スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 大三島ヘお見舞いに

大三島ヘお見舞いに

2017年06月18日

南千里店

ツイートする

母のお見舞いに、大三島の宮浦にある病院に
昨年は5月でしたが、今年は旅館の空きがなかったので6月2日3日、金曜日と土曜日で
行ってきました。

今回も、【 琴梅 】さんにお世話になりました。

新大阪から福山まで新幹線で1時間、福山からバスで大三島まで1時間
今回もバス停まで琴梅さんに迎えに来ていただいて、荷物だけ預け
病院ヘお見舞いの予定でしたが、今年は先にお土産を買ってと思い、(昨年は翌日品薄)
で、思うものが買えなかったので、結果翌日は店が閉まってましたのでよかったです。

お土産を買って、4時くらいまで預かってとお願いし一服してる間、生ジュースが目に入り
夏みかんの生搾りをお願いしてる所に、ご主人が明らかに外人で奥さんが
日本の方が入ってこられ、『 私達にも同じものをください 』

今から、この夏みかんを搾りますので少し時間がかかります。
椅子に座って待ってると、隣から突然、般若心経が聞こえてきて
びっくりしました。外人のご主人がながしたのでした。
『 この人変わってるでしょ 』と、奥さん
ハンガリー出身で日本は長いが会話はすべて外国語ですが
この 般若心経だけはよく聞かれるようです。

この後病院にお見舞いに行きました、昨年と同じ笑顔で迎えてもらい
近況報告、孫の話し又自分より若い誰々が亡くなった事など話して
とても元気そうで変わりなく安心しました。

3時半頃病院を出て、お土産を取りに行って旅館ヘチェックイン
いつもの温泉ヘ4時半から1時間ゆっくり海を眺めくつろぎました。

夕食は6時で、今回宿泊客は私達1組だけ、あと宴会が入ってるだけとの事で
1時間半かけゆっくりといただきました。

アコウの刺身、40センチ位ある鯛の塩焼き(いつも醤油をかけて食べるのですが)
今回はレモンをかけるだけで臭みがなく( 今日一本釣りで揚がったものでした )
とても美味しかったです。

翌日は9時にチェックアウト、荷物を預け大漁ヘ昼食の順番を備え付けのノートに記入
五番目でした、行列が出来る人気店です。

次に、大山祇神社に参拝し買い物へぶらぶらと行き、朝採れの野菜、果物、味噌
重いものをまとめてゆうパックで送る手配をして、母に頼まれたリポビタンDを
買って病院に行きました。

病室の母は気持ち良さげに寝てたので、そのままにして10分位でした。
大変今回もお見舞いを喜んでくれて、『 再々来て欲しい 』と、

『 また、きます お元気で 』病室を後にし大漁ヘゆき、店頭の行列をかき分けて
第一陣で店内へ入ることが出来て、しまなみ丼を味噌汁といしょに注文し
小皿は、ハマチの煮物とゲソの天ぷらを選び、美味しくいただきました。

現在92歳、昔流行った歌詞を見て、又絵本を読んで、漢字ドリルをして
去年より若々しく感じられました。

いつまでも元気で長生きして欲しいもんです。

《フジイ》

コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新記事