スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 谷瀬の吊り橋

谷瀬の吊り橋

2018年09月14日

南千里店

ツイートする


地震だ、台風だと心がザワザワしている間に、

朝夕、だいぶ涼しくなりましたね!!

帰宅途中の草むらのコオロギが秋の音色を奏でます。

初秋の始まりです・・・





先日の休日、前から気になっていた場所へ

やっと行くことが叶いました。

関西の秘境・十津川にある『谷瀬(たにぜ)の吊り橋』です。





いろんな旅雑誌に掲載されています。

秋には紅葉とともに絶景なんでしょうねぇ。

しかし訪れたのは、まだ暑い1日でした(笑)



我が家から、車で2時間30分程かかりました。

奈良県・五條市を過ぎると、ひたすら”山道”

高低差もあり、クネクネと曲がりくねった道ばかり・・・

猿谷ダムを越え、関西電力・長殿発電所を越え・・・

国道168号線をただただ南下して行きます。

やっぱり遠いなぁ〜〜〜





その分、前方に吊橋が見えた時には、

思わず”ウォ〜〜”と、感嘆の声が〜〜

やっと到着です・・・



吊橋の渡り口には、このような看板が出ています。

長さ297b、川からの高さ54b

現代のビルの高さで考えると、およそ13〜14階位かな?

生活用(村道)の吊橋としては”日本一”だそうです。





サァ〜、いよいよ渡ります・・・

最初はあまり揺れませんでしたが、途中から揺れる・揺れる・・

私は高いところも揺れるのも平気なんですが・・・

妻は苦手なようで、立ちすくみます。

二人で手を繋いでやっと真ん中あたりまで来ました。





木の板や網の隙間から54b下の清流が覗け、高さを感じ、

ギシギシ板の擦れる音や、風の音が怖さを増長させます。


ワァワァ、騒ぎながら渡る家族連れを横目に

平気でドンドン歩いていかれる方や、

犬を抱きかかえて渡られる方もおられます!!



すれ違う時は、お互いが譲り合いながら、

残り半分を・・・やっとの思いで向こう岸へ!!



渡り終えて初めて喉がカラカラになってるのに気付く(笑)

やっぱり緊張してたんですねぇ〜〜


大阪府交野市の「星のブランコ」や「祖谷のかずら橋」より

怖い思いが強かったぁ〜〜

久しぶりに味わった「スリル感」満点でした。






頑張ったご褒美に、

”ラムネ”と”柚子シャーベット”を頂きました。

昔懐かしい味だけど、それが喉に美味しかったぁ〜〜





帰りの吊橋は、少し慣れたのか揺れてもドキドキしなかった。

時間も短くて渡れました・・・





渡り戻った所にある食堂から、橋を渡る人々を観察しながら

名物の”目張り寿司”を頂き、お腹も満足!!



平凡な日々の日常生活・・・

たまにはこんな衝撃的な”非・日常”味わうべきです!!

ハラハラ・ドキドキ・・・終わればスッキリ・・・


良い刺激になりました。 (大笑)



          《タケナカ》







コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新記事