スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 本のお話

本のお話

2018年03月04日

南千里店

ツイートする

ちゃんぽん食べたかっ! さだまさし



さだまさしの自伝的小説です。

少年時代から、【 グレープ 】としてデビューする寸前までの日々が描かれています。

3歳からバイオリンを習い音楽の勉強の為東京の中学校へ長崎から単身上京

一人暮らしで様々な人に出会い成長して行く。

バイオリンからギターへ又落語といろんな経験が、今の『 さだまさし 』を
創造してきたんだと思いました。

話の中で、高校三年の時三島由紀夫が割腹自殺の話が出ていました、
ちょうど私も高校一年で強烈な記憶として思い出していました。

同じ時代を生きたものとして、とても身じかに感じられる作品でした。

《フジイ》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事