スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 本のお話

本のお話

2019年04月08日

南千里店

ツイートする


春雷
葉室麟

豊後・羽根藩を舞台に

羽根藩筆頭家老の推挙を受けて、士官を果たし

あっと言う間に、藩主兼清の寵臣にまで登りつめた男、

多聞隼人の生き様を描いたお話です。

厳しい年貢取り立てや処罰の様から、人々に鬼隼人と恐れられる男の過去

悲しい過去を持つ男の決意。

『 鬼の最後を見届けよ 』と大きく両手を広げ胸に弾を受け

隼人は笑って、『 大願成就 』とつぶやく。

何度も読み返したくなる最後でした。

《 フジイ 》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最新記事