スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 第3の万能細胞〜眼疾患への明るい希望

第3の万能細胞〜眼疾患への明るい希望

2014年01月31日

南千里店

ツイートする

様々な細胞に成長できるiPS細胞を使った再生医療において、角膜損傷の患者さんを対象に角膜シートの作製と移植の実用化を目指して臨床研究が活発になっている現在、再生医療分野ではまたしても大変革と呼べる原理が発見されました。
STAP細胞(スティミュラス・トリガード・アキュジション・プルリポテンシー=刺激惹起性多能性獲得細胞)と名づけられたその万能細胞は、弱酸性の刺激を与えるだけの簡単な方法で、あらゆる細胞に分化できる万能細胞を早期に作製することが可能です。

体の細胞を万能細胞に作り替えるには、初期化という作業で受精卵の状態に細胞を逆戻りさせる必要があります。iPS細胞は遺伝子を使って初期化しますが、今回の方法は上記の方法のような至極簡単な原理が特徴です。
 

再生医療への応用研究が進むiPS細胞は遺伝子操作に伴うがん化のリスクがあり、初期化の成功率も0・2%未満と低いようで、これに対しSTAP細胞は、外的な刺激を与えるだけなのでがん化のリスクが低く、初期化成功率も7〜9%と飛躍的に上昇。成功率が高いのは生後1週間以内のマウスの細胞を使った場合に限定されることなどが課題だそうですが、これから世界各地でメカニズムを解明する動きが見られると思いますので、ヒト細胞での成功が認められた場合、再生医療への応用は比較的早い段階になるのではないでしょうか。より早く眼病や眼疾患への対応が可能となることは実に喜ばしいことです。


今回の発見に際しての研究チームのリーダーである、日本人の小保方晴子さんの近い将来のノーベル賞受賞は間違いないでしょうね。それも近年稀に見る突出した成果ですから、5年以内での受賞なら化学賞最年少で日本人女性初の受賞者になるかもしれません。
博士号をとってわずか3年でこのSTAP細胞を作ったとのことですが、今回の発見に際して色々苦労があったとも言われていますので、是非とも報われて欲しいです。

《タカダ》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新記事