スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > ブライアン・ウィリアムズ絵画展

ブライアン・ウィリアムズ絵画展

2019年05月24日

南千里店

ツイートする


皆さまは「ブライアン・ウィリアムズ」とおっしゃる

画家をご存知でしょうか??

私は全く存じ上げないでいたところ、

10日ほど前に突然妻から「知ってる??」と尋ねられた。





妻は数年前からこの画家を注目していたらしく、

機会があれば作品を自分の目で見てみたいと熱望していたみたい。



ある日のテレビ情報で、東大阪市で”展覧会”があることを知り

私に聞いてきた次第のようです!!



早速、本物をこの目で確かめに出掛けました!!





展示会場「東大阪市民美術センター」は、

ラグビーで有名な「花園ラグビースタジアム」の真ん前に在ります。

日程は5月15日(水)〜6月16日(日)まで


 


嬉しいハプニングが有りました!!

ネットの案内では入場料・大人500円と表示されていたのに

な・な・なんと65歳以上は無料と入り口で教えていただく・・・

ラッキィー・・・東大阪市さん、太っ腹ぁ〜〜〜 (大笑)

しかし、年寄り扱いで嬉しいような寂しいような・・複雑です(苦笑)




ブライアンさんのホームページを拝見いたしますと・・・


「光・空気・静寂」を表現する風景画家

琵琶湖湖西の里山に住み、風景画の立場から荒らされていく

自然を憂い自然保護再生を訴える・・・と、あります。


ペルー生まれのアメリカ人で、世界一周旅行で日本を訪れ、

日本が気に入り、世界一周を止めて日本に住まいを構え、

1984年に大津市伊香立の農家を改築して移住。

日本各地の自然豊かな風景を描いているようです。

日本在住46年で、現在68歳だそうです。


 


ブライアンさんはその作品を「ひらがな日本」と表現!!

都会の風景は直線で形成されていて固い感じ。

都会は「カタカナ日本」と語っておられます。



川のせせらぎや棚田の輪郭などを例に挙げて”美しい曲線が

存在している風景が「ひらがな日本」、曲線にこそ美があると

説明されていらっしゃるそうです!!



この表現、里山大好きな私には、すごくよく理解できます!!

正に”言い得て妙”だと思います。



歪みのあるキャンバスに風景を描くことで迫力ある絵になります。

これを『曲面絵画』とブライアンさん自身が名付けたそうです。





展示されている絵画も大半が四角い布のキャンバスではなく、

曲がったり反ったりした木材に油彩や水彩で描かれています。





これが素敵な雰囲気を醸し出しております!!

曲線と凸凹の面が、得も言われぬ世界を作り出しております。



入り口に見学者のために特別に大きな作品を好意で展示、

せめてこの場所で来場の記念写真をとの事だそうです。

その大きさと迫力に圧倒されます!!






この写真以外は、展示会場内・撮影禁止なので今日の写真は

頂戴したパンフレット類を編集したものです。



館内にはこんな小さな作品も・・・(180x750oの大きさ)

こちらのサイズなのに奥行きがすごく感じられ、

まるでその場所に立っているような空間の広がりです!!




さすがプロ・・・素人の私でも五感に響いてきます。





遠方まで出掛けた甲斐がありました。

芸術品はテレビや本ではなく

素人の拙い目ではありますが、実物を自分の目でしっかりと・・・



それでこそ”感動の極み”です。



          《タケナカ》



コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新記事