スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 本のお話

本のお話

2018年05月27日

南千里店

ツイートする


腐蝕の構造
森村誠一

今回この本の題名のお話しではなくて

作家生活五十周年記念短編 【 ラストウィンドゥ 】

野崎正人が待ちに待った定年を迎えて、

平均寿命八十年を超えて、定年後に与えられた二十年以上の自由を、

自分だけのために使いたいと思った。

野崎は自由の第一歩として、身辺から始めた。

近隣から歩き始めると、意外に魅力的な街や風物が近くにあったことを知る

三十余年、日常の通勤路から毎日のように見慣れている車窓の風景であるが、

その風景の中に入って行ったことはない。

通勤途上の風景で野崎が最も気にかけていたのは、彼の最寄の駅からターミナル

までのほとんど中央部位にあるアパートに住んでいた若い女性を車窓から

『 がんばれ 』と、何の戦力にもならない応援をしていた。

数回、一方的な出会いを重ねた。

しかし、近づいてくるリタイア日に備えての残務整理にひっぱられ、


終電で帰宅途上、アパートは一点の燈火もなく、闇の底に沈んでいた。

それだけでなく昼間でも彼女の部屋の窓は閉ざされていた。

野崎は大いに気になったが、訪ねて行くわけにもいかず、気にかけながら定年日を迎えた。

定年後に、気にかけていた彼女のアパートへ足を向けた、アパートは健在であった。

彼女の部屋の壁のくぼみにメッセージが残されていました。

《 フジイ 》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新記事