スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 本のお話

本のお話

2019年08月19日

南千里店

ツイートする


だから荒野
桐野夏生

朋美は、46歳の誕生日に家族で食事を計画して店を選び予約

よそ行きの格好をしてメイクもバッチリ決めた。

夫と二人の息子、タクシーで行きたかったが、男性陣に

メイクも服装もけなされ、おまけにママタクまで押し付けられ

レストランではアルコールダメ、料理にはケチをつけられ

とうとう切れて店を飛び出す。

何もかも嫌になって、身勝手な家族を残しそのまま旅に出る。

元彼の住む長崎へ行って見たくなり、朋美の旅が始まる。

広島で若い女性に車を盗まれ、途方に暮れていた時

長崎に住む92歳の老人に助けられ、老人宅で暮らす事になります。

老人の生き様をみて暮らすうちに、

自分の事を考え、家族のことも考えられるようになってゆく

8月なので、この老人の話しが特に印象に残る作品でした。

《 フジイ 》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新記事