スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 本のお話

本のお話

2018年09月09日

南千里店

ツイートする


実録 田中角栄
大下英治

二歳の時、ジフテリアにかかって高熱を出し生死の境をさまよった。

この病気が元で吃音となり、近所の子供達のように外に出て飛び跳ねることもなく

あまり外出しないで家で遊ぶことが多かった。

たまに外へ出ると、近所の子供達にいじめられた。

そんな彼が小学校で生涯の恩師に出会いこの言葉を授かる。

『 人間の脳は、数多いモーターの集まりで普通の人はその中の十個か十五個の

モーターを回しておれば生きて行ける。しかしこの脳中のモーターは

努力しさえすれば、何百個も何千個も動かす事も可能だ、

脳中のモーターが三分の一動けば天才である、半分動いたらエジソンになる。

全部動くとお釈迦さんになる。それには勉強するすることであり暗記する事である。

我々人間の頭脳の中は、数限りない印画紙の倉庫となっている。

自分が強く感ずれば印画紙は強く感光するし、弱く感ずれば露出される映像もまた

模糊たるものとなる、自分の姓名さえも書くことが出来ない老婆も真剣に

経文を教われば忘れる事もない、しかし脳中の印画紙は無数あり

しかも一度露出された映像は死ぬ時まで消えることが無い。

難解なものと取り組んで、我々は苦悩する。

全てを暗記するには、数は極めて多過ぎる。しかしそんな時も脳中のモーターは回り

印画紙に対する感光は維持して休む事がない 。』

田中角栄は、道路三法をはじめ33本もの記録的な議員立法をつくり

現在各党にいるリーダーのルーツは全て田中軍団である。

田中角栄が能力だけでなく人間性に温かみが無かったら、人は集まって来ない。

田中角栄が、下の議員から畏敬の念を込めて 『 オヤジさん 』と呼ばれる

最後の政治家ではないかと思う。

《 フジイ 》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新記事