年05月23日

千里中央店

皆様こんにちは。


先週の土曜日にお休みをいただき、我が子(双子)の休日参観に幼稚園へいってまいりました!


うちは男女の双子なのですが、クラスが別々なので、妻が娘のクラスで、私は息子のクラスへ。。。





まずは歌から開始でしたが、みんな大きな声で上手に歌っておりました!!


ふれあい遊びは親子でペアになって一緒に遊んでいたので、すっかり写真を撮るのを忘れておりました(苦笑)


最後は遊戯室でクラス対抗でゲームをして盛り上がりました!!
(特に園児たちの勝ちに対するこだわりがすごかったですw)






普段、家では見る事の出来ない子どもたちの姿を見ることができ、我が子の成長を実感するとともに、もうこんなに大きくなったんだなぁという、少しの感慨にひたった一日でした(*^^*)





《マスヤマ》

『紫陽花』

2018年05月22日

千里中央店

今朝出勤時の紫陽花です。


一週間前位から色付き初め今年も可愛く咲きました(笑)

玄関前にいくつかの植物があるのですが、若い時から植物にはまったく関心が無かったのですが

水やり担当になってからは(笑) 少しづつですが興味が出てきて

花が咲いていくすがたを見ているのも中々良いもんやな〜と思えるようになってきました。(笑)(笑)


家の中にも沢山の植物があります。


その中にはこんなものまで・・・  


嫁さんが以前食べたアボカドの種を植えたらしく、ようやくここまで大きくなったそうです。(笑)











AYUMIフレーム入荷しております。






是非店頭にてご覧くださいませ。

皆様のご来店、心よりお待ち申し上げております。




                     【ハマチャン】

蛍の光

2018年05月21日

南千里店

5月26日より、万博公園内の日本庭園にて『万博記念公園 螢の夕べ』が開催されます。


毎年5月後半に開催されているこの催しは、万博公園のイベントの中でも特に人気があります。


今のお子さんはホタルを実際に見る場所も機会も無いと思います。
もしかしたら若い親御さんも・・・。


風がなく、蒸し暑く、今にも雨が降りそうな天候時が一番活動的になると言われているホタル。

万博記念公園では、ゲンジボタルとヘイケボタルの2種類が見られます。ゲンジボタルは曲線を描いて「ぽわーん」と黄緑色の光を放つのが特徴です。対してヘイケボタルは直線的に飛ぶのが特徴です。



ホタルが発光し、飛び回る夜8時すぎが、ホタル探しには絶好のチャンスとなります。ご家族で天然イルミネーションを是非ご鑑賞ください。

万博記念公園 螢の夕べの開催期間は5月26日〜6月10日まで。



また、千里緑地でも同時期にヒメボタルが鑑賞できます。
ヒメボタルは、黄色く強めの発光で、水が全くない場所でも生息することができます。


ヒメボタルは吹田市の天然記念物に指定されております。


昨日は大量のヒメボタルが発光していたようです!

特定非営利活動法人すいた市民環境会議のHP内にてヒメボタルの発光状況をモニタリングされておりますので是非参考までに。


まだまだチャンスはありますので、幻想的な淡い光を楽しんでみませんか?

《タカダ》

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新記事