スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 本のお話

本のお話

2018年09月16日

南千里店

ツイートする


Aではない君と
薬丸岳

14歳の少年が殺人犯に。

彼は犯行直前に父親に電話をしていた

逮捕され審判が下されるまで何も語ろうとしませんでした。

父親はなんとか真相を究明しようと必死に、息子に問いかけるも完全黙秘。

ただ殺人を犯した事はうなずきました。

審判長より、『 君には、初等少年院に入ってもらいます。』

調査官から、 『 君は二度と彼に謝ることができません。死ぬまで

彼からの許しを受けることはできない。君がしたことはそういうことです。

生涯謝ることが出来ず、許しを受けることが出来ない人生はとても苦しいです。

その代わりに何ができるのか、何をすべきなのかこれから考えつずけてください。』

子を持つ親、子供にも読んでほしい本です。

《 フジイ 》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新記事