スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 目のすべて展

目のすべて展

2017年10月09日

南千里店

ツイートする

8日(日)に、大阪梅田にあるブリーゼプラザにて開催中の『目のすべて展』へ行ってまいりました。



目に関する健康相談や、アイバンク登録受付、盲導犬育成基金であるライトハウス、そして関西の高名な眼科専門の先生の特別講演が無料!で聴けたりとなかなか濃い内容になっております。

私は8日の講演すべてを聴かせていただいたのですが、一般の来場者の方も凄くわかりやすく丁寧に講義していただいて皆熱心に先生の言葉に耳を傾けておられました。


特に、白内障、緑内障に関心の高いであろうご年齢の方が多く来られていて、講演後の質疑応答の時間になると、多くの方が手を挙げられて、先生にご自身の抱えている問題やアドバイスを聞いておられました。
中にはヒートアップして違う方向の?話をされる方もおられましたが^^
でも、それだけ感心の高い白内障と緑内障という眼病は、今や早期治療と日々のアイケアで日常生活は不自由なく過ごせるようになります。

特に、緑内障については様々な降眼圧点眼薬があり、患者様それぞれに違った点眼薬が処方されていると思います。
点眼において言えることは、用量、用法を守って使用しないといけないということです。

一度に沢山させば効くというものではなく、複数点眼薬を処方された場合、一つの点眼薬は一滴さすだけ、そして、別の点眼薬をさすときは5分空けてさすと、前にさした点眼薬の効果が薄れることがなくなります。
とは言っても、朝の貴重な時間に数種類の点眼薬を5分おきにさすのは、なかなか現実問題として厳しいと思われる方もおられるかもしれません。
そんな時は最低3分の時間的間隔を空けてさす、時間がないからといってついさすのを忘れたり飛ばしたりは絶対いけません。
緑内障の点眼薬は必ず処方通りにさしてくださいね。
と、先生よりご指導いただきました。
会場の方たちも頷いて納得されておられました。

眼科へ行ってもなかなか上手く聞けないことや知りたい事が聴けてよかったです。

さて、帰りは梅田の時空の広場でフラワーアートを開催しておりましたのでちょっと寄ってみました。



休日とあって沢山の人が写真を撮ったり休憩していたりと賑わっていました。


目のすべて展は本日も開催しております!
ご興味のある方は是非!

《タカダ》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新記事