スタッフブログ

TOP > スタッフブログ

映画のお話

2019年06月17日

南千里店


アラジン

小さな船で、父親が子供達に語りかけるシーンから始まった。

砂漠の大国、貧しいが心清らかな青年アラジンが

王宮を抜け出した美しい王女、ジャスミンとの出会い

さらに三つの願いをかなえてくれるランプの魔神ジーニーとの出会い

魔法の力でアリ王子に変身し

アリ王子らが王宮前を行進するシーン

アラジンとジャスミンが魔法のじゅうたんで旅をするシーン

映像の美しさと歌がよかった。

今回は吹き替えでしたが、字幕版も見てみたいと思える作品でした。

《 フジイ 》

令和初の眼鏡アワード『M.E.E』

2019年06月16日

南千里店

眼鏡業界の中では、年間を通して全国各地で様々なイベントが開催されます。

先の弊社ブログ内でも紹介しましたメガネの聖地・鯖江で行われた一般参加者型イベントの『メガネフェス2019』や、我々業界内での新作展示会が大阪・名古屋・東京で開催されたりと、毎年時代の流行を加味したデザインのメガネが登場するのです。

そんな中、メガネフレームはもちろん、レンズやパーツ、我々が使用する眼鏡機器など、眼鏡業界内で働く人たちが「これが最高にいいんじゃない?」と思う製品を選定する『M.E.E ーモストエモーショナルアイウエアー』と呼ばれるメガネアワードが先日開催されました。



フレーム部門は機能性・デザイン性の2部門、レンズ部門、パーツ・アクセサリー・周辺機器部門と4部門の部門ごとのノミネート製品の中からそれぞれ最優秀製品が選ばれました。

まずフレーム部門のグランプリ受賞製品は株式会社ハグ・オザワから発売されている
green glass「GR-010C」というクリップオンサングラスがに選ばれました。




デザイン性部門のグランプリ製品は有限会社オプティックマスナガから発売されている
FLEA「F-151」が選ばれました。





弊社でもお取り扱いをしております福井県鯖江のメガネです!
「FLEA」はデザイン性は勿論、軽さとカラフルさも兼ね備えている人気のブランドです。


レンズ部門のグランプリ製品は株式会社ニコン・エシロールが取り扱っている「トランジションズ」です。



紫外線や可視光に反応して色が付く調光レンズです。
弊社でもニコン・エシロール製品を多く取り扱っており、トランジションズの体験ツールもご用意しておりますので、その驚きの発色スピードを店頭で気軽にお試しいただけます!


パーツ・アクセサリー・周辺機器部門のグランプリ製品は株式会社ハセガワ・ビコーから発売された「580UNIV PRO」です。



これは、検眼枠と言いましてお客様の眼をチェックさせていただく際に様々なレンズを入れてテストさせていただくツールとなります。
検眼枠は絶対と言っていいほどメガネ屋さんには存在する我々業界の必須アイテムなのですが、この580UNIV PROは検眼枠の最高峰だと言えるほどに多機能なのです!
メガネのセンリブログ内でもご紹介しておりますので是非!
南千里・千里中央両店でも採用しております!


これからもお客様にとって質の良い製品が登場することを願っております。

《タカダ》

紳士用フレームご用意しております。

2019年06月15日

千里中央店

こんにちは。



千里中央店では、店の前を通る人々がお店の外(通路側)から店内に並べられたフレームをよくご覧いただいております。



どうしても外から目に付く場所には、見栄えのする華やかでオシャレなデザインや、今流行のクラシックなデザインのフレームをディスプレーしておりますもので…

年配の男性のお客様が店の外から店内のフレームをチェックされて「この店には自分が掛けるようなメガネのフレームは置いてないんだな」
…そんな感じで、何処か寂しい顔をしてそのままスッと立ち去られる場合もあったりします。




でもちょっと待ってください。


紳士用フレームありますっ!!


外から店内を見てもわかりにくいのですが…










正面玄関入って左側すぐのところに、こんなにも!!



dunhill VDH-175J 579 58 74,000yen+tax
TITANOS30 T3107 GP 55 32,300yen+tax


RODENSTOCK 0007 C 53 68,000yen+tax
MARIO VALENTINO MV-025 C3 52 26,100yen+tax



『ダンヒル』の大きめツーブリッジ
『マルマン』のサーモント
『ローデンストック 』のキリッとしたスクエア
『マリオバレンチノ』のナイロール

…などなど、紳士用と呼ばれるフォーマルな大人な印象のデザインから、若々しく掛けていただけるカジュアル寄りのデザインまで多数用意致しております。


『表情のひとつひとつにこれまでの人生が刻まれている』

年齢・経験を重ねた大人の男性にこそ、そのお顔をメガネで上品に飾っていただきたい。…いつもそう思っています。

メガネでその表情をより印象的に。
大人の余裕を感じさせる雰囲気に。

女性のようにメイク(お化粧)をするわけではない男性にとって
メガネはさりげなく自身を演出できる格好の小道具です。
無頓着に選んだメガネで周囲にマイナス寄りの印象を与えてるとしたら
それはすごくもったいないことだと思いませんか?


メガネでイメージはつくれます。


ただそうは言っても、自分に似合うメガネを選ぶのは難しいものです。

「洋服ならなんとなくわかるけど…
メガネって自分にどんなフレームが似合うかわからないし…
なんとなく気後れしてしまうんだよな…」


そんな時こそ私達スタッフの出番。
お客様のフレーム選びのお手伝いを喜んでさせていただきます。一緒に楽しみましょう。
お気軽にご相談くださいませ。



HAMAMOTO HT-124 3 56 27,000yen+tax
LANVIN VLC-012J 530 55 29,700yen+tax


今後は年配の男性のお客様にもわかりやすいように配慮した商品の配置、またイメージが膨らむような店頭でのディスプレーを心掛けていきます。


宜しくお願い致します。







《ウエノ》

ワークフィニッシャー

2019年06月14日

南千里店

先日、弊社社長と各店店長の3人でメガネの聖地・福井へ商品仕入れに

行かれた時に、店頭にて役立つグッズを買って来て下さいました。


「work finisher] (ワークフィニッシャー)といいます。





取扱説明書によると・・・


刃のないセラミック製、バリ・面取りように開発された商品!!

その他の用途では硬質プラスチックやアルミ、

アルミダイキャスト品、銅、真鍮などの非鉄金属の

バリ・面取りに適してると書いてある。




使用方法・・・

ワークフィニッシャーを、削りたいワークの部分に斜めに当て、

手前に擦るように引いて削り取るそうです。

この時ワークフィニッシャーを倒す角度(30〜70角度)と

加える力により、バリの取れる量が違ってくるとある。




そこへ、ちょうど適応できそうなお客様がご来店!!

ご使用中のフレームへ、レンズのみ、お入れ替えの発注あり。

レンズ別作中の間、フレームをお預かり出来るので実験開始。





こちらのフレームは、お買い上げより5年半が経過・・・

修復不可能なほど傷んでもいなくて、

先セル部分のツヤが無くなり、薄汚れている状態です。




ワォ、軽くセラミックの刃を当てるだけでスムースに削れていく。





今までは、カッターナイフの刃や300番〜400番の荒い紙やすりで

汚れを落とすところから始めていたんですが・・・





全然スムースに薄皮が剥がれていくような感覚です!!

カッターナイフの刃ですと、当てる角度を間違うと立ち込んだり、

深く傷ついたり・・・結局は後が面倒だったりするのですが、

滑らかに刃がセルの上層部を薄く削り取ります・・・



何だぁ〜〜この感触は・・・

今までに味わったことのない感触だぁ〜〜





セルを傷めることがなく、表皮だけ削るので

次にサウンド・ペーパーを当てる必要が少ない。

手間いらずで時間短縮で”楽ちん”です。





仕上がりも、写真では上手く伝わらないかもしれませんが

「良い艶」・・・してます。





クリングスパットを新しく交換するとご覧の通り・・・

新品同様(?)くらいの仕上がりです。

きっと、お客様にも喜んでいただけると確信致します。



その後、数人のお客様にも試してみましたが

いずれも簡単に上手く行きました。



セルロイド・アセテートフレームのみではなく

たまたまお預かりしておりました「べっ甲・フレーム」にも

挑戦しましたが、ご覧のような艶と輝きを取り戻すことが出来ました。

但し、こちらには1000番のペーパーで少し手伝いました。





これにはご依頼のお客様にも大好評!!

凄くお喜びいただき、お店のイメージ・アップにも繋がりました。





お預かりしなくても、少しだけ時間に余裕があれば

磨いて差し上げることが出来るようになりました。

綺麗になり、時間短縮もでき、双方にお得。



皆さま、”セル磨き” 私達にどんどんお任せ下さい!!!



          《タケナカ》












めがねフェス2019

2019年06月13日

メガネのセンリ

いつもメガネのセンリ・ブログをご覧いただきありがとうございます。

先週のブログで予告紹介しました、年に一度のめがねの祭典
 めがねフェス
めがねフェス に行ってきました。



ちょうどこの日が梅雨入り発表され生憎の天気でしたが
曇天の中、傘はささずにすみました。



本当に、めがね屋ではなく一般の参加者で盛り上がっています!
普段のめがね会館ではありえないくらい(笑)

めがね会館内の直売メガネ屋さんでは人と交差出来ないくらい
ごった返しています。



特設ステージではライブイベント。
こちらは福井県公認めがね大使、キューティーパイ。



一般人が楽しめるよう、めがねグッズやめがねがテーマの
スペシャル料理などが楽しめます!


大阪から車で3時間、来年もドライブがてら行きたいな〜


《なかお》


カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新記事