スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 横浜&鎌倉〜春の家族旅行2日目。

横浜&鎌倉〜春の家族旅行2日目。

2019年04月06日

千里中央店

ツイートする

こんちには。



先週に引き続き、横浜&鎌倉春の家族旅行の2日目です。宜しくお願いします。





朝は7時に起床。室温も快適でグッスリ眠れました。そして朝食会場へ。

旅行でのベタなあるある…旅行での朝食はついつい食べすぎる…何ででしょうね(笑)

それから、旅行での一番の贅沢は何と言ってもゆっくりと浸かる朝の露天風呂ではないでしょうか。

最高ですっ!!

お世話になったホテルに別れを告げ、今日の目的地である鎌倉を目指します。




JRから江ノ電に乗り換え、鎌倉駅から今日最初に向かうは長谷駅です。ここ長谷には長谷寺と鎌倉の大仏と2つの観光スポットがあります。



乗降客も非常に多いです。



てくてく歩いてまず最初に向かうは長谷寺。






奈良の長谷寺を開創した徳道上人の発願により天平8年(西暦736)に開かれました。四季折々の花を鑑賞でき「花の寺」と呼ばれています。梅、桜、ハナショウブ、サルスベリ、紅葉など…特に初夏のアジサイは有名。





















訪れた3月25日は桜にはまだ少し早かったものの、天気も良く散策していてとても気持ちが良かったです。


長谷寺を後にしてカフェで購入したコーヒーを片手に、歩いて国宝「鎌倉大仏」が鎮座する高徳院に向かいます。



高徳院に向かう道の両側の歩道の横には様々なお店もありなんだか楽しくなります。



拝観料200円を払って、一対の仁王像が立つ「大異山」を記した山門を抜けて、いよいよ銅造阿弥陀如来坐像(鎌倉大仏)とご対面です。




いざっ!!





何だろう、この感覚。

初めてお会いしたんですけど、ずっと前から知ってるような…なんだか懐かしいような…

とっても大きくて、お顔もすごく優しくて、それでいて凛々しくて…



とにかく安心感がハンパない。



ここで鎌倉大仏のデータを少し。

高さが11.312m、重量121t、昭和33年(1958年)に国宝に。鎌倉時代の代表的な仏教芸術で、建立が開始されたのは建長4年(1252年)とされる。もともとは大仏殿のなかに鎮座していたが、天災により室町時代には現在のような露座になったのだとか。

あとパンチパーマのような髪型(笑)…小さな渦状の髪の毛「螺髪(らほつ)」。直径約24cmで656個あるそうです。

最後に、組まれている手の形。
阿弥陀如来坐像の手の組み方は9つあって、なかでも最も格式が高い手の組み方なんだって。さすがやなー。


そして背中には扉が2つあります。



これは観光客が大仏の中に入る「胎内めぐり」の採光として。
この「胎内めぐり」、20円でできるというので、せっかくなので列に並びます。


胎内の画像です。

入ってみての感想はというと、大仏さんには怒られるかもしれませんが、これは20円も頷ける内容でした(笑)。

ありがとう!また会いに来ます!


このアングルの大仏さん素敵やわー。





大仏さんに別れを告げてい鎌倉駅に戻り、小町通りを通り、鶴岡八幡宮まで向かいます。飲食店にお土産屋さん…この通りも凄い人です。



ここ鶴岡八幡宮は鎌倉を代表する古社。
治承4年(1180年)、源頼朝公が由比ガ浜周辺にあった由比若宮を現在地に遷して一族の守護神としたのが始まりだそうです。朱塗りの本宮は国の重要文化財でもあります。









この日は宮内にある舞殿で挙式が行われていました。
去年の広島旅行の際も厳島神社でも遭遇しましたが、今年も目にすることができました。多くの観光客からカメラを向けられ恥ずかしそうにされていましたが、お二人が仲睦まじく見ていて微笑ましい。またとても綺麗な方で僕も思わず目を奪われました。ここでも嫁さんに叱られる(笑)。お幸せに。






小町通りに戻り昼ごはんです。

鎌倉といえば海も近く生シラスが有名。
僕はあまり磯の香りが強いのが苦手なので、釜あげシラス丼を。嫁さんは3色丼、息子は生シラス丼をオーダー。



生シラスを一口もらいましたが、やはり磯の香りが強い!!(笑)息子は美味い美味いとかきこんでました。

お昼を終えてお土産探し。


鶴岡八幡宮前にある「クルミッ子」を販売されてる紅谷さんの本店。ひっきりなしにお客さんが。




そしてふたたび小町通りで食べ歩き。


和茶房鎌倉さくらの夢見屋の「きな粉、こしあん苺、いそべ」。

通りを歩いていると…

加藤さん、事件ですっ!!(笑)



朝の情報番組のリポーターでお馴染み『スッキリ』の阿部リポーターの姿が。スラっとしておられます。




お土産もゲットし、名残惜しいですが、19時のフライトに間に合うように鎌倉を後にします。

羽田空港国際線ターミナル駅に到着し、保安検査を通り、搭乗を待ちます。



ANA39便は少し遅れて羽田を飛び立ち8時過ぎに伊丹に到着。ダイアモンドカレーで遅めの晩めし。お疲れさんの一杯…







桜にはまだ早かったけど、天気も良かったし、どこも素晴らしかったし、移動も楽チンだったし、良い旅行だったのではないかと思ってます。

月日が流れ、家族それぞれが日常の中で、ふと旅行の写真を見返した時、懐かしく微笑ましく情景を思い出すのでしょう。家族みんなにとっていい思い出となりますように。





《ウエノ》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新記事