スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 本のお話

本のお話

2018年10月14日

南千里店

ツイートする


誤断
堂場瞬一

製薬会社、存続の為の隠蔽工作に駆り出された広報部員槙田

副社長から極秘任務を命じられる。

相次いで発生した転落死亡事故に自社製品が関わってる可能性が

三件のうち、一家族より会社へ薬が関係してるのではと疑問をもたれる。

急遽、お金で抑えるよう命じられる。

これっておかしいのでは、悶々としてる時会社が過去にも

公害問題で、隠蔽工作をした事を知り、悪事に加担してる罪におしつぶされそうに

その前に槙田は、会社に反旗を翻す。

入社して最初に社訓を覚えさせられました。

『 第1条、長原製薬は国民の健康と長寿の為に存在する。』

これを考えた人は、本気でこれを考えたに違いありません。

その社長が自分で自分を裏切った。

四十年前の過ちを公表し今も苦しむ人達を助けましょう。

槙田の苦悩と奮戦が描かれいます。

《 フジイ 》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新記事