スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 本のお話

本のお話

2018年09月24日

南千里店

ツイートする


虚ろな十字架
東野圭吾

中原夫婦に突然の悲劇。

小学二年生の最愛の娘が殺害される、犯人に死刑を望むが

一審では、無期となり即控訴する。

彼女は、死刑判決が出なければ死ぬとまで言い切る。

夫も一緒に死のうと覚悟して控訴審判決をまつ。

二人の決死の覚悟は報われ、死刑判決がでる。

その後、お互いに顔を合わせる事が辛くなりやがて離婚する。

夫婦共、当時のことが頭から離れません、しかし彼女は

被殺害者遺族の会に入会して、後ろを振り返っても仕方ないから

前を向いて歩いていくと家族に言っていた。

その彼女が殺害される。

その動機が二十年前にあった。

最後に刑事が、『 人間なんぞに完璧な審判は不可能、と言うことかも知れません。』

《 フジイ 》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新記事