スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > イノベーションツール 〜Peek vision

イノベーションツール 〜Peek vision

2013年08月30日

南千里店

ツイートする

開発途上国において、失明原因の一つが白内障といわれております。
日本では「目の白髪」と言われるほど認知度は高く、且治療も難しくない病気のうちの一つです。保険も対応しており、今後白内障手術をされる方はますます増えていくことでしょう。
しかし、先に述べた途上国ではそれすら重大な眼疾患として生活を脅かしている昨今、途上国での医師不足もあってなかなか治療を受けられない方が多いのもまた事実です。生命を脅かす病はもちろん、視力障害や失明につながる疾病にかかる率も高く、盲目の人々の90%が低所得国に住んでいるといわれております。

早期のうちに目の検査をすれば失明を免れる場合でも、地域に検査機器がなかったり、貧しいため検査を受けられないパターンが多い。

最近、眼疾患を診断し、管理し、世界のどこでも、患者の治療をモニターするための手段を提供するために、一般的な医療従事者や目のケアの専門家により多くの情報を遠隔地から得られるように、ロンドン大学公衆衛生学・熱帯医学大学院の研究チームはAndroidスマホを使った目の検査システム『ピーク・ビジョン』を開発しました。

- Peek vision -


『ピーク・ビジョン』は専用アプリと付属ハードウェアで構成されており、スマホのカメラを使って目を映すことで視力や視野、色覚、コントラスト、白内障検査、網膜検査など目の検査を行なうことが可能だ。

このスマホでスキャンした結果はロンドンのムーアフィールズ眼科病院に送られ診断され、検査結果を目の疾病の専門家と共有できるだけでなく、この検査を受けた人の所在地はGoogleマップに記録されるので、検査結果に問題があった場合、すぐに患者の元に行けるそうで、日常的デジタル機器と医療とのイノベーションのよって、現実のものとして活用されていくのはとても喜ばしいことです。
やがて、リバースイノベーションとして私達の日常でもユビキタスツールとして活用出来れば、眼病による失明や弱視力化が事前に予防出来るようになるでしょう。

近い将来に期待して・・・

《タカダ》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事