スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 本のお話

本のお話

2018年04月15日

南千里店

ツイートする


顔に降りかかる雨
桐野夏生

江戸川乱歩賞受賞作

いやな夢を見ていた。

その夢を断ち切った電話音、ヒロインの村野ミロの未来へ悪夢の世界へと

ミロの父親はヤクザにもその名を知られた探偵で、引退して北海道で一人暮らし

その探偵事務所にそのまま暮らしていたミロ

親友の耀子が、曰く付きの大金を持って失踪した。

被害者は耀子の恋人で、暴力団ともつながる男、成瀬

耀子との共謀を疑われ、成瀬と行方を追うことになる。

父親の影響か、追いかけるうちに探偵になって行き

ちょっとした違和感を追求する

そして、真犯人にたどり着く

面白い作品でした

《 フジイ 》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新記事