スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 「暑さ寒さも彼岸まで」

「暑さ寒さも彼岸まで」

2017年09月15日

南千里店

ツイートする





9月に入ると、日中は残暑厳しいですが

朝晩は”秋の気配”が感じられますねぇ〜〜〜

あれだけ厳しかった今年の夏も、いつの間にか和らいで・・・


季節は不思議ですね。誰が決めるでもないのに

年間を通して、ちゃんとやって来て、移り変わりますね。








さて、皆様良くご存知の言葉に・・・

「暑さ寒さも彼岸まで」というのがあります。〜〜

・・・と言っても、今時の若い方たちは知らないかなぁ??

こんな言葉知ってるのは、50歳以上??・・かな??



来週はちょうど「お彼岸」になります。

23日(土曜日)は秋分の日、お彼岸の中日となります。

(ちなみに、今年の春分の日は3月20日でした)



太陽が真東から昇って真西に沈み、

昼と夜の長さがほぼ同じになります。


秋は秋分の日を境に日が短くなっていき、秋の夜長に向かいます。

太陽の出番がどんどん短くなるので、暑さも和らいでいきます。

春はこの逆ですよね。


だけど、昼と夜の長さが同じだからといって、

春分と秋分の気候が同じになる訳ではなく、

暑さの名残で秋分のほうが10度以上も気温は高いのです。






厳しい暑さや寒さも目処がつく頃なので

「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるようになったみたいですよ!!





ところで、秋といえば 《秋の七草》・・・

皆様は7種類の名前、全て言うことが出来ますか???


ハギ・オバナ・クズ・ナデシコ・オミナエシ・フジバカマ・キキョウ


ちなみに《春の七草》は、

セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ








秋の七草は目で楽しむ、鑑賞する植物であるのに対して、

春の七草は1月7日の朝に7種類の野菜を入れた”七草粥”を

食べて、1年の邪気を払い無病息災と五穀豊穣を祈るものらしい。











私は、春の七草はスラスラと言えるのに秋の七草は覚えられない!!


ネットを見てると秋の七草の簡単な覚え方が書いてありました。



     「お好きな服は?」と覚えて下さい。

  お・・・女郎花(おみなえし)

  す・・・薄(すすき)

  き・・・桔梗(ききょう)

  な・・・撫子(なでしこ)

  ふ・・・藤袴(ふじばかま)

  く・・・葛(くず)

  は・・・萩(はぎ)


よっしゃー、これで覚えたぞぉ〜〜(苦笑)

覚えたからって何が変わるわけでも無いけれど・・(大笑)・(大笑)



          《タケナカ》










コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新記事