スタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 三ツ矢サイダー

三ツ矢サイダー

2017年03月31日

南千里店

ツイートする




『3月28日は三ツ矢の日』って知ってました?

(ミ・ツ・ヤ)だからですって  (笑)・(笑)



三ツ矢といえばサイダー・・・ですよねぇ〜〜〜

暑い夏、汗をかいた後のサイダーはたまりませんでした。





古い話で恐縮ですが、私が子供の頃は現代みたいに

炭酸飲料が多くなくて、「サイダー」か「ラムネ」が定番!!

後は懐かしく「ワタナベのジュースのもと」・・これは粉末ジュース。

今では60歳以上の方以外は、誰も知らない???飲み物です???

そうそう・・・「カルピス」は贅沢な飲み物でした!!!



余談が過ぎましたが、なんで今頃こんな話かというと、

店舗の前の「阪急オアシス」さんにこんなポスターが貼られました。





そう言えば、国道173号線の川西市平野に三ツ矢のマークを

見たことあるよなぁ〜〜と、思い出したから。







川西市のホームページを検索・・・そちらの情報によると、


明治14年、名鉱泉として紹介され、これを飲料用に瓶詰めして

「平野水」という商品名で発売されたそうです。

これが日本で初めての ”サイダー” であるとされ、

大正の中頃に、平野駅北部一帯には、東洋一の規模といわれた

清涼飲料水工場があり、後に加工されて「三ツ矢サイダー」になったようです。





現在は、工場跡地に散在する、炭酸ガス捕集塔、三ツ矢サイダーの碑などの

整備をして、旧御料品製造所を出来る限り往年の雰囲気を残しつつ

改修を行い、平成13年3月より三ツ矢記念館として開館していましたが、

現在は見学をすることは出来なくなっているそうです。

                  以上、ホームページ情報から。






という詳しい資料を拝読したからには、この眼で見なければと思い、

昨日の休みに、ドライブ方々探索に行ってみました。

私の記憶どおりに、能勢電「平野駅」を400メートル過ぎたあたり、

数年前にできた「コーナン」のすぐ近くにありました。




遠くからでも三ツ矢塔を望むことが出来ます。

三ツ矢塔の説明をすると長くなるので、説明看板を撮ったので

この写真をピンチアウトして読んで下さいね!!!(申し訳ない)







「三ツ矢サイダーの碑」もあり、”3本の矢”のマークも石碑としてありましたよ。









「御料品製造所」・・1912年に皇室及び宮家へ納入する御料品を

製造するために、明治45年(1912年)に特に建設された

大正天皇御料品製造所の建物を整備して残されたものだそうです。





驚いたことに源泉の下の川から、ブクブクと天然炭酸ガスが湧いているのが、

肉眼でも確認できました。今も延々と歴史は続いているのですねぇ〜〜

写真を撮ってはみましたが、炭酸の噴出が見ることが出来ますか???




川岸の、こちらは「炭酸分離塔」、工場へ送るための「平野鉱泉」の源泉。

今は立ち入りができないので対岸から撮影してみました。






この辺りは昔は「平野温泉郷」として

江戸時代には平野地区に湧き出た温泉で賑わったそうです。

塩川の流れに沿って100メートルに渡り20を超える温泉宿が

立ち並び、妙見山への参拝者や湯治客で賑わったそうですが

江戸時代末期の大火災の後に衰退してしまったようです。

すぐ近くに「協立温泉病院」という名前の病院が・・・温泉と関係あり???



以上、早春の暖かいひと時を、三ツ矢サイダーの想い出とともに

楽しく遊ばさせていただきました。

ちょっとは歴史の勉強にもなったし・・・良かった・良かった・・・


          《タケナカ》


コメント一覧

タイトル
名前
コメント
画像認証(認証文字を入力してください)
CAPTCHA Image  [別の画像に替える]

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新記事